4707 Movies

スペル Drag Me to Hell (2009)

老女の返済延期を断った銀行員の身に起きる呪いと恐怖の体験を描く、監督、脚本サム・ライミ、出演アリソン・ローマンジャスティン・ロングローナ・レイヴァー他によるサスペンス・ホラー。
★★★★

アカデミー賞 ■ ストーリー ■ 解説


スリラー/ホラー


スタッフ キャスト ■
監督:サム・ライミ

製作総指揮
ジョセフ・ドレイク

ネイサン・カヘイン
製作
ロバート・タパート

グラント・カーティス
脚本
サム・ライミ

アイヴァン・ライミ
撮影:ピーター・デミング
編集:ボブ・ムラウスキー
音楽:クリストファー・ヤング

出演
クリスティン・ブラウン:アリソン・ローマン

クレイトン”クレイ”ダルトン:ジャスティン・ロング
シルヴィア・ガーナッシュ夫人:ローナ・レイヴァー
ラム・ジャス:ディリープ・ラオ
ジム・ジャックス:デヴィッド・ペイマー
ショーン・サン・ディナ:アドリアナ・バラーザ
レナード・ダルトン:チェルシー・ロス
スチュ・ルービン:レジー・リー
トルーディ・ダルトン:モリー・チーク
イレンカ・ガーナッシュ:ボヤナ・ノヴァコヴィッチ
ミロシュ:ケヴィン・フォスター
農業労働者:アレクシス・クルス

アメリカ 映画
配給 ユニバーサル・ピクチャーズ
2009年製作 98分
公開
北米:2009年5月29日
日本:2009年11月6日
製作費 $30,000,000
北米興行収入 $42,057,300
世界 $90,842,650


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
1969年、カリフォルニア州、パサデナ
ある若い農夫(アレクシス・クルス)と妻が、霊媒師ショーン・サン・ディナを訪ね、悪魔の声を聞くという息子を助けてもらおうとする。

しかし、男の子は魔界へと吸い込まれ、サン・ディナは悪魔と再会することを予言する。
__________

40年後。
銀行でローン担当係として働くクリスティン・ブラウン(アリソン・ローマン)は、昇進に意欲を燃やしていた。

クリスティンは、自分にその可能性があるか、支店長のジム・ジャックス(デヴィッド・ペイマー)のオフィスに向かい様子を窺う。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
1969年、カリフォルニア州、パサデナ
ある日、銀行員のクリスティン・ブラウンは、老女ガーナッシュ夫人の返済延期の要求を、昇進を優先して考え断ってしまう。
夫人に恨まれたクリスティンは、彼女に呪いをかけられ、恐怖に怯える日々を送るようになる。
恋人クレイや、霊視能力者のラム・ジャスの協力や励ましを受けていたクリスティンだったが、夫人の呪文”ラミア”の呪いは、彼女に容赦なく迫る・・・。
__________

大ヒットシリーズ「スパイダーマン」のサム・ライミが脚本も兼ねた監督作品で、トップスターの出演もなく、巨額の製作費をかけた超大作でもないが、一流の演出家に成長したサム・ライミの、原点が垣間見られる興味深い作品でもある。

恐怖や緊張感を煽る描写がなかなか巧みで、何となく想像は出来るものの、インパクトあるラストを迎えるまでの緊迫感など、見応えある作品には仕上がっている。

霊や冥界とはイメージが合わない、銀行員が巻き込まれる設定も興味深く、次第にエスカレートしていく主人公の行動が、時にユーモラスに描かれているところなども実に面白い。

内容は、原題”Drag Me to Hell”(私を地獄に引きずり込んで)そのもので、意味不明の邦題がいかにも野暮ったい。

美し過ぎないところがいい、ラストでサム・ライミの”餌食”になり、衝撃的な結末で締めくくる主人公のアリソン・ローマン、その恋人ジャスティン・ロング、全編、恐ろしい姿で登場し怪演を見せる老女ローナ・レイヴァー、霊視能力のある占い師ディリープ・ラオ、銀行の支店長役のデヴィッド・ペイマー、宿敵ラミアと壮絶な闘いを繰り広げる霊媒師アドリアナ・バラーザ、クレイ(J・ロング)の両親役チェルシー・ロスモリー・チーク、銀行員レジー・リー、老女の孫娘ボヤナ・ノヴァコヴィッチ、霊媒師の助手ケヴィン・フォスター、農夫アレクシス・クルスなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2022