4215 Movies

コンフェッション Confessions of a Dangerous Mind (2002)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

数々のヒット番組を制作したアメリカのテレビ・プロデューサー、チャック・バリスが1984年に発表した自叙伝”Confessions of a Dangerous Mind”を基に製作された作品。
CIA工作員だった著名なTVプロデューサーの歩んだ二重生活を描く、製作総指揮スティーヴン・ソダーバーグ、監督、出演ジョージ・クルーニー、主演サム・ロックウェルドリュー・バリモアジョージ・クルーニージョージ・クルーニージュリア・ロバーツマギー・ギレンホールブラッド・ピットマット・デイモン他共演のコメディ・ドラマ。


ドラマ(コメディ)

ジョージ・クルーニー / George Clooney 作品一覧
スティーヴン・ソダーバーグ / Steven Soderbergh 作品一覧


スタッフ キャスト ■
監督:ジョージ・クルーニー
製作総指揮
スティーヴン・ソダーバーグ

スティーヴン・エヴァンス
ジョナサン・ゴードン
ランド・ラヴィンチ
ボブ・ワインスタイン
ハーヴェイ・ワインスタイン
製作:アンドリュー・ラザー
原作:チャック・バリス”Confessions of a Dangerous Mind”
脚本:チャーリー・カウフマン

撮影:ニュートン・トーマス・サイジェル
編集:スティーヴン・ミリオン

音楽:アレックス・ワーマン

出演
チャック・バリスサム・ロックウェル

ペニー・パチーノ:ドリュー・バリモア
ジム・バード:ジョージ・クルーニー
パトリシア・ワトソン:ジュリア・ロバーツ
キーラー:ルトガー・ハウアー
ラリー・ゴールドバーグ:ジェリー・ワイントローブ
ジェンクス:ロバート・ジョン・バーク
デビー:マギー・ギレンホール
チャック・バリス(少年期):マイケル・セラ
キャスティングをする幹部:リチャード・カインド
トゥーヴィア:レイチェル・レフィブレ
ザ・デーティング・ゲームの参加者:ブラッド・ピット
ザ・デーティング・ゲームの参加者:マット・デイモン
本人:ディック・クラーク
本人:ジェイ・P・モーガン
本人:ジーン・ジーン・ザ・ダンシング・マシーン
本人:ジム・ラング
本人:チャック・バリス

アメリカ 映画
配給 ミラマックス

2002年製作 113分
公開
北米:2002年12月31日
日本:2003年8月16日
製作費 $30,000,000
北米興行収入 $16,003,580
世界 $33,013,810


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
1981年、ニューヨーク
ホテルで隠れて暮らすチャック・バリス(サム・ロックウェル)は、人を恐れ自分自身を恥じて、訪ねて来た恋人ペニー・パチーノ(ドリュー・バリモア)と、ドア越しに話しをするだけで会おうともしない。

その後チャックは、無駄にした自分の歩んだ道を書き残し、教訓にしようとする。
__________

11歳の時に、妹の友達トゥーヴィアと性的な体験をしたチャックは、その後、女性を求め続けた。

1955年、ニューヨーク
チャックは、テレビ業界に将来性を感じて”NBC”に入社し、管理職を目指すと言っては女性をものにしていたが、やがて彼は、人員削減でクビになってしまう。

1961年、フィラデルフィア
ABC”の臨時職員になったチャックは、自分の体験を歌にしたりもして、同僚のデビー(マギー・ギレンホール)と関係を持つ。

・・・全てを見る


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
1950年代半ば、女性好きだけが取り柄だったチャック・バリスは、テレビに将来性を感じて業界に入る。
NBCからABCに移り、同僚と関係を持ったチャックは、そのルームメイトのペニーと愛し合うようになる。
やがてチャックは、新企画のテレビ・ショー”ザ・デーティング・ゲーム”を発案するが没になってしまう。
そんな時チャックは、CIA情報員バードと接触し、工作員としてリクルートされ、暗殺者の訓練を受けることになる。
そしてチャックは、ヒット番組を世に出しながら、裏では工作員としての活動を続けるのだが・・・。
__________

情報機関のない日本社会を考えながら観ると、空想の出来事の様に思えてしまう物語であるが、似たような話や映画も数あるのは事実で、それが当然のように行なわれている現状を思うと、いかに自分達の国家、国民の意識が軟弱かかがよく理解できる。

大筋ではコメデで、冒頭とクライマックスは、サスペンス・タッチのシリアス・ドラマとなっている。

出演も兼ねるジョージ・クルーニーの初監督作品であり、盟友スティーヴン・ソダーバーグも製作に参加し、彼の作品ではお馴染みのジュリア・ロバーツや、カメオ出演で、ブラッド・ピットマット・デイモンら、クルーニースティーヴン・ソダーバーグ・ファミリーとも言えるスターも登場する。

日本でも亜流番組が放送されているので、オリジナル番組の様子などが、雰囲気ある描写で映しだされるのも興味深い。

軽いノリでコミカルに、また、苦悩する場面では、実力派らしく深みのある演技で主人公のチャック・バリスを熱演するサム・ロックウェル、その恋人ドリュー・バリモア、謎の男、CIA情報員のジョージ・クルーニー、同じく工作員ジュリア・ロバーツルトガー・ハウアーABC社長のジェリー・ワイントローブ連邦通信委員会委員ロバート・ジョン・バーク、主人公と関係を持つ同僚マギー・ギレンホール、主人公の少年期マイケル・セラ、番組のキャスティングをする幹部リチャード・カインド、主人公の初体験の相手レイチェル・レフィブレチャック・バリスと関係のある人物としてインタビュー形式で登場するディック・クラークジェイ・P・モーガンジーン・ジーン・ザ・ダンシング・マシーンジム・ラング、そして、チャック・バリス本人がラストで登場する。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020