4130 Movies

チャイルド44 Child 44 (2015)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

2008年に発表された、トム・ロブ・スミスの小説”チャイルド44”を基に製作された作品。
”楽園”の共産主義国家ではあり得ないとされる子供の連続殺人事件を追う保安局員の苦闘を描く、製作リドリー・スコット、監督ダニエル・エスピノーサ、主演トム・ハーディノオミ・ラパスヨエル・キナマンゲイリー・オールドマンヴァンサン・カッセルジェイソン・クラークパディ・コンシダイン他共演のミステリー・スリラー。


ドラマ(サスペンス/犯罪)

ゲイリー・オールドマン / Gary Oldman / Pinterest


スタッフ キャスト
監督:ダニエル・エスピノーサ
製作
リドリー・スコット
マイケル・シェイファー
グレッグ・シャピロ
製作総指揮
アダム・メリムズ
エリーシャ・ホームズ
ダグラス・アーバンスキー
ケヴィン・プランク
モリー・コナーズ
マリア・セストーン
サラ・E・ジョンソン
ホイト・デヴィッド・モーガン
原作:トム・ロブ・スミスチャイルド44
脚本:リチャード・プライス
撮影:オリヴァー・ウッド
編集
ピエトロ・スカリア
ディラン・ティチェナー
音楽:ヨン・エクストランド

出演
レオ・デミドフ:トム・ハーディ
ライーサ・デミドワ:ノオミ・ラパス
ワシーリー・ニキティン:ヨエル・キナマン
ネステロフ将軍:ゲイリー・オールドマン
クズミン少佐:ヴァンサン・カッセル
アナトリー・ブロツキー:ジェイソン・クラーク
ウラジミール・マレヴィッチ:パディ・コンシダイン
アレクサンドル:ジョセフ・アルティン
ティアプキン医師:サム・スプルエル
検死官:ネッド・デネヒー
アレクセイ・アンドレイエフ:ファレス・ファレス
イワン・スコフ:ニコライ・リー・カース
デミドフ:マーク・ルイス・ジョーンズ
セミヨン・オークン:マイケル・ナードン
グラチョフ少佐:チャールズ・ダンス
イネッサ・ネステロヴァ:タラ・フィッツジェラルド
ニーナ・アンドリーヴァ:アグニェシュカ・グロホフスカ
フョードル:ペトゥル・ヴァネク

イギリス/イギリス/チェコ共和国/ルーマニア/ロシア/アメリカ 映画
配給
サミット・エンターテインメント
ライオンズゲート
2015年製作 137分
公開
北米:2015年4月17日
日本:2015年7月3日
製作費 $50,000,000
北米興行収入 $1,224,330
世界 $12,951,090


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
1933年、ソ連ウクライナ
スターリン政権が招いた飢饉で、日に25000人が餓死した。
この”ホロドモール”は多くの孤児を生んだ。

孤児院から逃げ出した少年は赤軍に保護され、将校のデミドフ(マーク・ルイス・ジョーンズ)から名前を訊かれる。

名は捨てたと言う少年は、デミドフから”獅子/レオ”という名を与えられ、その後、彼の養子になる。

1945年、ベルリン
第二次大戦末期、成長したレオ・デミドフ軍曹(トム・ハーディ)が所属する部隊は、攻め入った国会議事堂を占拠する。

議事堂の頂上に赤旗を掲げたレオは英雄となる。
ライヒスタークの赤旗
・・・全てを見る


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
1953年、モスクワ
孤児院で育ち戦争の英雄として出世した国家保安省MGB)のエリート将校レオ・デミドフ大尉は、同僚である友人のアレクセイの息子の死を知る。
明らかに殺人であったものの、”楽園”である共産主義では殺人はあり得ないとされ、レオは、上官のクズミン少佐から事故として処理するよう指示される。
妻ライーサがスパイとして疑われ、その調査を指示されたレオは、それを否定する報告をしたために左遷されてしまう。
ヴォリスクの民警となったレオは、その場でも起きた少年の殺害事件に接して重大な事態だと考え、上官であるネステロフ将軍を説得して捜査を始めるのだが・・・。
__________

トム・ロブ・スミスでデビュー作である”チャイルド44”を原作に、リドリー・スコットが製作に参加し、ダニエル・エスピノーサが演出した作品。

”楽園”である共産主義国家ではあり得ないはずの、子供の連続殺人事件を追う保安局員の苦闘を描くミステリー・スリラー。

理想とはかけ離れた世の中を、建前で統制した当時のソ連の社会体制の中で、第二次大戦で敗北したナチス・ドイツが残した”報復作戦”が展開するという物語は、非常に興味深い内容だ。

その、深く大きな社会問題であるテーマを生かしきれず、細やかな演出にも欠ける内容は今一つ物足りない。

国際色豊かな実力派人気スターの競演も注目された作品ではあるが、批評家からは酷評された。

主演のトム・ハーディは、孤児として育ち、戦争の英雄となり国家保安省MGB)のエリート将校として将来を期待されながら、”殺人”が国家を滅ぼすと考え、体制に反し捜査を続ける主人公を熱演している。

保安局員の将校に逆らうことができずに結婚するものの、次第に夫を理解していく主人公の妻ノオミ・ラパス、主人公の戦友であり部下だったものの、彼に恨みを持ち復讐を考えるヨエル・キナマン、主人公の協力者となる地方の民警の責任者ゲイリー・オールドマン、その妻タラ・フィッツジェラルドMGBの主人公の上官ヴァンサン・カッセル、スパイ容疑で捕まる獣医ジェイソン・クラーク、戦時にナチに洗脳され報復部隊として帰国した連続殺人犯のパディ・コンシダイン、同性愛者であるヴォリスクの駅員ジョセフ・アルティン、その町の医師サム・スプルエル、検死官のネッド・デネヒー、主人公の同僚で友人であるMGB将校ファレス・ファレス、その妻アグニェシュカ・グロホフスカ、ヒロインの学校の同僚でMGBだったニコライ・リー・カース、主人公の養父マーク・ルイス・ジョーンズ、スパイを匿った農夫マイケル・ナードン、復帰後の主人公の上司チャールズ・ダンスなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020