4237 Movies

CA$H Ca$h (2010)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆  

偶然に拾った大金が犯罪が絡むものと分かり、その所有者を名乗る男に”返済”を迫られる若い夫婦のトラブルを描くショーン・ビーンクリス・ヘムズワース共演の犯罪ドラマ。


ドラマ(サスペンス/犯罪)


スタッフ キャスト ■
監督:スティーヴン・ミルバーン・アンダーソン
製作
ナヴィーン・チャサッパラム

プレマ・セクック
スティーヴン・ミルバーン・アンダーソン
脚本:スティーヴン・ミルバーン・アンダーソン
撮影
ジョン・R・レオネッティ

ロバート・プライムス
編集:マーク・コンテ
音楽:ジェシー・ヴォッチア

出演
パイク/リース・キュービック:ショーン・ビーン

サム・フェラン:クリス・ヘムズワース
レスリー・フェラン:ヴィクトリア・プロフェッタ
メルヴィン・ゴールドバーグ:マイク・スター
デール:マイケル・マンテル
グレン:グレン・プラマー

アメリカ 映画
配給 Roadside Attractions

2010年製作 108分
公開
北米:2010年3月26日
日本:未公開
製作費 $7,000,000
北米興行収入 $46,450


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
シカゴ
イギリス人のパイク・キュービック(ショーン・ビーン)は、モーテルの部屋を1週間借りて、収監中の双子の弟リース(ショーン・ビーン)に会いに行く。

クック郡刑務所。
リースは、現金50万ドル以上を奪って逃走したのだが、それを高架から投げ捨てて、あるステーションワゴンのボンネットの上に落ちたということをパイクに伝える。

ステーションワゴンの持ち主サム・フェラン(クリス・ヘムズワース)は、車をへこまされて憤慨し、高架から落ちてきたスーツケースを投げ捨てるのだが、その中の大金に気づく。

その朝サムは、いつものように妻レスリー(ヴィクトリア・プロフェッタ)を職場に送り勤め先に向い、途中でスーツケースが落下してきたのだった。

パイクは、大都会シカゴで、どうやって車を見つけるかを考えるが、大金を手に入れた者が、必ず車を買うとリースに助言される。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
シカゴ
イギリス人のパイク・キュービックは、服役中の双子の弟リースから、奪った現金50万ドル以上を捨てた際、それを拾った者がいることを知らされ、その男を捜そうとする。
その大金を手に入れたサム・フェランは、住宅ローンの未返済分を支払い、自宅に戻り、妻のレスリーに現金を見せる。
62万ドルもの大金を前に、レスリーは届け出るべきだと考えるが、サムに説得されて、二人はそれを好きなように使おうとする。
リースに、大金を手にした者が、必ず車を買うだろうと言われていたパイクは、支払いを現金で済ませた者に目を付け、自動車局に侵入して書類を奪い、男を捜し始める。
同じ頃、仕事を辞めたサムとレスリーは、派手な買い物をして、車や家具を手に入れ、優雅な暮らしを始める。
そこに、パイクが現われ、彼はサムが現金を拾った男だと知り、彼とレスリーに、使い込んだ分を含めた”返済”を1セント単位で求めるのだが・・・。
_________

紳士風のイギリス人、ストイックな雰囲気を持つその行動、1セントにまで拘る金への執着、そして暴力的な側面を持つ謎の男を演ずる、ショーン・ビーンの魅力が注目の作品。

何の気なしに観ていた双子を演ずる主人公が、ラストで一捻りとなる演出、随所で見られるコミカルなタッチも、なもなかなか面白い。

人気上昇中のクリス・ヘムズワースの、疑いない主演作に思える邦題は無視するべきだ。
ショーン・ビーンの圧倒的な存在感を前に、彼は全くの脇役で、付け加えれば、その彼に怯むことなのない妻役のヴィクトリア・プロフェッタの熱演の方が印象に残る。

北米公開されたとは言えないほどの、最高でわずか43館の上映に留まり、当然、日本では劇場未公開に終わった。

現金を拾った男に疑われるマイク・スターグレン・プラマー、銀行の貸付係マイケル・マンテルなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020