4800 Movies

エネミーオブUSA Echelon Conspiracy (2009)

存在を確認されていない軍事目的の通信傍受システム”エシュロン”の暴走に巻き込まれたコンピューター・エンジニアの活躍を描く、主演シェーン・ウェストエドワード・バーンズヴィング・レイムズマーチン・シーンジョナサン・プライス他共演、監督グレッグ・マルクスによるサスペンス・アクション。
★★★☆☆

アカデミー賞 ■ ストーリー ■ 解説


ドラマ(サスペンス/犯罪)


スタッフ キャスト ■
監督:グレッグ・マルクス

製作
スティーヴ・リチャーズ

ロイー・シャロン・ペレッド
脚本:ケヴィン・エルダーズ
撮影:ロレンツォ・セナトーレ
編集:ジェームズ・ハーバート
音楽:ボビー・タホウリ

出演
マックス・ピーターソン:シェーン・ウェスト

ジョン・リード:エドワード・バーンズ
デイヴ・グラント捜査官:ヴィング・レイムズ
レイモンド・バーク:マーチン・シーン
カミラ:タマラ・フェルドマン
ミューラー:ジョナサン・プライス
ユーリ・マリーニン:セルゲイ・グバノフ

アメリカ 映画
配給 After Dark Films

2000年製作 105分
公開
北米:2009年2月27日
日本:未公開
北米興行収入 $666,010
世界 $2,186,780


ストーリー ■
タイバンコク
アメリカ人コンピューター・エンジニアのマックス・ピーターソン(シェーン・ウェスト)は、携帯電話を受け取る。
マックスは、その電話に届いたメールの指示に従ったため、旅客機墜落事故を免れる。
メールを信じたマックスは、巨額の富が得られるというメールを受け、チェコプラハに向かう。
現地のホテルのカジノで、マックスは大金を手に入れ、警備の元FBI捜査官ジョン・リード(エドワード・バーンズ)に目を付けられてしまう。
その後も、大金を手に入れたマックスだったが、FBI捜査官デイヴ・グラント(ヴィング・レイムズ)に連行されてしまい、電話の出所やメール送信者を問い詰められる。
グラントは、複数の者に金融インサイダー情報が流され全員が死亡し、それには国防総省の機密漏洩が絡んでいた。
そのため、NSA国家安全保障局)長官レイモンド・バーク(マーチン・シーン)の指示で、捜査を行っていたことを、グラントは現れたリードに伝える。
そしてマックスは、メールの発信者を突き止めるために、グラントに協力を強要されるのだが・・・。


解説 評価 感想 ■

その存在を、アメリカ国家としては認めていない軍事情報システム”エシュロン”の暴走を題材にしているところは、なかなか興味深い。

小作として扱われているものの、実力派が顔を揃えたキャストや、正統派スパイ劇を思わせる、スリリングな展開、そしてアクションなど、まずまず楽しめる作品。

エシュロン”が起こす行動と、それに翻弄される周囲の様子などは、似たような題材の作品があるので、それほど新鮮味もなくやや荒唐無稽だが、主人公を演ずるシェーン・ウェストは、逞しいわけでもないごく普通の青年であり、背伸びせずに危機に立ち向かう姿が健気でいい。

FBI捜査官だけあり、勇ましいサポート役として活躍するエドワード・バーンズと元同僚の厳ついヴィング・レイムズ、国家の安全を守るために、”エシュロン”の必要性を説くNSA長官マーチン・シーン、謎の女であるカジノ警備担当タマラ・フェルドマン、カジノのオーナーでもある銀行家を貫禄で演ずるジョナサン・プライス、そして、ロシア連邦保安庁の局員で、主人公に接触するセルゲイ・グバノフなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2022