4214 Movies

タイタンの戦い Clash of the Titans (1981)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

ギリシャ神話”を基にした若き英雄ペルセウスの冒険と恋を描く、製作、特撮レイ・ハリーハウゼン、主演ローレンス・オリヴィエクレア・ブルームマギー・スミスハリー・ハムリンバージェス・メレディス他共演、監督デズモンド・デイヴィスによるファンタジー・アドベンテャー。


アクション/アドベンチャー


スタッフ キャスト ■
監督:デズモンド・デイヴィス
製作
チャールズ・H・シニア
レイ・ハリーハウゼン
脚本:ビバーリー・クロス
撮影:テッド・ムーア
編集:ティモシー・ギー
特撮:レイ・ハリーハウゼン
音楽:ローレンス・ローゼンタール

出演
ゼウスローレンス・オリヴィエ
ヘーラークレア・ブルーム
テティスマギー・スミス
ペルセウスハリー・ハムリン
アモン:バージェス・メレディス
アンドロメダジュディ・バウカー
アフロディーテウルスラ・アンドレス
ポセイドンジャック・グウィリム
アテナスーザン・フリートウッド
ヘーパイストスパット・ローチ
カシオペアシアン・フィリップス
カリボス:ニール・マッカーシー
サロー:ティム・ピゴット=スミス
アクリシオスドナルド・ヒューストン
ダナエー:ヴィダ・テイラー
地獄の魔女1フローラ・ロブソン
地獄の魔女2アンナ・マナハン
地獄の魔女3フリーダ・ジャクソン
狩人:ハリー・ジョーンズ

アメリカ 映画
配給 MGM
1981年製作 118分
公開
北米:1981年6月12日
日本:1981年12月5日
製作費 $15,000,000
北米興行収入 $41,092,330


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
アルゴスの国王アクリシオス(ドナルド・ヒューストン)の娘であるダナエー(ヴィダ・テイラー)は、全能の神ゼウス(ローレンス・オリヴィエ)との戯れの恋に落ち男の子を生む。

国王はそれを罪として、ダナエーは男児共々、海に投げ捨てられてしまう。

一方ゼウスは、妻のヘーラー(クレア・ブルーム)、海の女神テティス(マギー・スミス)、美と愛の女神アフロディーテ(ウルスラ・アンドレス)、知恵と学問の女神アテナ(スーザン・フリートウッド)らと悠然と暮していた。

ダナエーのことを知ったゼウスは激怒し、海の神ポセイドン(ジャック・グウィリム)に、クラーケンを放ちアルゴスを滅ぼすよう命ずる。

災いが起きたアルゴスは滅び、ダナエーと子供は遠い海へ、そしてセリポス島へと運ばれ救われる。

その後、ダナエーと息子は幸せな生活を続け、時は流れて、男児は逞しい青年ペルセウス(ハリー・ハムリン)に成長する。

ゼウスは、ペルセウスの成長を確認し、罪を犯した海の女神テティス(マギー・スミス)の息子カリボス(ニール・マッカーシー)を罰し、沼地で暮す醜い姿に変えてしまう。
・・・全てを見る


解説 評価 感想 ■

参考:
・「タイタンの戦い」(1981)
・「タイタンの戦い」(2010)
・「タイタンの逆襲」(2012)

*(簡略ストー リー)
全能の神ゼウスとの戯れの恋に落ちたアルゴスの王女ダナエーは、男児を出産する。
国王アクリシオスはそれを罪とし、二人を海に投げ捨ててしまう。
それに怒ったゼウスは、アルゴスを滅ぼすように海の神ポセイドンに命じて、ダナエーとその息子の命を助ける。
やがて、男児は逞しい青年ペルセウスに成長して、彼を擁護するゼウスは、海の女神テティスの罪深き息子カリボスを、醜い姿に変え沼地に追いやってしまう。
それを不服としたテティスは、カリボスの婚約者であるアンドロメダに呪いをかける。
ダナエーの故国アルゴスに向かったペルセウスは、アンドロメダの美しさに惹かれ、彼女への呪いを解くため立ち上がる・・・。
__________

2010年に超大作同名作品「タイタンの戦い」としてリメイクされた。

特撮映画の巨匠レイ・ハリーハウゼンと盟友チャールズ・H・シニアの意欲作であり、その健在振りを世界に示した作品。

当時「スター・ウォーズ」(1977)等の登場により、格段に進歩していた特撮技術を駆使した作品が公開される中、古風に見えるストップモーション技術を使い、独自の撮影手法を貫き通すレイ・ハリーハウゼンの事実上の引退作品で、多くのファンから賞賛を受けた。

リアリズムを追求する完璧な技術よりも、ファンタジーに夢を与えるキャラクターの動きなど独特の映像表現は観る者を引き付ける。

それに加え、全能の神ゼウスを演ずる20世紀を代表する名優ローレンス・オリヴィエの重厚且つ矍鑠たる演技など、豪華共演陣の顔ぶれも作品に風格を与えている。

多くのキャラクター、美しい王女や女神、そしてモンスターの大袈裟過ぎない登場場面など、見せ場の多い作品でもある。

若き英雄ペルセウス役のハリー・ハムリンゼウスの妻ヘーラークレア・ブルーム、海の女神テティスマギー・スミス、その息子であるカリボスのニール・マッカーシーアンドロメダジュディ・バウカー、その母親カシオペアシアン・フィリップス、詩人で劇作家のアモン役バージェス・メレディス、美と愛の女神アフロディーテ役のウルスラ・アンドレス、海の神ポセイドンジャック・グウィリム、知恵と学問の女神アテナスーザン・フリートウッド、鍛冶の神ヘーパイストスパット・ローチ、兵士ティム・ピゴット=スミスアルゴスアクリシオスドナルド・ヒューストン、その娘で王女ダナエー役のヴィダ・テイラー、地獄の魔女の三姉妹フローラ・ロブソンアンナ・マナハンフリーダ・ジャクソンなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020