4213 Movies

ラブ・アゲイン Crazy, Stupid, Love. (2011)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

ハリウッドの実力派人気スターが顔を揃え家族愛やロマンスを描く、製作、主演スティーヴ・カレルライアン・ゴズリングジュリアン・ムーアエマ・ストーンマリサ・トメイケヴィン・ベーコン他共演、監督グレン・フィカーラジョン・レクアによる必見の痛快コメディ。


ロマンチック・コメディ

スティーヴ・カレル / Steve Carell / Pinterest
ジュリアン・ムーア / Julianne Moore / Pinterest


スタッフ キャスト ■
監督
グレン・フィカーラ

ジョン・レクア
製作総指揮
デイヴィッド・A・シーゲル
ヴァンス・デジェネレス

チャーリー・ハートソック
製作
スティーヴ・カレル

デニース・ディ・ノーヴィ
脚本:ダン・フォーゲルマン
編集:リー・ヘイキソール
撮影:アンドリュー・ダン
音楽
クリストフ・ベック

ニック・ウラタ

出演
キャル・ウィーバー:スティーヴ・カレル

ジェイコブ・パーマー:ライアン・ゴズリング
エミリー・ウィーバー:ジュリアン・ムーア
ハンナ・ウィーバー:エマ・ストーン
ジェシカ・ライリー:アナリー・ティプトン
ロビー・ウィーバー:ジョナ・ボボ
バーニー・ライリー:ジョン・キャロル・リンチ
クレア・ライリー:ベス・リトルフォード
ケイト・タファティ:マリサ・トメイ
デヴィッド・リンハーゲン:ケヴィン・ベーコン
マディソン:ジュリアナ・ギル
モリー・ウィーバー:ジョーイ・キング
リチャード:ジョッシュ・グローバン
アミ:春名愛海

アメリカ 映画
配給 ワーナー・ブラザーズ

2011年製作 118分
公開
北米:2011年7月29日
日本:2011年11月19日
製作費 $50,000,000
北米興行収入 $84,351,200
世界 $142,851,200


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
中年夫婦のキャル・ウィーバー(スティーヴ・カレル)と妻のエミリー(ジュリアン・ムーア)は、長男ロビー(ジョナ・ボボ)と次女のモリー(ジョーイ・キング)を、ベビー・シッターのジェシカ・ライリー(アナリー・ティプトン)に任せて食事のために外出する。

食事を終えて、デザートを選ぼうとしていたキャルは、エミリーから離婚を迫られてしまい驚く。

結婚して25年、エミリーの浮気相手が、会社の同僚で、会計士のデヴィッド・リンハーゲン(ケヴィン・ベーコン)だと知りショックを受けたキャルは、彼女が話を止めないやので、車から飛び降りてしまう。
・・・全てを見る


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
中年男性キャル・ウィーバーは妻エミリーから離婚話を切り出される。
放心状態のキャルは、エミリーの浮気相手が、同僚の会計士デヴィッドだと知り、それを息子のロビーにも話してしまう。
両親の離婚に驚くロビーだったが、彼は、心を寄せるベビーシッターのジェシカのことで頭の中が一杯だった。
ショックを受けたキャルは、あるバーで、愚痴ばかりをこぼしていたところ、プレイボーイのジェイコブから声をかけられる。
ダサい中年のキャルだったが、ジェイコブは、ナイスガイに思える彼に力を貸して、妻が見直す男にすることを約束する。
それに乗ったキャルは、ジェイコブに鍛えられながら、女性の心を掴む方法を身につけ変化していくのだが・・・。
__________

人気コメディアンのスティーヴ・カレルと、実力派のジュリアン・ムーアが夫婦役だというだけで興味津々の作品で、最近観たコメディの中では群を抜いた快心作だ。

北米興行収入は約8400万ドル、全世界では約1億4300万ドルのヒットとなった。

高額ギャラのビッグ・スターでもあるスティーヴ・カレルは、正にはまり役であり、実は彼より2歳年上のジュリアン・ムーアも、若々しくて美しい母親を魅力的に演じている。

いきなり別れてしまうのだが、張り切り過ぎない主演二人の確かな演技、子供達や、干渉し過ぎない友人達の絶妙な絡みとバランス感覚、その醸し出す雰囲気がたまらない、グレン・フィカーラジョン・レクアの軽快な演出も冴える作品だ。

それに加え、憎たらしいほど決まっているライアン・ゴズリングが、男の目から見ても、全く嫌味を感じさせないプレイボーイという、不思議な感覚の超ナイスガイに見える演出が素晴らしい。

その他のビッグ・ネームも注目なのだが、主人公の息子ジョナ・ボボの、ベビー・シッター、アナリー・ティプトンに対する片想いのエピソードも実に爽やかに描かれている。

特に美人とも言えないアナリー・ティプトンの存在が妙に気になるのだが、モデルとして活躍する長身の彼女は、その雰囲気も見せる重要な役柄として印象に残る。

彼女と誕生日が3日しか違わない、主人公の娘だった、こちらもキュートなエマ・ストーン、主人公の友人で、ジェシカ(A・ティプトン)の父で巨漢のジョン・キャロル・リンチ、その妻ベス・リトルフォード、主人公と愛し合ってしまう、ロビー(J・ボボ)担任教師マリサ・トメイ、エミリー(J・ムーア)の浮気相手ケヴィン・ベーコン、ジェシカのクラスメイト、ジュリアナ・ギル、主人公の娘ジョーイ・キング、ハンナ(E・ストーン)の同僚で歌手のジョッシュ・グローバンなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020