4296 Movies

ドラッグストア・カウボーイ Drugstore Cowboy (1989)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

ジェームズ・フォグルの自伝的小説”Drugstore Cowboy”を基に製作された作品。
ドラッグストアを襲撃する薬物依存症の若者達の生き様を描く、監督、脚本ガス・ヴァン・サント、主演マット・ディロンケリー・リンチジェームズ・レグロスヘザー・グラハムジェームズ・レマー他共演の犯罪ドラマ。


ドラマ(サスペンス/犯罪)


スタッフ キャスト ■
監督:ガス・ヴァン・サント
製作
ニック・ウェクスラー

カレン・マーフィー
製作総指揮:ケイリー・ブロコウ
原作:ジェームズ・フォグル:”Drugstore Cowboy”
脚本
ガス・ヴァン・サント

ダニエル・ヨスト
撮影:ロバート・D・イェーマン

編集
メアリー・バウアー
カーティス・クレイトン
音楽:エリオット・ゴールデンサル

出演
ボブ・ヒューズ:マット・ディロン

ダイアン・ヒューズ:ケリー・リンチ
リック:ジェームズ・レグロス
ナディーン:ヘザー・グラハム
ジェントリー刑事:ジェームズ・レマー
デヴィッド:マックス・パーリック
トム・マーフィ神父:ウィリアム・S・バロウズ
ヒューズ夫人:グレイス・ザブリスキー
カウンセラー:ビア・リチャーズ
警官:ジョン・ケリー

アメリカ 映画
配給
International Video Entertainment
Avenue Pictures
1989年製作 102分
公開
北米:1989年10月6日
日本:1990年12月22日
製作費 $2,500,000
北米興行収入 $4,729,350


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
かつて、薬物依存症だったボブ・ヒューズ(マット・ディロン)は、妻ダイアン(ケリー・リンチ)、相棒のリック(ジェームズ・レグロス)と恋人ナディーン(ジェームズ・レグロス)と共にドラッグストア襲撃を繰り返していた頃のことを考える。

救急車で搬送されるボブは、いつかは破滅すると思いながら日々を過ごしていたことも脳裏を過る。

1971年、オレゴン州、ポートランド
ボブら4人は、あるドラッグストアに入り、ナディーンが発作を起こした振りをして倒れる。

薬剤師がナディーンの様子を見ている隙に、ボブはドラッグを盗んで裏口から逃げる。

その間、薬剤師が救急車を呼び、リックとナディーンもその場から去り、ボブとダイアンがが待つ車に乗り逃げ去る。
...全てを見る(結末あり)

 


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
1971年、オレゴン州、ポートランド
薬物依存症のボブ・ヒューズは、妻ダイアンと相棒のリック、そして彼の恋人ナディーンと共に、ドラッグストア襲撃を繰り返していた。
ジェントリー刑事の手入れを受けたボブは、ドラッグを隠してあったために逮捕は免れ、4人で街を離れることにする。
その後、ある町のドラッグストアに侵入したボブらは、ドラッグを手に入れる。
素人のナディーンが、災いを招く行為をしたことを気にしながら、病院を襲ったボブだったが、それに失敗してしまう。
ジンクスを信じようとしなかったナディーンは、ドラッグの薬物過剰摂取で命を落とし、ボブらが滞在するモーテルは、大会参加のため警官が大挙して現れる。
悪い予感が当たったことで気落ちするボブは、故郷に帰り治療を受け、足を洗おうと考えるのだが・・・。
__________

1985年に「マラノーチェ」を監督していたガス・ヴァン・サントは、それが16mmフィルムの作品だったため、35mmの映画としては本作が最初の作品。

また、「マラノーチェ」(1985)、「マイ・プライベート・アイダホ」(1991)と合わせて本作は、ガス・ヴァン・サントの”ポートランド三部作”として知られている。

ドラッグによる幻覚症状やその恐ろしさを描いた作品と指摘する見方もあるが、それに関しては、主人公がドラッグの影響を受ける際の感覚が、少々独創的に描写されている程度である。

それよりも、アメリカ社会の中で、ごく日常的にドラッグが使われる中で、それに関わる若者達の生き様をガス・ヴァン・サントが切実に描く、人間ドラマに近い内容だ。

短絡的な現実逃避から社会の流れに従うようになる青年を好演する、当時の若手期待の星マット・ディロンの演技は高い評価を受け、インディペンデント・スピリット賞の男優賞を受賞した。

主人公の妻ケリー・リンチ、主人公の相棒ジェームズ・レグロス、その恋人ヘザー・グラハム、主人公を追う刑事ジェームズ・レマー、薬物依存症である売人の青年マックス・パーリック、主人公と親しい薬物依存症の神父ウィリアム・S・バロウズ、主人公の母親グレイス・ザブリスキー、カウンセラーのビア・リチャーズなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020