4383 Movies

ドラムライン Drumline (2002)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

天才ドラマーとして大学のマーチングバンド入った学生の挫折と成長を描く、監督チャールズ・ストーン三世、主演ニック・キャノンオーランド・ジョーンズゾーイ・サルダナレナード・ロバーツ他共演の青春ドラマ。


ドラマ(青春)


スタッフ キャスト
監督:チャールズ・ストーン三世

製作総指揮:ダラス・オースティン
脚本
ティナ・ゴードン・チズム
ショーン・シェップス
撮影:シェーン・ハールバット
編集
パトリシア・バウアーズ
ビル・パンコウ
音楽:ジョン・パウエル

出演
デヴォン・マイルズ:ニック・キャノン
ジェームズ・リー:オーランド・ジョーンズ
レイラ:ゾーイ・サルダナ
ショーン・テイラー:レナード・ロバーツ
ジェイソン・フローア:GQ
アーネスト:ジェイソン・ウィーヴァー
チャールズ:アール・C・ポアチエ
ワグナー学長:アフェモ・オミラミ
ウェイド:J・アンソニー・ブラウン

アメリカ 映画
配給 20世紀FOX
2002年製作 118分
公開
北米:2002年12月13日
日本:2004年4月10日
製作費 $20,000,000
北米興行収入 $56,398,160
世界 $57,588,490


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
ニューヨーク
高校のマーチング・バンドでドラムを担当し、天才的な才能を持つデヴォン・マイルズ(ニック・キャノン)は、卒業式を終えて母に感謝する。

母と別れた父の元に向かったデヴォンは、高校を卒業し奨学金を得てA&T大学に入り、マーチング・バンドのドラマーになることを伝える。

アトランタ
大学に向かうバスの中で、チューバのチャールズ(アール・C・ポアチエ)、ベース・ドラムのジェイソン・フローア(GQ)、アーネスト(ジェイソン・ウィーヴァー)に自己紹介したデヴォンは、モーリス・ブラウン大学のバンドには誰も勝てないとドライバーに言われる。

キャンパスに着いたデヴォンは、上級生のレイラ(ゾーイ・サルダナ)に惹かれて声をかける。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
ニューヨークの高校のマーチングバンドで天才ドラマーと言われたデヴォン・マイルズはスカウトされて、アトランタのA&T大学に入学する。
名門マーチングバンドのドラムラインに選ばれるのは、自分の実力からして当然だと考えるデヴォンは、リーダーのショーンと衝突しながらもその実力を発揮する。
チームが一体となりバンドを愛することを目的とする監督のリーは、派手なパフォーマンスを好む、支援者であるOBの顔色を窺う学長からの圧力を受ける。
その後、新入生で唯一人ドラムラインに加わったデヴォンは、その才能に溺れて身勝手行動を繰り返し、仲間達やリーから批判を浴びてしまう・・・。
__________

アメリカの文化と言える、マーチングバンドの世界を描いた物語で、それに懸ける天才ドラマーの挫折と成長を描くドラマ。

軍隊を思わせるような厳しいトレーニングにより鍛えられる学生達の努力や、才能に溺れる主人公の苦悩を描く物語は、チームの一体感やそれに対する愛をメインテーマにした深い内容には仕上がっている。

ドラムに対する一途な思いというよりも、生まれながらの才能を、人間としての未熟さから生かしきれない主人公を描く内容なのだが、統制のとれたチームの雰囲気に馴染まない主人公の、単なる生意気な不良少年のような態度が不愉で仕方がない。
やがて心の成長により協調性も生まれるという結末も、当たり障りのない展開で、もう一捻り欲しかった気がする。

それはともかく、クライマックスの全米規模の大規模な大会で披露される、アクロバチックでエネルギッシュな派手なパフォーマンスは圧巻で、その中に混じる役者の見事な演技は素晴らしい。

2014年に続編”Drumline: A New Beat”がDVDリリースされた。

自分の才能に溺れる天才ドラマーから、挫折を経験して成長するニック・キャノン、主人公を見守るバンド監督のオーランド・ジョーンズ、主人公と惹かれ合う上級生のダンサー、ゾーイ・サルダナ、主人公と対立するものの友情が芽生えるバンド・リーダーのレナード・ロバーツ、バンド・メンバーのGQジェイソン・ウィーヴァー、アール・C・ポアチエ、学長のアフェモ・オミラミモーリス・ブラウン大学のバンド監督J・アンソニー・ブラウンなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021