4216 Movies

フェア・ゲーム Fair Game (2010)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

アメリカの元外交官ジョセフ・ウィルソンの妻ヴァレリー・プレイムCIAの工作員でであることがマスコミに漏洩した”プレイム事件”を描く、製作、監督、撮影ダグ・リーマン、主演ナオミ・ワッツショーン・ペンサム・シェパード他共演の社会派ドラマ。


ドラマ(社会派)

ショーン・ペン / Sean Penn / Pinterest


スタッフ キャスト ■
監督:ダグ・リーマン
製作総指揮
ジェフリー・スコール

デイヴィッド・バーティス
ケリー・フォスター
モハメド・カーラフ
製作
ビル・ポーラッド

ジャネット・ザッカー
ジェリー・ザッカー

アキヴァ・ゴールズマン
ジェズ・バターワース
ダグ・リーマン
原作
ジョセフ・ウィルソン

The Politics of Truth:
Inside the Lies that Led to War and Betrayed
My Wife’s CIA Identity: A Diplomat’s Memoir

ヴァレリー・プレイム

Fair Game:
My Life as a Spy, My Betrayal by the White House

脚本
ジェズ・バターワース

ジョン=ヘンリー・バターワース
撮影:ダグ・リーマン
編集:クリストファー・テレフセン
音楽:ジョン・パウエル

出演
ヴァレリー・プレイム・ウィルソンナオミ・ワッツ

ジョセフ”ジョー”ウィルソンショーン・ペン
サム・プレイム:サム・シェパード
ルイス”スクーター”リビーデヴィッド・アンドリュース
ダイアナ:ブルック・スミス
ビル:ノア・エメリッヒ
フレッド:タイ・バーレル
ジェームズ・パヴィットブルース・マッギル
ジャック:マイケル・ケリー
カール・ローヴアダム・ルフェーヴル
ザハラ医師:リラズ・チャーヒ
ディック・チェイニー:本人(映像)
コンドリーザ・ライス:本人(映像)

アメリカ/アラブ首長国連邦 映画
配給 サミット・エンターテインメント
2010年製作 107分
公開
北米:2010年11月5日
日本:2011年10月29日
製作費 $22,000,000
北米興行収入 $9,528,090
世界 $24,188,920


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
2001年10月7日、ワシントンD.C.
マレーシアクアラルンプールでの任務を終えた、CIA秘密工作員のヴァレリー・プレイム(ナオミ・ワッツ)は、元ガボン大使でもある、中東アフリカ問題の専門家で夫のジョセフ”ジョー”ウィルソン(ショーン・ペン)と、双子の子供達と共に郊外に住み、慌しい毎日を送っていた。

911以降、アメリカのブッシュ政権は、イラク政府が大量破壊兵器を密かに保有していると考えていた。

兵器拡散対策室副主任のジャック(マイケル・ケリー)と、その上司ビル(ノア・エメリッヒ)に呼ばれたヴァレリーは、ホワイトハウスからの指令である、対イラク合同作戦の指揮を任される。

イラクに関する情報を調べ始めたヴァレリーは、ジャックから、ジョーの協力を要請される。

2002年2月19日、CIA本部。
ジョーと面会したジャックは、イラクが500トンのウラン鉱石の精錬品”イエローケーキ”を、ニジェールから輸入したという副大統領の側近の情報を伝え、彼を適任者と判断して現地に派遣する。

・・・全てを見る


解説 評価 感想 ■

ジョセフ・ウィルソンの著書、”The Politics of Truth:Inside the Lies that Led to War and Betrayed My Wife’s CIA Identity: A Diplomat’sMemoir”と、ヴァレリー・プレイムの著書”Fair Game: My Life as a Spy, My Betrayal by the White House”を基に製作された作品でもある。

*(簡略ストー リー)
911以降、ブッシュ政権は、イラク政府が大量破壊兵器を密かに保有していると考えていた。
CIAの秘密工作員ヴァレリー・プレイムは、対イラク合同作戦の指揮を、ホワイトハウスからの指令で任される。
ヴァレリーは、元ガボン大使でもある、中東アフリカ問題の専門家、夫のジョセフ”ジョー”ウィルソンに、調査協力を依頼するよう上司に指示される。
それを受けたジョーは、ニジェールに向かい、同国とイラクとの、ウラン鉱石の精錬品”イエローケーキ”の大量取引を調査し、それがなかったという報告をする。
しかし、イラク側の動きを正当化しようとしていたホワイトハウスは、チェイニー副大統領の首席補佐官リビーCIA本部に派遣して、探りを入れ始める。
ヴァレリーは、戦争を仕掛けようとするホワイトハウスに、イラクの核開発が進められていない事実を伝えるため、各国で作戦を展開して調査を続ける。
しかし、ブッシュ大統領は、イラクの大量破壊兵器の存在を確実視して名指しで非難し、宣戦布告して攻撃を始めてしまう。
自分の調査結果を無視した、ホワイトハウスの行動にジョーは反発し、新聞記事を寄稿して、それを公然と非難するのだが・・・。
__________

ウォーターゲート事件”を彷彿させるような内容、巨大国家権力に立ち向かう正義と勇気を、骨太に描いたダグ・リーマンの力作である。

傲慢とも言える大義の犠牲者を、容赦なく徹底的に排除しようとする国家権力、それに対抗する人々を含め、実名で登場する人物同士の激しい”戦い”は実にリアルで、それ故に、真実を追究しようとする、強い”心”を感じる見応えあるドラマだ。

自分の身分を隠して多くの知人達と付き合い、工作員として世界を飛び回り、さらには母親として子育てもする主人公、架空の物語ならば理解できるが、これが実在の人物だというところが注目で、スパイ=”007”だと思っている呑気な日本人には、驚きの世界が展開する。

とは言っても、主人公を熱演するナオミ・ワッツが、一際美しく見える冒頭は、さながら”ボンド・ガール”のようだでもあり、実際のヴァレリー・プレイムも、単なる”秘密工作員”とは思えない容姿であることも事実だ。

序盤は優秀な元外交官を物静かに演じ、妻をサポートするジョセフ・ウィルソン役のショーン・ペンだが、家族を守り信念を貫く男となる後半は、凄まじい迫力と共に力強い演技を見せてくれる。

主人公ヴァレリー・プレイムの父親サム・シェパード、副大統領首席補佐官ルイス”スクーター”リビーデヴィッド・アンドリュース、主人公の友人ブルック・スミスタイ・バーレル、主人公の上司ノア・エメリッヒマイケル・ケリーCIA副長官ジェームズ・パヴィット役のブルース・マッギル、大統領次席補佐官カール・ローヴ役のアダム・ルフェーヴル、主人公の調査に協力するイラク人医師リラズ・チャーヒなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020