4545 Movies

FEAR X フィアー・エックス Fear X (2003)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

妻を殺した犯人を追う警備員の執念と絶望の日々を描く、監督、脚本ニコラス・ウィンディング・レフン、主演ジョン・タートゥーロデボラ・カーラ・アンガージェームズ・レマースティーヴン・マッキンタイア他共演の心理スリラー。


ドラマ(サスペンス/犯罪)


スタッフ キャスト
監督:ニコラス・ウィンディング・レフン
製作:ヘンリク・ダンストループ
脚本
ニコラス・ウィンディング・レフン
ヒューバート・セルビーJr.
撮影:ラリー・スミス
編集:アンネ・オーステルード
音楽
ブライアン・イーノ
ディーン・ランドン
J・ピーター・シュウォーム

出演
ハリー・ケイン:ジョン・タートゥーロ
ケイト:デボラ・カーラ・アンガー
フィル:スティーヴン・マッキンタイア
ローレンス捜査官:ウィリアム・アレン・ヤング
エド:ユージーン・M・デイヴィス
警官:マーク・ホフトン
クレア・ケイン:ジャクリーン・ラメル
ピーター・ノースロップ:ジェームズ・レマー
売春婦:アマンダ・オームス

デンマーク/カナダ/イギリス/ブラジル 映画
配給 ライオンズゲート
2003年製作 91分
公開
北米:2005年1月28日
日本:2015年1月27日


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
ウィスコンシン州。
ショッピングモールの警備員であるハリー・ケイン(ジョン・タートゥーロ)は、その場で起きた事件に巻き込まれて妻クレア(ジャクリーン・ラメル)が死亡したため、失意の日々を送っていた。

ハリーは、クレアが向かいの家に向かう幻覚を見る。

常にモール内の様子を監視するハリーは、違法と知りながら、同僚のフィル(スティーヴン・マッキンタイア)から監視カメラの映像テープを借りて、自宅でそれをチェックして不審者を探すのが日課となっていた。

リストアップした人物の写真と情報を常に携帯し、職場で見回りを続けるハリーは、辛いことも乗り越えられると上司から励まされる。
...全てを見る(結末あり)

 


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
ウィスコンシン州。
ショッピングモールの警備員であるハリー・ケインは、その場の事件に巻き込まれて妻クレアを殺害され、失意の日々を送っていた。
違法と知りながら、監視カメラの映像ビデオを同僚のフィルから借りたハリーは、自宅でそれをチェックし、不審者をピックアップしていた。
そんなハリーは、クレアが向かいの家に向かう幻覚を見て、その場に侵入してあるネガを見つける。
それを現像したハリーは、写真の細部まで調べ、それが、かつてクレアと旅行に行ったモンタナの町で撮影されたことを知り、写っている女性を確認する。
クレアを殺した犯人を知る手掛かりを求めて女性に会うため、ハリーはモンタナに向かうのだが・・・。
__________

期待の新鋭であるデンマーク人監督ニコラス・ウィンディング・レフンの初期作品で、彼にとっては初の英語による作品でもある。

2003年に”サンダンス映画祭”でプレミア上映され、高い評価を得て、2005年に北米公開された。
日本では2015年に公開された。

妻を殺された警備員の執念の犯人捜しには復讐心は見られず、殺されなければならなかった理由だけを知りたい彼の思いが淡々と描かれている。

絶望の果ての妻への想いが幻覚として現れ、それにヒントを得た主人公が、犯人の元に導かれていく姿を幻想的なシーンと共に描く、撮影当時まだ30代前半のニコラス・ウィンディング・レフンの感性が光る脚本と演出手腕が見どころの作品。

主演のジョン・タートゥーロは、妻を失い絶望の日々を送る平凡な警備員を深く演じている。

主人公が捜す女性ではあるが、結局は二人が対面することはないデボラ・カーラ・アンガー、その夫である警官で、汚職警官摘発の任務遂行中に、誤って主人公の妻(ジャクリーン・ラメル)を射殺してしまうジェームズ・レマー、主人公に監視ビデオを渡す同僚のスティーヴン・マッキンタイア、事件を捜査する捜査官のウィリアム・アレン・ヤング、警官のユージーン・M・デイヴィスとマーク・ホフトン、売春婦のアマンダ・オームスなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021