4234 Movies

ネバーランド Finding Neverland (2004)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
 ★★★★

劇作家ジェームス・マシュー・バリーが、1904年に発表した舞台劇の「ピーター・パン」創作秘話を物語にした作品。
新作に失敗した主人公の劇作家が、ある未亡人一家と出会い、その家族との交流で、自分の子供時代を思い起こしながら、夢の世界”ネバーランド”を舞台にした”ピーター・パン”の物語を完成させるまでを描く、監督マーク・フォースター、主演ジョニー・デップケイト・ウィンスレットジュリー・クリスティラダ・ミッチェルダスティン・ホフマンフレディ・ハイモア他共演による心温まる感動のヒューマン・ドラマ。


ドラマ(ヒューマン)

ジョニー・デップ / Johnny Depp 作品一覧


スタッフ キャスト ■
監督:マーク・フォースター

製作総指揮
ゲイリー・ビンコウ
ニール・イズラエル
ボブ・ワインスタイン
ハーヴェイ・ワインスタイン
マイケル・サイ
製作
ネリー・ベルフラワー
リチャード・N・グラッドスタイン
原案:アラン・ニー”The Man Who Was Peter Pan”
脚本:デヴィッド・マギー
撮影:ロベルト・シェイファー
編集:マット・チェス
美術・装置
ジェマ・ジャクソン
トリシャ・エドワーズ
衣装デザイン:アレクサンドラ・バーン
音楽:ヤン・A・P・カチュマレク

出演
ジェームス・マシュー・バリージョニー・デップ
シルヴィア・ルウェイン・デイヴィスケイト・ウィンスレット
エマ・デュ・モーリエ:ジュリー・クリスティ
メアリー・アンセル・バリー:ラダ・ミッチェル
チャールズ・フローマンダスティン・ホフマン
ピーター・ルウェイン・デイヴィスフレディ・ハイモア
アーサー・コナン・ドイルイアン・ハート
ピーター・パン:ケリー・マクドナルド
ミスター・ジャスパー:マッケンジー・クルック
ジョージ・ルウェイン・デイヴィスニック・ラウド
ジャック・ルウェイン・デイヴィスジョー・プロスペロ
マイケル・ルウェイン・デイヴィス:ルーク・スピル

アメリカ/イギリス 映画
配給 ミラマックス
2004年製作 100分
公開
イギリス:2004年10月29日
北米:2004年11月12日
日本:2005年1月15日
製作費 $25,000,000
北米興行収入 $51,676,610
世界 $116,766,560


アカデミー賞 ■
第77回アカデミー賞

・受賞
作曲賞
・ノミネート
作品
主演男優(ジョニー・デップ)
脚色・編集・美術・衣装デザイン賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
1903年のロンドン
劇作家ジェームス・マシュー・バリー(ジョニー・デップ)は、新作「リトル・メアリー」が公演され、観客の反応を舞台裏で気にしていた。

舞台は大失敗に終わり、ジェームスやプロデューサーのチャールズ・フローマン(ダスティン・ホフマン)は、落胆するものの、次回で挽回することを誓う。

翌日、ジェームスは、気晴らしに散歩に出ようと思い、妻メアリー(ラダ・ミッチェル)を誘うが断られ、一人で公園に向かう。

そこでジェームスは、4人の男の子の母親で、未亡人のシルヴィア・ルウェイン・デイヴィス(ケイト・ウィンスレット)に出会う。

シルヴィア一家と打ち解けたジェームスは、彼女らの前で寸劇を披露するが、喜ぶ一家の中で、三男ピーター(フレディ・ハイモア)だけが、冷めた目でジェームスを見ていた。

帰宅したジェームスが、公園での出来事をメアリーに話すと、彼女は、演劇界の顔役エマ・デュ・モーリエ(ジュリー・クリスティ)の娘だという、シルヴィアと家族を食事に招待する提案をする。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
1903年のロンドン
劇作家ジェームス・マシュー・バリーは、新作「リトル・メアリー」の舞台が大失敗に終わり、プロデューサーのフローマンと共に落胆する。
挽回を誓ったジェームスは、気晴らしに散歩でかけ、公園で4人の男の子の母親で、未亡人シルヴィア・ルウェイン・デイヴィスに出会う。
シルヴィア一家と親交を持ったジェームスだったが、三男ピーターだけが、冷めた目で彼を見ていた。
ピーターを気にかけるジェームスは、一家と親しくなる間に、ある物語のイメージが沸いてくる。
しかし、世間では、ジェームスシルヴィアの関係や、彼の子供達に接する態度などが噂になってしまう・・・。
__________

第77回アカデミー賞では、作品賞をはじめ7部門にノミネートされ、ヤン・A・P・カチュマレクの、清らかで美しい音楽が、作曲賞を受賞した。
・ノミネート
作品
主演男優(ジョニー・デップ)
脚色・編集・美術・衣装デザイン賞

醜い大人達の嫉妬などに苦悩しながら、夢物語である”ピーター・パン”を誕生させた主人公の、子供のような純真な人物像を、ジョニー・デップは見事に演じ切り、抑え気味で説得力のある素晴らしい演技を見せてくれる。

4人の子供達と過ごせる限られた時間を知りたくないために、病を隠し検査も拒否する辛い立場の未亡人を演じた、ケイト・ウィンスレットの重厚な演技も涙を誘う。

涙をためる表情が実に愛らしい、三男ピーターを演ずるフレディ・ハイモア、娘や子供達そして主人公に全く理解を示さないシルヴィア(K・ウィンスレット)の母ジュリー・クリスティ、主人公の妻ラダ・ミッチェル、興業主チャールズ・フローマン役のダスティン・ホフマン、そして舞台のピーター・パン役を演ずるケリー・マクドナルドなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020