4551 Movies

狼の死刑宣告 Death Sentence (2007)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

監督マイケル・ウィナーチャールズ・ブロンソン主演の「狼よさらば」(1974)などの原作者として知られるブライアン・ガーフィールドが、1975に発表した小説”Death Sentence”を基に製作された作品。
愛する息子をギャングに殺された平凡な男性の復讐劇を描く、監督ジェームズ・ワン、主演ケヴィン・ベーコンケリー・プレストンジョン・グッドマンギャレット・ヘドランド他共演の犯罪ドラマ。


ドラマ(サスペンス/犯罪)


スタッフ キャスト
監督:ジェームズ・ワン

製作
アショク・アムリトラジ
ハワード・ボールドウィン
カレン・ボールドウィン
製作総指揮
アンドリュー・シュガーマン
ニック・ノートン
ニック・ハンソン
ラース・シルヴェスト
原作:ブライアン・ガーフィールドDeath Sentence
脚本:イーアン・マッケンジー・ジェファーズ
撮影:ジョン・R・レオネッティ
編集:マイケル・N・クヌー
音楽:チャーリー・クロウザー

出演
ニック・ヒューム:ケヴィン・ベーコン
ヘレン・ヒューム:ケリー・プレストン
ボーンズ・ダーリー:ジョン・グッドマン
ルーカス・ヒューム:ジョーダン・ギャレット
ブレンダン・ヒューム:スチュアート・ラファティ
ビリー・ダーリー:ギャレット・ヘドランド
ジョー・ダーリー:マット・オリアリー
ジェシカ・ウォリス刑事:アイシャ・タイラー
ボディー:エディ・ガテギ
スピンク:リー・ワネル
オーウェン:リッチ・セラウロ
ヘコ:ヘクター・アトレイユ・ルイス

アメリカ 映画
配給 20世紀FOX
2007年製作 105分
公開
北米:2007年8月31日
日本:2009年10月10日
製作費 $20,000,000
北米興行収入 $9,479,760
世界 $16,964,310


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
投資会社の副社長ニック・ヒューム(ケビン・ベーコン)は、妻ヘレン(ケリー・プレストン)と二人の息子ブレンダン(スチュアート・ラファティ)とルーカス(ジョーダン・ギャレット)と共に平穏な暮らしをしていた。

将来有望なアイスホッケー選手である高校生のブレンダンだったが、ルーカスはそれに反感を抱いていた。

ある日、ブレンダンの試合を観戦して帰る途中、ニックは暴走車を気にしながら給油のためにガソリンスタンドに寄る。

ドリンクを買っていたブレンダンは、暴走車で現れた強盗に襲われて喉を切られてしまう。

車と衝突して何もできなかったニックは、逃亡しようとするジョー・ダーリー(マット・オリアリー)に飛びかかり顔を見るが、殴り倒されて逃げられる。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
投資会社の副社長ニック・ヒュームは、妻ヘレンと息子ブレンダンとルーカスと共に平穏な暮らしをしていた。
将来有望なアイスホッケー選手であるブレンダンの試合を見た帰りにニックは、ガソリンスタンドでギャング達に襲われる。
犯人の一人の顔を見たニックは、喉を切られたブレンダンを病院に運ぶものの手遅れだった。
息子を失った悲しみの中、警察に呼ばれたニックは、容疑者のジョーが犯人であることを確認する。
ところが、終身刑を望むニックの考えは検事に聞き入れられず、取り引きすることになる。
証人として出廷したニックは、記憶があいまいだったと言って、ジョーが犯人であったという証言を撤回してしまう。
その後、釈放されたジョーの行動を追い、襲い掛かって刺殺してしまったニックは、ジョーの兄であるビリーとギャングに命を狙われることになる・・・。
__________

人気シリーズとなった、チャールズ・ブロンソン主演の「狼よさらば」(1974)などの原作者として知られるブライアン・ガーフィールドの小説”Death Sentence”の映画化で、「ソウ」シリーズで知られるジェームズ・ワンの監督作品。

愛する家族を極悪人に殺された平凡な男性の復讐劇を描く内容は、上記のように、”デス・ウィッシュ”シリーズを彷彿させる。

殺人に対する死の報復が解決策にならないと分かっていても、愛する家族を奪われた者として決断するしかない、主人公の苦しい思いや心情を描く物語でもある。

また、極悪人が暴れ回る血の抗争を描く犯罪映画だが、家族愛に重点を置いているところがポイントの作品。

主演のケヴィン・ベーコンは、解決策にならないものの、愛する家族を失った者として。復讐しか考えられない辛い立場の主人公を熱演している。

主人公の妻ケリー・プレストン、殺される長男スチュアート・ラファティ、次男のジョーダン・ギャレット、極悪ギャング兄弟(ギャレット・ヘドランドマット・オリアリー)の父親で銃の密売人ジョン・グッドマン、事件の担当刑事アイシャ・タイラー、ギャングのエディ・ガテギリー・ワネル、ヘクター・アトレイユ・ルイス、主人公の部下ヘクター・アトレイユ・ルイスなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021