4216 Movies

クラッシュ Crash (2004)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

ある交通事故と事件をきっかけに、様々な人種間で起きる偏見とそれに関わる者達の繋がりを描く、アカデミー作品賞他受賞、製作、監督、原案、脚本ポール・ハギス、出演ドン・チードルマット・ディロンブレンダン・フレイザーサンドラ・ブロック他共演のドラマ。


ドラマ(サスペンス/犯罪)

サンドラ・ブロック / Sandra Bullock 作品一覧


スタッフ キャスト ■
監督:ポール・ハギス
製作
ポール・ハギス

ドン・チードル
ロバート・モレスコ
キャシー・シュルマン
ボブ・ヤーリ
製作総指揮
アンドリュー・ライマー

トム・ヌナン
ジャン・コベルリン
マリーナ・グラシック
原案:ポール・ハギス
脚本
ポール・ハギス

ロバート・モレスコ
撮影:J・マイケル・ミューロー
編集:ヒューズ・ウィンボーン
音楽:マーク・アイシャム

出演
グラハム・ウォーターズ:ドン・チードル

リア:ジェニファー・エスポジート
ジョン・ライアン:マット・ディロン
トム・ハンセン:ライアン・フィリップ
リック・キャボット:ブレンダン・フレイザー
ジーン・キャボット:サンドラ・ブロック
フラナガン:ウィリアム・フィクトナー
アンソニー:クリス“リュダクリス”ブリッジス
ピーター:ラレンズ・テイト
キャメロン・サイヤー:テレンス・ハワード
クリスティン・サイヤー:タンディ・ニュートン
ダニエル・ルイス:マイケル・ペーニャ
ファハド:ショーン・トーブ
ドリ:バハー・スーメク
ディクソン:キース・デイヴィッド
カレン:ノーナ・ゲイ
シャニクア・ジョンソン:ロレッタ・ディヴァイン
”ポップ”ライアン:ブルース・カービー
フレッド:トニー・ダンザ
エリザベス・ルイス:カリーナ・アロヤヴ
パク:ダニエル・デイ・キム
ウォーターズに母親:ビヴァリー・トッド

アメリカ 映画
配給 ライオンズゲート

2004年製作 112分
公開
北米:2005年5月6日
日本:2006年2月11日
製作費 $6,500,000
北米興行収入 $54,580,300
世界 $98,410,060


アカデミー賞 ■
第78回アカデミー賞
・受賞
作品・脚本・編集
・ノミネート
監督
助演男優(マット・ディロン)
歌曲賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
ロサンゼルス
市警の黒人刑事グラハム・ウォーターズ(ドン・チードル)は、同僚でヒスパニック系の恋人リア(ジェニファー・エスポジート)と車で移動中に事故に巻き込まれる。

その場が、たまたま若者の死体発見現場であったため、ウォーターズは付近を調べ始めるのだが・・・。

昨日。
ペルシャ系の小売店主ファハド(ショーン・トーブ)は、銃砲店の店主にアラブ系と思われて口論になりその場を去る。

ファハドの娘ドリ(バハー・スーメク)は、銃と弾丸を購入して店を出る。

白人の黒人に対する偏見を異常なほど気にする黒人青年アンソニー(クリス“リュダクリス”ブリッジス)は、通りに車を止めていた地方検事で白人のリック・キャボット(ブレンダン・フレイザー)と妻ジーン(サンドラ・ブロック)を友人ピーター(ラレンズ・テイト)と共に襲う。
・・・全てを見る


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
ロサンゼルス
市警の黒人刑事グラハム・ウォーターズは、恋人で同僚のリアと交通事故に巻き込まれ、付近で発生した死体遺棄現場を調べる。
地方検事である白人のリック・キャボットと妻ジーンは、黒人青年アンソニーとピーターに車を奪われる。
ペルシャ系の小売店店主ファハドは、娘ドリと共に銃砲店で銃を手に入れるが、鍵屋のメキシコ系ルイスに鍵の交換ができないと言われ、その後、店が襲われて絶望する。
差別主義者の白人警官ライアンは、テレビ・プロデューサーのキャメロンの車を止めて、妻クリスティンを侮辱する。
辱めを受けたクリスティンは、抵抗しなかった夫を非難し夫婦間に亀裂が生じる・・・。
__________

ミリオンダラー・ベイビー」(2004)の脚本で脚光を浴びてオスカー候補になったポール・ハギスが製作、監督、脚本を担当した意欲作。

1991年、ポール・ハギスが愛車のポルシェをカージャックされた事件を基にして、ロバート・モレスコと共同で脚本を書き上げた作品。

様々な人種と職業の登場人物が、微妙に繋がりを見せる群像劇とサスペンス・タッチの展開、アメリカの社会問題の縮図を描きながら、終盤は人情ドラマとも言える内容となっている。

人種間の”衝突”により人生が狂い始める人々の運命を切実に描く、深いドラでもある。

第78回アカデミー賞では、作品、脚本、編集賞を受賞し、監督、助演男優(マット・ディロン)、歌曲賞にノミネートされた。

家族の問題を抱え権力からの圧力なども受けながら職務に就く刑事ドン・チードル、その恋人で同僚ジェニファー・エスポジート、差別主義者の警官役マット・ディロン、その相棒のライアン・フィリップ、地方検事補ブレンダン・フレイザー、その妻サンドラ・ブロック、検事の部下ウィリアム・フィクトナー、街の小悪党クリス“リュダクリス”ブリッジス、その友人役ラレンズ・テイト、テレビ・ディレクター、テレンス・ハワード、その妻タンディ・ニュートン、鍵屋のマイケル・ペーニャ、その妻カリーナ・アロヤヴ、小売店店主ショーン・トーブ、その娘バハー・スーメク市警の警部補キース・デイヴィッド、検事秘書のノーナ・ゲイ、保険会社代理人役のロレッタ・ディヴァイン、刑事の母親役ビヴァリー・トッドなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020