4551 Movies

ドゥ・ザ・ライト・シング Do the Right Thing (1989)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

ブルックリンのピザ店を舞台に、人種差別問題をストレートに描いた衝撃の問題作としてスパイク・リー(製作、監督、脚本、出演)の名を世界に知らしめた作品。
主演ダニー・アイエロオジー・デイヴィスルビー・ディーサミュエル・L・ジャクソンジョン・タトゥーロ他共演。


ドラマ


スタッフ キャスト ■
監督:スパイク・リー
製作:スパイク・リー
脚本:スパイク・リー
撮影:アーネスト・ディッカーソン
編集:バリー・アレキサンダー・ブラウン
音楽:ビル・リー

出演
サルヴァトーレ”サル”フラジオーネ:ダニー・アイエロ

ダー・メイヤー:オジー・デイヴィス
ムーキー:スパイク・リー
マザー・シスター:ルビー・ディー
セニョール・ラブ・ダディー:サミュエル・L・ジャクソン
ピノ・フラジオーネ:ジョン・タトゥーロ

ヴィト・フラジオーネ:リチャード・エドソン
レディオ・ラヒーム:ビル・ナン
ティナ:ロージー・ペレズ

バギナウト:ジャンカルロ・エスポジート
スマイリー:ロジャー・グーンヴァー・スミス

クリフトン:ジョン・サベージ
スィート・ディック・ウィリー:ロビン・ハリス
ジェイド:ジョイー・リー

シー:マーティン・ローレンス
チャーリー:フランク・ヴィンセント
マーク・ポンテ巡査:ミゲール・サンドヴァル
グレイ・ロング巡査:リック・アイエロ

アメリカ 映画
配給 ユニバーサル・ピクチャーズ
1989年製作 120分
公開
北米:1989年6月30日
日本:1990年4月21日
製作費 $6,500,000
北米興行収入 $27,545,450
世界 $37,295,450


アカデミー賞 ■
第62回アカデミー賞
・ノミネート
助演男優(ダニー・アイエロ)
脚本賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
ブルックリンベッドフォード・スタイベサント地区
うだるような暑さになりそうな夏の日、”ウイ・ラブ・ラジオ”のDJセニョール・ラブ・ダディー(サミュエル・L・ジャクソン)の放送で一日が始まる。

ピザ店を経営するイタリア系アメリカ人のサルヴァトーレ”サル”フラジオーネ(ダニー・アイエロ)は、二人の息子ピノ(ジョン・タトゥーロ)とヴィト(リチャード・エドソン)と共に店を開ける。

店の前を掃除しろという、サルの指示で押し問答となったピノとヴィトは、ようやく現われた店員ムーキー(スパイク・リー)にそれをやらせようとする。

ムーキーは、自分は配達係だと言ってそれを拒み、そこに、毎日、雑用を求めて来る、気のいい酔っ払い老人ダー・メイヤー(オジー・デイヴィス)が現われ、サルは彼に1ドル与えて掃除をさせる。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
ニューヨークブルックリン
暑い夏の日、ピザ店の経営者イタリア系のヴァトーレ”サル”フラジオーネは、息子ピノとヴィトと共に店を開ける。
恋人ティナとの間に子供までいるにも拘らず、自堕落な生活を続ける青年ムーキーは、サルの店の配達係として働いていた。
サルの息子ピノは偏見を持ち、あからさまに黒人を嫌いムーキーの言動に苛立つ。
ムーキーの友人バギナウトは、毎日通うサルの店に
イタリア系スターの写真しか飾っていないことに不満をぶつける。
サルと言い合いになったバギナウトは追い出されて
店をボイコットしようと人々に呼びかけるが相手にされない。
ピノは我慢の限界に達し、店の移転を父サルに提案するが、それが受け入れられない。
そして、暑さも峠を過ぎた、一日も終わりを迎えようとする中、昼間、店でトラブルになりかけたレディオがバギナウトに賛同して、サルの元に向かい双方は罵り合いを始める・・・。
__________

軽い乗りの、ユーモアもまじえて始まる序盤、所々で一触即発となる危険なムード、何気ない人々の生活を描写しながら、独特のスタイルで人種問題を飾り気なく描く、スパイク・リーの感性と演出は秀逸だ。

多くの登場人物そろぞれの、不満や怒りをさりげなく映し出しながら、些細なことが火種となり、暴動にまで発展する衝撃のクライマックスに至る展開も圧巻だ。

第62回アカデミー賞では、助演男優(ダニー・アイエロ)と脚本賞にノミネートされ、各映画賞でも高い評価を得た。

人種の偏見はないものの、自分が造り上げた店を誇りに思い、手堅く商売を続けるビザ店の店主ダニー・アイエロはキャリア最高とも言える熱演を見せる。

アル中気味のため信頼は薄いものの、町の様子を常に監視している気のいい老人で、いい味を出しているオジー・デイヴィス、彼が心引かれる老女ルビー・ディー、子供を持つ大人の男として成長しきれないピザ店店員スパイク・リー、その恋人ロージー・ペレズ、まだ無名に近いものの、その後の活躍を予感させる、存在感ある演技を見せるラジオDJのサミュエル・L・ジャクソン、同じく、なかなか印象的な演技の主人公の息子役ジョン・タトゥーロリチャード・エドソン、ピザ店に因縁をつけて、暴動のきっかけを作る青年ビル・ナンジャンカルロ・エスポジート、精神異常の青年ロジャー・グーンヴァー・スミス、バギナウト(J・エスポジート)に言いがかりをつけられる白人青年ジョン・サベージ、街角に陣取り語り合う男ロビン・ハリス、役でも妹を演ずるS・リーの実妹ジョイー・リー、町の若者でマーティン・ローレンス、彼らに嫌がらせを受ける男性フランク・ヴィンセント、警官のミゲール・サンドヴァルD・アイエロの実の息子リック・アイエロなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021