4240 Movies

デジャヴ Deja Vu (2006)

  •  
  • 12
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

初めて来た場所や経験にも拘らず、以前に来たことがある、または同じような体験があると感じる”デジャヴ”現象を、時空を越えられる装置の利用と絡めて、監督トニー・スコットや製作ジェリー・ブラッカイマーらしい迫力ある映像も盛り込んだ、主演デンゼル・ワシントンポーラ・パットンヴァル・キルマージェームズ・カヴィーゼル他共演のサスペンス・アクション。


ドラマ(サスペンス/犯罪)

デンゼル・ワシントン / Denzel Washington 作品一覧


スタッフ キャスト ■
監督:トニー・スコット
製作総指揮:テッド・エリオット  他
製作:ジェリー・ブラッカイマー
脚本
テリー・ロッシオ
ビル・マーシリイ
撮影:ポール・キャメロン
編集:クリス・レベンゾン
音楽:ハリー・グレッグソン=ウィリアムズ

出演
デンゼル・ワシントン:ダグ・カーリン
ポーラ・パットン:クレア・クチヴァー
ヴァル・キルマー:ポール・プライズワーラ
ジェームズ・カヴィーゼル:キャロル・オースタッド
アダム・ゴールドバーグ:アレクサンダー・デニー
エルデン・ヘンソン:ガナーズ
エリカ・アレクサンダー:シャンティ
ブルース・グリーンウッド:ジャック・マクレディ
マット・クレイヴェン:ラリー・ミヌーティ
エンリケ・カスティーヨ:クチヴァー

アメリカ 映画
配給 タッチストーン・ピクチャーズ
2006年製作 126分
公開
北米:2006年11月22日
日本:2007年3月17日
制作費 $75,000,000
北米興行収入 $64,034,840
世界 $180,557,600


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
2005年8月の、ハリケーン・カテリーナの被害から立ち直りつつあったニューオーリンズ

そんなある日、空母ニミッツの乗組員と家族を乗せたフェリーが爆破され、多くの犠牲者を出す。

ATF(アルコール・タバコ・火気・爆発物取締局)の捜査官 ダグ・カーリン(デンゼル・ワシントン)は捜査を開始しする。

FBI捜査官のポール・プライズワーラ(ヴァル・キルマー)が、ダグの相棒ラリー・ミヌーティ(マット・クレイヴェン)を訪ねて来る。

ラリーは休暇中だったが、爆破付近の橋を調べたダグは、”硝安油爆薬”の痕跡を見つけ、現場に残された証拠から、事故ではないことを確信する。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
ニューオーリンズ
空母ニミッツの乗組員と家族を乗せたフェリーが爆破され、543人の犠牲者を出す。
ATF(アルコール・タバコ・火気・爆発物取締局)の捜査官ダグ・カーリンは、現場検証の結果事件をテロと断定する。
その後ダグは、ある女性からの電話を受けていたことを知る。
事故現場付近で、爆発事件とは無関係と思われる女性クレアの遺体が見つかる。
ダグはクレアの家を捜査して、自分に電話をかけてきたのが彼女だと分かる。
FBIのマクレディ主任捜査官は、衛星を使った状況再現システムを利用し、ダグに捜査の協力を要請するよう、部下プライズワーラに指示する。
国家偵察局の研究開発チームは、4日と6時間前の、現場の状況を再現できるシステムを開発していた。
戸惑うダグだったが、手袋をしてクレアの家に入ったにも拘らず、そこから、自分の指紋が見つかったという連絡を受ける。
ダグは、事件が起きる前にそれを回避できる可能性に気づく。
事件の鍵を握るクレアの行動を調べるために、ダグは、時空を越えてその映像が確認できる装置を使い捜査を開始するのだが・・・。
__________

ATF捜査官のデンゼル・ワシントンが、心理的な捜査をしていくのかと思いきや、途中からはSF作品のような展開になっていく。

こういう作品にありがちな、話の辻褄合わせ的なところがやや気になるが、あまり堅苦しいことを考えないで観ることをお勧めする。

驚きというより、ほぼ予想通りといった結末もホッとする。

勇敢な”ニューオーリンズ市民に捧げる” というエンドロールのメッセージなのだが、ハリケーン・カトリーナの被害者には、かなり過激な内容にも思える。

しかし、困難に立ち向かう勇気や精神を重んじるアメリカの国民性からすると、これくらいは普通の感覚なのかもしれない。

北米興行収入は約6400万ドルに留まるものの、全世界では約1億8100万ドルのヒットとなった。

全てを完璧にコントロールしているような、落ち着き払ったデンゼル・ワシントンの演技は、正に芸術的な感じを受けて”美しくも”見える。

同じ年の「インサイド・マン」(2006)などでも随所で見せる、物事や相手に反応して笑みを浮かべる何気ない表情などは、とても演技に思えない自然さがある。
現在のハリウッドで、最高の演技派ではないだろうか。

年齢からすれば中年なので仕方ないが、ヴァル・キルマーの太り方に驚いてしまう。
しかし、ドラマが進むにつれて、役人らしい地味さをうまく表現し、好感が持てる演技を見せてくれる。

ジェームズ・カヴィーゼルの、屈折した考えの爆破犯人役の熱演も印象に残る。

いきなり無残な遺体で登場するポーラ・パットンも、時空を越えた展開の後半で大活躍する。

ビューティフル・マインド」(2001)でも見せた、インテリがよく似合うアダム・ゴールドバーグも、いかにも天才科学者らしい雰囲気で好演している。

FBIの捜査主任ブルース・グリーンウッド、主人公の同僚マット・クレイヴェン、国家偵察局の研究開発チーム、エルデン・ヘンソンエリカ・アレクサンダー、ヒロインの父エンリケ・カスティーヨなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020