4233 Movies

訴訟 Class Action (1991)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

正義のために闘う父と昇進を狙う娘の対決が父娘愛を取り戻すきっかけとなるという、集団訴訟の場で戦う親子を描く、監督マイケル・アプテッド、主演ジーン・ハックマンメアリー・エリザベス・マストラントニオローレンス・フィッシュバーン他共演のドラマ。


ドラマ


スタッフ キャスト ■
監督:マイケル・アプテッド
製作
テッド・フィールド

スコット・クルーフ
ロバート・W・コート
脚本
キャロリン・シェルビー
クリストファー・エイムズ
サマンサ・シャッド
撮影:コンラッド・L・ホール

編集:イアン・クラッフォード
音楽:ジェームズ・ホーナー

出演
ジーン・ハックマン:ジェデダイア・タッカー・ウォード
メアリー・エリザベス・マストラントニオ:マギー・ウォード
コリン・フリールズ:マイケル・グレイザー
ジョアンナ・マーリン:エステル・ウォード
ローレンス・フィッシュバーン:ニック・ホルブルック
ドナルド・モファット:クイン
ヤン・ルーベス:パヴェル
マット・クラーク:シムズ判事
フレッド・トンプソン:ゲッチェル博士
ロバート・デヴィッド・ホール:スティーヴン・ケレン

アメリカ 映画
配給 20世紀FOX
1991年製作 109分
公開
北米:1991年3月15日
日本:1991年11月
北米興行収入 $24,277,860
世界 $28,277,920


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
市民のために闘う弁護士として信頼のあるジェデダイア・タッカー・ウォード(ジーン・ハックマン)は、自動車会社大手”アルゴ・モータース”の”メレディアン”が起こした爆発事故で、欠陥車として訴訟を起こした裁判の弁護を引き継ぐ。

同じ弁護士であるウォードの娘マギー(メアリー・エリザベス・マストラントニオ)は、自分の法律事務所のクライアントであるアルゴの弁護の担当を、恋人でもある上司マイケル・グレイザー(コリン・フリールズ)に希望する。

ウォードの助手ニック・ホルブルック(ローレンス・フィッシュバーン)は、前任者が3年間争った末に投げた裁判に、勝ち目がないと忠告する。

しかし、ウォードの熱意にニックも納得し、大企業相手の闘いに意欲を燃やす。

是が非でもアルゴの裁判で勝訴を勝ち取り、主任弁護士の地位を得たいマギーは、アルゴの裁判の原告側弁護士が父ウォードだと知り、彼に弁護を降りるように頼むが、それを拒絶される。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

1972年に起きた、フォード社の”フォード・ピント”の追突炎上事故による、その後の調査結果などを基に製作された作品。

*(簡略ストー リー)
弱者のために働く弁護士として信頼を得ていたジェデダイア・タッカー・ウォードは、自動車大手”アルゴ・モータース”の”メレディアン”が起こした爆発事故で、それを欠陥車とする訴訟裁判の弁護を引き継ぐ。
激務のために家庭を犠牲にしたウォードは、同じく弁護士になった娘マギーとの溝が埋められないままだった。
ウォードの助手ニックは、3年間続く裁判に勝ち目がないと考える。
しかし、ウォードの正義のために闘おうとする熱意に負け、ニックも意欲を燃やす。
一方、マギーは、主任弁護士の地位を得るために、アルゴの弁護を引き受ける。
しかし、原告側の弁護士がウォードだと知り、弁護を降りるよう父を説得するのだが・・・。
__________

不仲の父娘関係をメインテーマにしているストーリーだが、法廷劇としても十分に見応えがあり、妥協を許さない法廷での親子対決は興味深い。

人の命が絡んだ重要な問題を、計算上の損得で解決しようとする人間性の欠けた考えや恐ろしさ、その巨大権力に立ち向かおうとする正義感と勇気がドラマの根幹を貫く。
マイケル・アプテッドの力強い演出や、その正義が人の心を動かし親子の溝も埋めてくれるという、爽やかな結末も心地よい。

長い下積み生活から現在まで、約50年のキャリアを持ち、1960年代末から、実力派としてハリウッドに君臨し続ける、大スター、ジーン・ハックマンの円熟の演技は見ものだ。
60歳過ぎて尚もパワー漲る迫力と、繊細な表現力は他を圧倒している。

昇進を兼ねた父への復讐心に燃える、力強い演技を見せてくれるメアリー・エリザベス・マストラントニオ、自らの保身のために、恋人である彼女を利用する主任弁護士コリン・フリールズ、夫と娘の不仲に心痛めながら他界してしまうジョアンナ・マーリン、正義感溢れるウォード(G・ハックマン)の助手ローレンス・フィッシュバーン、勝訴のためには手段を選ばない弁護士事務所所長ドナルド・モファット、欠陥を指摘する元エンジニア、ヤン・ルーベス、判事マット・クラーク、欠陥車の開発責任者のフレッド・トンプソン、原告のロバート・デヴィッド・ホールなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020