4237 Movies

キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー Captain America: The First Avenger (2011)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

ジョー・サイモンジャック・カービーによる創作キャラクターで、マーベル・コミックの初代ヒーローと言える、”キャプテン・アメリカ”の誕生から、ナチスの秘密組織との戦いまでを描く、”マーベル・シネマティック・ユニバース”作品のアクション超大作。
監督ジョー・ジョンストン、主演クリス・エヴァンスヘイリー・アトウェルヒューゴ・ウィーヴィングスタンリー・トゥッチドミニク・クーパートミー・リー・ジョーンズサミュエル・L・ジャクソン他共演。


アクション/アドベンチャー

トミー・リー・ジョーンズ / Tommy Lee Jones / Pinterest


スタッフ キャスト ■
監督:ジョー・ジョンストン
製作総指揮
ルイス・デスポジート

アラン・ファイン
ナイジェル・ゴステロー
スタン・リー
デヴィッド・メイゼル
製作:ケヴィン・フェイグ
原作
ジョー・サイモン

ジャック・カービー
脚本
クリストファー・マルクス

スティーヴン・マクフィーリー
撮影:シェリー・ジョンソン
編集
ジェフリー・フォード

ロバート・ダルヴァ
音楽:アラン・シルヴェストリ

出演
キャプテン・アメリカ/スティーヴ・ロジャース:クリス・エヴァンス

ペギー・カーター:ヘイリー・アトウェル
ヨハン・シュミット/レッドスカル:ヒューゴ・ウィーヴィング
バッキー・バーンズ:セバスチャン・スタン
エイブラハム・アースキン博士:スタンリー・トゥッチ
ハワード・スターク:ドミニク・クーパー
チェスター・フィリップス大佐:トミー・リー・ジョーンズ
ティモシー”ダム・ダム”デューガン:ニール・マクドノー
ジェームズ・モントゴメリー・ファルスワース:JJ・フィールド
ジャック・デルニエ:ブルーノ・リッチ
ゲイブ・ジョーンズ:デレク・ルーク
アーニム・ゾラ博士:トビー・ジョーンズ
ハインツ・クルーガー:リチャード・アーミティッジ
ジム・モリタ:ケネス・チョイ
タワー・キーパー:デイビッド・ブラッドリー
ニック・フューリー:サミュエル・L・ジャクソン
ロレイン二等兵:ナタリー・ドーマー
SHIELDエージェント:アマンダ・リゲッティ
将軍:スタン・リー

アメリカ 映画
配給 パラマウント・ピクチャーズ

2011年製作 124分
公開
北米:2011年7月22日
日本:2011年10月14日
製作費 $140,000,000
北米興行収入 $176,654,510
世界 $368,608,360


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
北極
科学者達が、発見されたある物体の内部に入り、赤、白、青でデザインされたマークの付いたものを発見する。

1942年3月、
第二次世界大戦下、ノルウェートンスベルグ
ナチス将校ヨハン・シュミット(ヒューゴ・ウィーヴィング)は、主神”オーディン”が所持していたと言われる”コズミック・キューブ”を手に入れる。

ニューヨーク
徴兵審査を受けていた、愛国心に燃える青年スティーヴ・ロジャース(クリス・エヴァンス)は、病弱で体力もなく不合格となる。

映画館で因縁をつけられた男に、ロジャースは叩きのめされるが、親友で、入隊したバッキー・バーンズ(セバスチャン・スタン)に助けられる。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

参考:
・「キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー」(2011)
・「キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー」(2014)

*(簡略ストー リー)
1942年、第二次世界大戦下。
愛国心に燃える青年スティーヴ・ロジャースは、病弱で体力的な問題もあり、徴兵審査で何度も不合格になっていた。
そんな時ロジャースは、SSR(戦略科学予備軍)のアースキン博士の目に留まり、彼の推薦で入隊が決まる。
指揮官フィリップス大佐、イギリスのエージェント、カーターの監視下で、厳しい訓練が始まるのだが、アースキン曰く、善良な心を持つロジャースは、候補者の中から、初めての”スーパー・ソルジャー”となることが決まる。
一方、ナチス将校シュミットは、主神”オーディン”が所持していたと言われる”コズミック・キューブ”を手に入れ、ゾラ博士と共に、世界を変える兵器の開発を進める。
SSRの実験の日、アースキンやフィリップス、そしてカーターに見守られながら、ロジャースは、天才科学者スタークが開発に関った装置に横たわる。
実験は成功し、強靭なパワーを得たロジャースは、ひ弱な青年から兵士から”スーパー・ソルジャー”に変貌する。
しかし、それを知りシュミットが派遣した暗殺者が、アースキンの命を奪う・・・。
__________

ナチスヒトラーが絡む、第二次世界大戦を舞台にしたサスペンス・タッチの展開、善の心が悪に挑む、古典的な戦いの構図など、ジョー・ジョンストンの手に汗握る軽快な演出と、小気味よいアラン・シルヴェストリの音楽、そして魅力的なキャスティング、どれをとっても一級品の娯楽作に仕上がっている。

派手なアクションは当然のことながら、特殊効果で見せる、序盤の、主人公のひ弱な体系とその変貌振りなど、新鮮な描写も興味深い。

お馴染みのキャラクター、トニー・スタークの父親ハワードや、S.H.I.E.L.D.のニック・フューリーの登場なども、ファンにはたまらなく嬉しい。

製作費は1億4000万ドル、北米興行収入は約1億7700万ドル、全世界では約3億6900万ドルのヒットとなり、翌年「アベンジャーズ」(2012)で、主人公”キャプテン・アメリカ”は、再び登場することになる。

ひ弱な姿がとても作り物には見えない、主人公を痛快に演ずるクリス・エヴァンス、結局は、彼との愛は進展しないで終わるイギリスのエージェント、ヘイリー・アトウェルナチスの将校から、世界制覇を狙う悪党を怪演するヒューゴ・ウィーヴィング、主人公の恩人となる、人情味のある科学者スタンリー・トゥッチ、主人公の友人で精鋭部隊に参加して命を落とすセバスチャン・スタン、天才科学者のハワード・スターク、ドミニク・クーパー、満遍なく活躍するSSRの指揮官トミー・リー・ジョーンズ、主人公に選抜される精鋭部隊員ニール・マクドノーJJ・フィールド、ブルーノ・リッチ、デレク・ルークケネス・チョイ、”ヒドラ”の科学者トビー・ジョーンズ、暗殺者リチャード・アーミティッジ、SSRの二等兵ナタリー・ドーマー、S.H.I.E.L.D.のエージェント、アマンダ・リゲッティ、そして、貫禄で登場するS.H.I.E.L.D.のニック・フューリー、サミュエル・L・ジャクソン、さらに、将軍役でスタン・リーがカメオ出演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020