4511 Movies

ラブ・ダイアリーズ Definitely, Maybe (2008)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

妻から離婚届を突きつけられ人生の岐路に立たされた男性が、娘との会話や思い出でのお陰で新たな目的を掴むまでを描く、監督、脚本アダム・ブルックス、主演ライアン・レイノルズアビゲイル・ブレスリンアイラ・フィッシャーレイチェル・ワイズケヴィン・クラインエリザベス・バンクス他共演のコメディ。


ドラマ(コメディ)


スタッフ キャスト ■
監督:アダム・ブルックス
製作
ティム・ビーヴァン

エリック・フェルナー
脚本:アダム・ブルックス
撮影:フロリアン・バルハウス
編集:ピーター・テッシュナー
音楽:クリント・マンセル

出演
ウィリアム・マシュー”ウィル”ヘイズ:ライアン・レイノルズ

マーヤ・ヘイズ:アビゲイル・ブレスリン
エイプリル・ホフマン:アイラ・フィッシャー
サマー・ハートリー/ナターシャ・ローズ:レイチェル・ワイズ
ハンプトン・ロス教授:ケヴィン・クライン
エミリー・ジョーンズ/サラ・ヘイズ:エリザベス・バンクス
ラッセル・T・マコーマック:デレク・ルーク
アーサー・ロブレド:ネスター・セラーノ
アン:アニー・パリッセ

アメリカ/イギリス/フランス 映画
配給 ユニバーサル・ピクチャーズ
2008年製作 111分
公開
北米:2008年2月14日
イギリス:2008年2月8日
フランス:2008年6月25日
日本:未公開
製作費 $7,000,000
北米興行収入 $31,973,840
世界 $54,918,570


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
ニューヨークマンハッタン
広告代理店に勤めるウィル・ヘイズ(ライアン・レイノルズ)は、別居中の妻と離婚することになる。

10歳の娘マーヤ(アビゲイル・ブレスリン)は、どうして母親と結婚したのかなどを、父ウィルにしつこく追及する。

仕方なくウィルは、付き合っていた何人かの中から妻になった女性を推理するようマーヤに問題を出す。

1992年、ウィスコンシン州。
大学生のウィルには、意中の女性エミリー・ジョーンズ(エリザベス・バンクス)がいた。

卒業後ウィルは、大統領候補ビル・クリントンニューヨークの選挙事務所に行くことになる。

エミリーは、親友で記者志望のサマー・ハートリー(レイチェル・ワイズ)に渡す物をウィルに託して彼を見送る。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
マンハッタン
別居中の妻から、離婚届を突きつけられたウィル・ヘイズは、娘マーヤに、離婚についてや結婚の馴れ初めを聞かれる。
ウィルは、父親としての考えをマーヤに話し、付き合った3人の女性の中から、誰が母親かを娘に推理させようとする。
1990年代。
学生のウィルは恋人エミリーとの結婚を決意する。
卒業後ウィルは、大統領候補ビル・クリントンの選挙事務所で、雑用係エイプリルに出会い親しくなる。
その場で自分の能力が活かせないことで落胆するウィルは、ある日、エイミーと彼女の親友サマーが愛し合っていたことを知ってしまう。
ウィルは、それを全く気にしないサマーと親密な関係になっていく・・・
そんな父親ウィルの、恋愛遍歴を聞かされたマーヤは、全てが空回りの出来事が続いた父に同情してしまう・・・。
___________

親子の絆や愛情を、心温まる雰囲気で描いただけでなく、三人三様の女性との恋愛遍歴を、コミカル且つ情愛を込めて描いた、味わいのある作品である。

ビル・クリントンの大統領選やスキャンダルも絡め、当時の時代背景もうまく描写されていている。

終盤まで天才子役アビゲイル・ブレスリンの登場が抑えられているのだが、クライマックスでは、父親を励まし幸せを掴ませようとする、さすがに大人顔負けの、説得力ある演技を見せてくれる。

難しい年頃の娘に、人生を教えようとして逆に後押しされ、新たな人生を歩もうとする男性を、ライアン・レイノルズが爽やかに演じている。

結局は主人公を選ぶ多感な女性アイラ・フィッシャー、60歳過ぎの教授と付き合う謎めいた女性レイチェル・ワイズ、彼女の相手役のケヴィン・クライン、主人公の妻エリザベス・バンクス、同僚デレク・ルーク、元上司役のネスター・セラーノなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021