4233 Movies

デス・レース2000年 Death Race 2000 (1975)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

イブ・メルキアーの短編小説”The Racer”を基に製作された作品。
荒廃した世界の唯一の娯楽”デス・レース”に挑むレーサーたちの戦いを描くロジャー・コーマン製作のカルトムービー。
出演デヴィッド・キャラダインシモーネ・グリフェス、そして、翌年「ロッキー」でブレイクするシルヴェスター・スタローンに注目!!


アクション/アドベンチャー

シルヴェスター・スタローン / Sylvester Stallone 作品一覧


スタッフ キャスト ■
監督:ポール・バーテル
製作:ロジャー・コーマン
原作:イブ・メルキアー”The Racer”
脚本
ロバート・ソム

チャールズ・グリフィス
撮影:タク・フジモト
編集:ティナ・ハーシュ
音楽:ポール・チハラ

出演
フランケンシュタイン:デヴィッド・キャラダイン

アニー・スミス:シモーネ・グリフェス
”マシンガン”ジョー・ヴィテルボ:シルヴェスター・スタローン
”カラミティ”ジェーン・ケリー:メアリー・ウォロノフ
マチルダ:ロバータ・コリンズ
レイ”ネロ・ザ・ヒーロー”ロネガン:マーティン・コーヴ
マイラ:ルイザ・モリッツ
ジュニア・ブルース:ドン・スティール
グレイス・パンダー:ジョイス・ジェイムソン
”ハーマン・ザ・ジャーマン”ボッホ:フレッド・グランディ
トマシアーナ・ペイン:ハリエット・メディン
ディーコン:ビル・モーレイ
クレオパトラ:レスリー・マクレイ
メカニック:ジョン・ランディス
フランケンシュタインの主治医:ポール・バーテル

アメリカ 映画
配給 ニューワールド・ピクチャーズ

1975年製作 79分
公開
北米:1975年4月27日
日本:1977年6月11日
製作費 $300,000
北米興行収入 $5,000,000


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
2000年、ニューヨーク
今年も、国民の唯一の娯楽である大陸横断”デス・レース”が開催される。

参加レーサーの”カラミティ”ジェーン・ケリー(メアリー・ウォロノフ)が登場して、重傷を負っていたフランケンシュタイン(デヴィッド・キャラダイン)の復活を主治医(ポール・バーテル)が発表する。

続いてマチルダ(ロバータ・コリンズ)、レイ”ネロ・ザ・ヒーロー”ロネガン(マーティン・コーヴ)とナビゲーターのクレオパトラ(レスリー・マクレイ)がコースに現れる。

フランケンシュタインは、ナビゲーターのアニー・スミス(シモーネ・グリフェス)と対面して準備を始める。

”マシンガン”ジョー・ヴィテルボ(シルヴェスター・スタローン)も派手に登場して、そして、奇跡の生還を果たしたヒーロー、フランケンシュタインがコースに姿を現す。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
ニューヨーク
独裁的権力を持つ大統領支配の下、荒廃する世の中での唯一の娯楽”デス・レース”が今年も開催される。
ゴールの西海岸ニュー・ロサンゼルスを目指すレースは、速さを競う以外に、文字通り、殺人でポイントを得られる死のレースだった。
瀕死の重傷から復活したヒーロー、レーサーのフランケンシュタインをはじめ、ライバルの”マシンガン”ジョーら5台のマシンはスタートを切る。
フランケンシュタインのナビゲーター、アニーは、アメリカ政府を潰す計画の、レジスタンスのスパイだった。
激しいレースが続く中、フランケンシュタインは、レースの勝利以外の目的のために、ゴールを目指す・・・。
__________

ロジャー・コーマンと盟友とも言えるポール・バーテルのカルトムービー、主演がデヴィッド・キャラダインであり、翌年「ロッキー」(1976)公開を控えるシルヴェスター・スタローンの出演がなければ、何とも悪趣味な内容に、多分、鑑賞する気になれなかっただろうという作品でもある。

しかし、わずか30万ドルで製作したにも拘らず、少々古風だが特撮もあり、カー・アクションの迫力もまずまず楽しめる。

スプラッター・ムービーではあるが、それほど生々しい映像でもない・・・ これぞ、正にB級映画の決定版として割り切って観れば宜しいのではないだろうか。

2008年に、ジェイソン・ステイサムが主演でリメイク作「デス・レース」が公開された。

謎のレーサー、ヒーロー的な存在でもある、思わせぶりな演技も注目のデヴィッド・キャラダイン、反政府組織のスパイでもある、ナビゲーターのシモーネ・グリフェス、肉体はまだ「ロッキー」用には仕上がってはいないが、派手な演技も目立つ、大スターになるとも思えないところが今観ると実に興味深いシルヴェスター・スタローン、レーサーのメアリー・ウォロノフマーティン・コーヴロバータ・コリンズ、ナビゲーター役のルイザ・モリッツフレッド・グランディ、レスリー・マクレイ、キャスター役のドン・スティール、コメンテーター役のジョイス・ジェイムソン、レジスタンスのリーダー、ハリエット・メディン、メカニック役で、当時はスタントマンでもあったジョン・ランディス、監督のポール・バーテルも、主人公の主治医役で登場する。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020