4238 Movies

遙か群衆を離れて Far From the Madding Crowd (1967)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

1874年に発表された、トーマス・ハーディの”Far from the Madding Crowd”を基に製作された作品。
農場を相続した若い女性の恋をめぐる男達との関係を描く、監督ジョン・シュレシンジャー、主演ジュリー・クリスティテレンス・スタンプピーター・フィンチアラン・ベイツ他共演の恋愛ドラマ。


ドラマ(ロマンス)


スタッフ キャスト ■
監督:ジョン・シュレシンジャー
製作:ジョセフ・ジャニ
原作:トーマス・ハーディ
脚本:フレデリック・ラファエル
撮影:ニコラス・ローグ
音楽:リチャード・ロドニー・ベネット

出演
バスシェバ・エヴァーディーン:ジュリー・クリスティ

フランシス”フランク”トロイ:テレンス・スタンプ
ウィリアム・ボールドウッド:ピーター・フィンチ
ガブリエル・オーク:アラン・ベイツ
ファニー・ロビン:プルネラ・ランサム
ケイニー・ボール:フレディー・ジョーンズ
リディー:フィオーナ・ウォーカー

イギリス 映画
配給 MGM

1967年製作 167分
公開
イギリス:1967年10月16日
北米:1967年10月18日
日本:1968年2月


アカデミー賞 ■
第40回アカデミー賞
・ノミネート
作曲賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
イングランドウェセックス
牧羊農民のガブリエル・オーク(アラン・ベイツ)は、隣人の美しい女性バスシェバ・エヴァーディーン(ジュリー・クリスティ)に結婚を申し込むものの、愛していないと言われ、それを断られてしまう。

その後、バスシェバは、おじの農場を相続することになり、牧草地を離れる。

ある夜、ガブリエルは、飼い犬のせいで羊を全て失い、その土地を離れ、一介の雇われ羊飼いになろうとする。

ある農場にたどり着いたガブリエルは、その場の火事に遭遇し、消火作業を手伝い、農場を相続していたバスシェバに雇われることになる。

農場の管理人が、小麦を盗んでいたことを知ったバスシェバは、その男をクビにして、自分が運営することを決めて、農場に残る者達を確認する。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
おじから農場を相続した若く美しい女性のバスシェバ・エヴァーディーンは、牧草地帯で求婚され、職を失っていた羊飼いの青年ガブリエルを雇うことになる。
主人と有能な使用人という立場をわきまえていた二人だったが、バスシェバは、隣人の独身の牧場主ボールドウッドをからかうつもりで、恋文を送ってしまう。
ボールドウッドは、バスシェバが気になる存在になり、彼女に求婚する。
バスシェバは、ボールドウッドに軽率な行動を謝罪し、愛のないことを告げる。
そんな時バスシェバは、プレイボーイである軍曹のトロイの魅力に惹かれ、やがて愛し合うようになる。
ガブリエルは、バスシェバの様子を気にしながらも、堅実な仕事を続け、彼女にとってなくてはならない存在になるのだが・・・。
__________

全くタイプの違う男性に求愛される主人公は、女手で農場を切り盛りする逞しさもあり、愛に対し情熱的でもある。
そんな彼女の、移り変わる女心や苦悩を、主演のジュリー・クリスティは見事に演じ、ジョン・シュレシンジャーの骨太な演出も光る。

同じJ・シュレシンジャー作品の「ダーリング」(1965)で、既にアカデミー主演賞を受賞していたジュリー・クリスティは、同年の「ドクトル・ジバゴ」(1965)の時の美しさとは違う魅力を漂わせている。

イングランド南部の、牧草地の美しい映像や、第40回アカデミー賞ノミネートのリチャード・ロドニー・ベネットの穏やかな音楽も心に残る。

息の長い名バイプレイヤーとして、活躍を続けるテレンス・スタンプの、美青年兵士役も注目で、主人公に恋焦がれる中年の牧場主、名優ピーター・フィンチの奥深い演技、実直な青年を控えめに演ずるアラン・ベイツなど、イギリスを代表する役者達の競演も見ものだ。

青年兵士との愛も完結できずに命を落とす、農場の使用人プルネラ・ランサム、同じくフレディー・ジョーンズフィオーナ・ウォーカーなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020