4260 Movies

シンデレラ The Slipper and the Rose: The Story of Cinderella (1976)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

名作童話”シンデレラ”を基に製作された、監督、脚本ブライアン・フォーブス、主演ジェマ・クレイヴンリチャード・チェンバレンマーガレット・ロックウッドマイケル・ホーダーンアネット・クロスビーケネス・モア共演のミュージカル。


ミュージカル


スタッフ キャスト
監督:ブライアン・フォーブス

製作:スチュアート・ライオンズ
原作:”シンデレラ
脚本
ブライアン・フォーブス
ロバート・B・シャーマン
リチャード・M・シャーマン
撮影:トニー・イミ
編集:ティモシー・ジー
音楽
ロバート・B・シャーマン
リチャード・M・シャーマン
アンジェラ・モーレイ

出演
シンデレラ:ジェマ・クレイヴン
エドワード王子:リチャード・チェンバレン
継母:マーガレット・ロックウッド
国王:マイケル・ホーダーン
王妃:ラリー・バウワーズ
皇太后:イーディス・エヴァンス
魔法の妖精:アネット・クロスビー
侍従長:ケネス・モア
ジョン:クリストファー・ゲイブル
モンタギュー公爵:ジュリアン・オーチャード
イゾベラ:ロザリンド・エアーズ
パラティン:シェリー・ヒューソン
キャロライン:ポリー・ウィリアムス
ドモ少佐:ジョン・ターナー
ウィロビー:キース・スキナー

イギリス 映画
配給
ユニバーサル・ピクチャーズ(北米)
Cinema International Corporation(世界)
1976年製作 143分
公開
イギリス:1976年3月25日
北米:1976年11月4日
日本:1977年3月26日


アカデミー賞
第50回アカデミー賞

・ノミネート
編曲/歌曲・歌曲賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
ヨーロッパの小国ユーフラニア。
エドワード王子(リチャード・チェンバレン)は、国王、王妃が希望する結婚相手、キャロルスフェルドのセレーナ王女に会い帰国する。

護衛のジョン(クリストファー・ゲイブル)に、王子として暮らす日々の空虚さを語るエドワードは、侍従長(ケネス・モア)に迎えられる。

国王と王妃がよき知らせを待っていると言われたエドワードは、好みでなかった王女とは何も進展がなかったと侍従長に伝える。

エドワードは、政治的同盟のためでなく、愛のために結婚したいことを侍従長に伝える。

遊戯をしていた国王(マイケル・ホーダーン)と王妃(ラリー・バウワーズ)の元に向かったエドワードは、セレーナ王女の件を話せない。

そこに、エドワードの従兄モンタギュー公爵(ジュリアン・オーチャード)が現れる。

エドワードは、王女に結婚を申し込まなかったことを国王に話し、自分の理想とはかけ離れた女性だったことを伝える。

条件ではなく愛で相手を選びたいと言うエドワードに対し、愛は結婚には邪魔だと国王は考える。

エドワードは、皇太后(イーディス・エヴァンス)とモンタギューからも、早く妻を見つければ幸せは、後からついてくると言われても納得できなかった。

最悪の独身男の見本だと言って、モンタギューを追い出した国王は、王妃と皇太后と共に、早く妻を見つけるようエドワードに指示し、結婚に愛は必要ないことを重ねて伝える。

父を亡くした少女シンデレラ(ジェマ・クレイヴン)は、継母(マーガレット・ロックウッド)から酷い仕打ちを受け、意地の悪い義姉イゾベラ(ロザリンド・エアーズ)とパラティン(シェリー・ヒューソン)に屋敷の部屋を奪われ、使用人扱いされる。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
ヨーロッパの小国ユーフラニア。
国王と王妃が希望する相手との政略結婚に納得できないエドワード王子は、愛のために結婚したいと考えていた。
父を亡くした少女シンデレラは、意地の悪い継母と義姉たちから酷い仕打ちを受け、使用人扱いされる。
盛大な舞踏会を開き、王子の妃を選ぶことを侍従長から提案された国王は、エドワードを説得する。
各国王女の大半から出席を拒まれた国王は、同国の貴族を招待する。
招待状が届いたシンデレラの継母は、娘を王子の妃にするために準備を始める。
シンデレラの悲しい人生を知った魔法の妖精は、魔法を使い、彼女を某国王女として舞踏会に出席させようとする。
妖精から、深夜12時には魔法が切れると言われたシンデレラは、カボチャが姿を変えた馬車に乗り城に向かうのだが・・・。
__________

世界中で愛される童話”シンデレラ”を、ミュージカルとして映画化した作品。

約30年のキャリアがある脚本家としても知られる、ブライアン・フォーブスの軽快な演出が見どころの作品でもあり、本職の歌手などが登場しないものの、セリフに溶け込んだ楽曲の数々なども十分に楽しめる。

その、ロバート・B・シャーマンリチャード・M・シャーマン兄弟の曲は、第50回アカデミー賞で編曲/歌曲、歌曲賞にノミネートされた。

シャーマン兄弟は1960年代にディズニー映画で活躍し、「メリー・ポピンズ」(1964)でアカデミー作曲、歌曲賞を受賞している。

小柄でキュートな魅力を活かしシンデレラを演じているジェマ・クレイヴン、彼女に心を奪われ愛し合う、政略結婚を拒む王子リチャード・チェンバレン、意地の悪いシンデレラの継母マーガレット・ロックウッド、国王を愉快に演ずるマイケル・ホーダーン、王妃のラリー・バウワーズ、皇太后のイーディス・エヴァンス、シンデレラに魔法をかける妖精アネット・クロスビー、思慮深い侍従長を印象的に演ずるケネス・モア、王子の護衛クリストファー・ゲイブル、王子の従兄である公爵ジュリアン・オーチャード、シンデレラの義姉ロザリンド・エアーズシェリー・ヒューソン、皇太后の世話係で、ナイトとなったジョン(クリストファー・ゲイブル)と愛し合うポリー・ウィリアムス、少佐のジョン・ターナー、ジョンの代わりに王子の護衛となるキース・スキナーなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020