4480 Movies

チャーリー・バートレットの男子トイレ相談室 Charlie Bartlett (2007)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

学校の人気者になるため校内でビジネスを始めた高校生が巻き起こす騒動を描く、主演アントン・イェルチンホープ・デイヴィスロバート・ダウニーJr.カット・デニングス他共演、監督ジョン・ポールによるコメディ・ドラマ。


ドラマ(コメディ)

ロバート・ダウニーJr. / Robert Downey Jr. 作品一覧


スタッフ キャスト
監督:ジョン・ポール

製作
デヴィッド・パーマット
バーロン・キッド
ジェイ・ローチ
シドニー・キンメル
製作総指揮
ウィリアム・ホーバーグ
ジェニファー・ペリーニ
トリッシュ・ホフマン
ブルース・トール
脚本:ガスティン・ナッシュ
撮影:ポール・サロッシー
編集:アラン・ボームガーテン
音楽:クリストフ・ベック

出演
チャーリー・バートレット:アントン・イェルチン
マリリン・バートレット:ホープ・デイヴィス
ネイサン・ガードナー:ロバート・ダウニーJr.
スーザン・ガードナー:カット・デニングス
マーフィー・ビヴェンズ:タイラー・ヒルトン
キップ・クロムウェル:マーク・レンドール
レン・アーバックル:ディラン・テイラー
ホイットニー・ドラモンド:ミーガン・パーク
ジャスティン・ラウダーバック:ジェイク・エプスタイン
ジョーダン・サンダース:ジョナサン・マレン
セジウィック:デレク・マクグラス
スタン・ウェザース:スティーヴン・ヤング
ネイト・ハンセン:デヴィッド・ブラウン
ディーン・ウェスト:ノーム・ジェンキンス
ケリー:ローレン・コリンズ
プリシラ:サラ・ガドン

アメリカ 映画
配給 MGM
2007年製作 97分
公開
北米:2008年2月22日
日本:2009年4月4日
製作費 $12,000,000
北米興行収入 $3,951,700
世界 $5,254,990


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
裕福で成績も優秀な寄宿学校に通う17歳のチャーリー・バートレット(アントン・イェルチン)は、学校を退学させられそうになる。

校長に呼び出されたチャーリーの母マリリン(ホープ・デイヴィス)は、偽造免許証を作り生徒達に売っていた息子の退学を知らされる。

マリリンは寄附をしようとするものの、犯罪行為をしたことで許されない状況だと判断し、チャーリーと共にその場を去る。

人気者になることがいけないことなのか疑問に思うチャーリーは、退学を繰り返しているため、公立高校に通うようにとマリリンに言われる。

ウエスタン・サミット・ハイスクールの学校長で、アルコール依存症のネイサン・ガードナー(ロバート・ダウニーJr.)は、反抗的な娘スーザン(カット・デニングス)との関係に悩んでいた。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
裕福で成績も優秀な17歳のチャーリー・バートレットは、学校内でビジネスをしては退学を繰り返していた。
母親マリリンから、公立高校に通うようにと言われたチャーリーは登校するものの、生徒達に全く相手にされない。
不良のマーフィーに痛めつけられたチャーリーは、そのことで精神科医のカウンセリングを受け、ADHD(注意欠陥・多動性障害)と診断される。
処方された薬でハイになれたチャーリーは、カウンセリングを続け薬を手に入れて、マーフィーと組んでそれを生徒達に売りさばく。
学校長のガードナーは、生徒達の変化に気づきつつ、娘スーザンに接近するチャーリーを警戒する。
人気者になる夢を果たしたチャーリーは、生徒達やスーザンの相談に乗りながら、その後もビジネスの構想を練るのだが・・・。
__________

退学を繰り返す問題児を描くドラマは、何不自由ない裕福な生活環境で、何が主人公の行動に影響を与えたのかが興味深く描かれている。

爆笑コメディ風に始まる物語は、それぞれの家族や個人が抱える問題を描き、終盤はヒューマン・ドラマのような展開となり、考えさせられる場面が多々ある。

心に訴える部分もあるドラマなのだが、トイレの相談室がテーマでもない内容を考えると疑問に思えるこの邦題では、スルーしてしまった方も多いかと思う。

魅力的なキャストなのだが、商業的には失敗に終わった作品。

製作費 $12,000,000
北米興行収入 $3,951,700
世界 $5,254,990

本作は2006年に撮影されたため、実際には公開された2008年が転機とも言える、アルコール依存症の悩める学校長を好演する、実力派らしいロバート・ダウニーJr.の復活を感じさせる深い演技が印象に残る。

愛嬌のある憎めない主人公を熱演する、ドラマの設定と同じ撮影当時17歳のアントン・イェルチン、能天気な母親に見えるものの、それなりの悩みを抱えていたホープ・デイヴィス、主人公と親交を深める学校長の娘カット・デニングス、主人公と組みビジネスをする不良学生タイラー・ヒルトン、内気な生徒マーク・レンドール、生徒ディラン・テイラーミーガン・パークジェイク・エプスタイン、教育長デレク・マクグラス、精神科医スティーヴン・ヤング、警官デヴィッド・ブラウンなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021