4237 Movies

黙秘 Dolores Claiborne (1995)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

1992年に発表された、スティーヴン・キングの長編小説”Dolores Claiborne”の映画化。
約20年の時を経て、二つの事件の接点そして謎が明らかになっていく過程を描く、製作、監督テイラー・ハックフォード、主演キャシー・ベイツジェニファー・ジェイソン・リークリストファー・プラマーデヴィッド・ストラザーンジョン・C・ライリー他共演によるサスペンス・スリラーの秀作。


ドラマ(サスペンス/犯罪)


スタッフ キャスト ■
監督:テイラー・ハックフォード
製作
テイラー・ハックフォード
チャールズ・マーヴヒル
原作:スティーヴン・キングDolores Claiborne
脚本:トニー・ギルロイ
撮影:ガブリエル・ベリスタイン

編集:マーク・ワーナー
音楽:ダニー・エルフマン

出演
キャシー・ベイツ:ドロレス・クレイボーン
ジェニファー・ジェイソン・リー:セリーナ・セントジョージ
クリストファー・プラマー:ジョン・マッケイ警部
デヴィッド・ストラザーン:ジョー・セントジョージ
ジュディ・パーフィット:ヴェラ・ドノヴァン
ジョン・C・ライリー:フランク・スタムショー
エレン・ミュース:セリーナ(少女時代)
エリック・ボゴシアン:ピーター
ボブ・ガントン:ピース

アメリカ 映画
配給 コロンビア・ピクチャーズ
1995年製作 131分
公開
北米:1995年3月24日
日本:1995年10月28日
北米興行収入 $24,361,870


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
メイン州。
小島にある小さな町で、中年の住み込みメード、ドロレス・クレイボーン(キャシー・ベイツ)が、雇い主である富豪夫人ヴェラ・ドノヴァン(ジュディ・パーフィット)殺害容疑で身柄を拘留される。

ニューヨーク
ジャーナリスト、セリーナ・セントジョージ(ジェニファー・ジェイソン・リー)は、母ドロレスの起こしたと思われる事件をFAXで知らされる。

事件のあった町の役場を訪ねたセリーナは、州警察のジョン・マッケイ警部(クリストファー・プラマー)と会い、保安官の弟フランク・スタムショー(ジョン・C・ライリー)に事件の内容を聞く。

母ドロレスと再会したセリーナは、彼女を引き取り実家に帰るが、母娘仲はしっくりいかず、まともな会話が成り立たない。

ドロレスは久し振りの娘との再会で、彼女の少女時代や、自分が殺したという疑いがかけられた夫ジョー(デヴィッド・ストラザーン)の姿が幻影として現れる。
__________

...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
メイン州
小島にある小さな町で、住み込みのメード、ドロレス・クレイボーンが、雇い主である富豪ドノヴァン夫人殺害容疑で身柄を拘留される。
母ドロレスの起こしたと思われる事件を知らされたセリーナは、州警察のマッケイ警部と会い、その内容を知る。
ドロレスは娘セリーナと再会し、彼女と家に戻り、自分が殺したという疑いがかけられた、夫ジョーのことを思い起こす。
そして、しっくりこない母娘関係に戸惑いながら、ドロレスは、セリーナのためだけに、22年もの間、辛い仕事に耐え続けてきたことを話す。
そんなドロレスは、夫殺しの疑いで厳しい尋問をされたマッケイを毛嫌いしていた。
マッケイが、唯一検挙できなかったのが父の事件だと言われたセリーナは不快感を示す。
その後、ドロレスに、ドノヴァン夫人の遺産160万ドルが入ることが分かり、マッケイは、それが彼女の夫人殺害の動機になると考える。
しかしドロレスは、二つの殺人事件に隠された意外な真実を、娘のセリーナに語り始める・・・。
__________

二つの殺人事件に関係し、あるトラウマを抱える娘のために、人生を捧げた主人公の心の葛藤と、その両方の事件を執拗に追う刑事との激しいぶつかり合いや、実力派俳優の、迫力すら感じる演技が見所の力作。

その登場人物の心理的描写を、繊細且つ大胆に表現したテイラー・ハックフォードの演出も見事だ。

数あるスティーヴン・キング原作の映画化作品の中で、「ショーシャンクの空に」(1994)などと並び評価の高い作品でもある。

主人公ドロレスが、夫を殺害する場面の日食の効果や、ダニー・エルフマンの重々しい音楽も、スリラー作品としての効果を高めている。

スティーヴン・キング自身が、キャシー・ベイツを主人公と想定して書き上げたと言われる程の、彼女の迫力ある演技は秀逸で、5年前にアカデミー主演賞を受賞した、同じS・キング原作の「ミザリー」(1990)に引けをとらない、見事な演技を見せてくれる。

トラウマを抱える主人公の娘ジェニファー・ジェイソン・リーの、過去の体験に苦悩する姿と、クライマックスで、警部を迫力と知性で論破する逞しさも印象に残る。

キャリアの汚点を消し去ろうと、主人公を葬ることだけに執念を燃やす警部を演ずるクリストファー・プラマーの、ベテランらしい重厚な演技も光る。

ドロレスを罵倒し娘にまで虐待を加える、デヴィッド・ストラザーンの珍しい汚れ役も見ものだ。

軽い役だと思いきや、主人公に、夫殺害の助言をする時の表情の怖さが際立つジュディ・パーフィット、地元警察の巡査ジョン・C・ライリー、セリーナ(J・J・リー)の少女時代を演ずるエレン・ミュース、セリーナの編集社の同僚エリック・ボゴシアン、そして銀行員でボブ・ガントンなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020