4502 Movies

ドメスティック・フィアー Domestic Disturbance (2001)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

別れた妻の再婚相手の殺人を目撃した息子を救うために、敢然と悪に立ち向かう父親の姿と親子愛を描く、監督ハロルド・ベッカー、主演ジョン・トラボルタヴィンス・ヴォーンスティーヴ・ブシェミ他共演のサスペンス・スリラー。


ドラマ(サスペンス/犯罪)


スタッフ キャスト
監督:ハロルド・ベッカー
製作
ドナルド・デ・ライン
ジョナサン・D・クレイン
原案
ルイス・コリック

ウィリアム・S・コマナー
ゲイリー・ドラッカー
脚本:ルイス・コリック

撮影:マイケル・セレシン
編集:ピーター・ホーネス

音楽:マーク・マンシーナ

出演
ジョン・トラボルタ:フランク・モリソン
ヴィンス・ヴォーン:リック・バーンズ/ジャック・パーネル
テリー・ポロ:スーザン・バーンズ
マット・オリアリー:ダニー・モリソン
スティーヴ・ブシェミ:レイ・コールマン
スーザン・フロイド:ダイアン
クリス・エリス:ウォーレン刑事
ニック・ローレン:警官
レベッカ・ティルニー:ローリー
ルーベン・サンチャゴ=ハドソン:エドガー・スティーヴンス巡査部長
デブラ・ムーニー:テレサ

アメリカ 映画
配給 パラマウント・ピクチャーズ
2001年製作 89分
公開
北米:2001年11月2日
日本:2002年4月6日
製作費 $53,000,000
北米興行収入 $45,207,110
世界 $59,249,290


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
メリーランド州、サウスポート。
個人で造船会社を経営するフランク・モリソン(ジョン・トラボルタ)は、別れた妻スーザン(テリー・ポロ)と会場で出くわし、息子のダニー(マット・オリアリー)のバスケットの試合を見ようとする。

出場を拒否したダニーが警察署にいることを知ったフランクは、スーザンと共にその場に向かう。

警察署に着いたフランクとスーザンは、他人の車に乗ったと言うダニーから謝罪される。

エドガー・スティーヴンス巡査部長(ルーベン・サンチャゴ=ハドソン)と話をしたフランクとスーザンは、問題児であるダニーの過去の行いなどを話す。

今回のことは自分の再婚が関係していると話すスーザンは、その相手は誰かとスティーヴンスから訊かれ、フランクが、町の有名人である実業家のリック・バーンズ(ヴィンス・ヴォーン)だと答える。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
メリーランド州、サウスポート。
個人で造船会社を経営するフランク・モリソンは、別れた妻スーザンの再婚を不満に思う息子ダニーの悩みを聞く。
フランクは、町の名士である実業家でスーザンの再婚相手のリックに、ダニーの気を引く秘訣を教えて、その後、彼とスーザンは結婚式を挙げる。
式の最中、リックの旧友レイが現れ、二人の間に不穏な空気を感じたフランクは、レイに探りを入れる。
町に居座ったレイは、実は悪党仲間だったリックが持ち逃げした金のことで彼を脅迫する。
その後、予想通りダニーはリックと反りが合わず、スーザンの妊娠を知ったダニーは、ショックを受けてフランクの元に向かおうとする。
レイと会ったリックは、彼を殺害して遺体を焼却してしまうのだが、それをダニーが目撃してしまう・・・。
__________

ジョン・トラボルタ作品にしてはやや小粒な作品という感じを受けるが、ハロルド・ベッカーらしい、軽快でスリリングな演出を楽しむことはできる。

5300万ドルの製作費の内、かなりの金額はトラボルタのギャラのはずなので、全世界の興行収入が6000万ドル弱では、大スター出演で目論んだ大ヒットには遠く及ばなかった製作陣の悲鳴が聞こえそうだ。

かなり太ってしまい地味な役柄のトラボルタは、終盤、体を張った演技で熱演してはいるものの、ラジー賞にノミネートされてしまった。

実業家と詐欺師の二つの顔を持ち、悪役の方がよく似合うヴィンス・ヴォーン、その妻でフランク(ジョン・トラボルタ)の前妻でもあるテリー・ポロ、その息子のマット・オリアリー、そして、リック(ヴィンス・ヴォーン)の悪党仲間、曲者役者スティーヴ・ブシェミが、出番は少ないが、いつもながらの個性的な演技を見せてくれる。
主人公の恋人スーザン・フロイド、事件の担当刑事ルーベン・サンチャゴ=ハドソンクリス・エリス、主人公の会社のスタッフ、デブラ・ムーニーなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021