4237 Movies

ブリット Bullitt (1968)

  •  
  •  
  • 76
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

ある事件の証人の警護を任された刑事の執念の捜査を描く、監督ピーター・イェーツ、主演スティーブ・マックィーンロバート・ヴォーンジャクリーン・ビセットロバート・デュヴァル他共演による犯罪サスペンス・ドラマの秀作。


ドラマ(サスペンス/犯罪)

スティーヴ・マックイーン / Steve McQueen 作品一覧
スティーヴ・マックイーン / Steve McQueen / Pinterest


スタッフ キャスト
監督:ピーター・イェーツ
製作総指揮:ロバート・E・レリア
製作:フィリップ・ダントーニ
原作:ロバート・L・パイク
脚本
アラン・トラストマン
ハリー・クライナー
撮影:ウィリアム・A・フレイカー
編集:フランク・P・ケラー
音楽:ラロ・シフリン

出演
フランク・ブリット:スティーブ・マックィーン
ウォルター・チャルマース上院議員:ロバート・ヴォーン
キャシー:ジャクリーン・ビセット
デルゲッティ:ドン・ゴードン
ワイズバーグ:ロバート・デュヴァル
サム・ベネット警部:サイモン・オークランド
ベイカー警部:ノーマン・フェル
ウィラード医師:ジョーグ・スタンフォード・ブラウン
アルバート・レニック:フェリチェ・オーランディ
ジョニー・ロス:パット・レネラ
カール・スタントン:カール・リンデル
マイク:ポール・ジェンジ
フィル:ビル・ヒックマン
エディ:ジャスティン・タール

アメリカ 映画
配給 ワーナー・ブラザーズ
1968年製作 113分
公開
北米:1968年10月17日
日本:1968年12月28日
製作費 $5,500,000


アカデミー賞
第41回アカデミー賞

・受賞
編集賞
・ノミネート
録音賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
シカゴ

ある夜、組織の金を奪ったジョニー・ロス(パット・レネラ)は、逃亡する。

サンフランシスコ
タクシーで移動するロスに扮する男アルバート・レニック(フェリチェ・オーランディ)は、ホテルに向かうようドライバーのワイズバーグ(ロバート・デュヴァル)に指示して車を止めさせる。

ホテルのフロントに向かい、ロス宛ての手紙があるか確認したレニックは、自分を印象付ける。

タクシーに戻ったレニックからチップを受け取ったボーイは、彼の情報を電話で伝える。

行動する指示のメモをチェックするレニックは、車を止めさせて、ウォルター・チャルマース上院議員(ロバート・ヴォーン)に電話をする。

サンフランシスコ市警のフランク・ブリット警部補(スティーブ・マックィーン)は、相棒のデルゲッティ(ドン・ゴードン)に起こされ、彼と共にチャルマースの元に向かう。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

1963年に発表された、ロバート・L・パイクの小説”Mute Witness”を基に、アラン・トラストマンハリー・クライナーが脚色して製作された作品。

*(簡略ストー リー)
組織犯罪に打撃を与えようとする野心家の上院議員チャルマースは、組織の金を奪い裏切ったロスを委員会の証人にしようとする。
そのため、ロスをサンフランシスコに呼び寄せたチャルマースは、市警のフランク・ブリット警部補にロスの警護を依頼する。
しかし、ロスは殺し屋に襲われて死亡し、捜査を始めたブリットも命を狙われる身となる。
権力を振りかざすチャルマースに従うことを拒むブリットは、独自の方法で捜査を続け、やがてロスの替玉を使った陰謀を暴くのだが・・・。
__________

30代後半を迎え、人気実力共にハリウッドの頂点に近づきつつあったスティーブ・マックィーンの快心作。

イギリス出身のピーター・イェーツのシャープで無駄のない演出と、マックィーンの魅力が見事に生かされた、犯罪サスペンス・アクションの傑作。

2007年、アメリカ議会図書館が、国立フィルム登録簿に登録した作品でもある。

第41回アカデミー賞では、編集賞を受賞した。
・ノミネート
録音賞

なんと言っても、レーサーでもあるマックィーンピーター・イェーツが組んだカーチェイスシーンは、本作がその先駆けとなり、以後のカーアクションに大きな影響を与えた。

マックィーンの1968年型フォード・マスタング390CID Fastback、対する殺し屋の同年型ダッジ・チャージャーR/T440 Magnumの追跡シーンは、さすがにプロのこだわりが感じられ、映画史上に残る名場面となった。

サンフランシスコの坂道を効果的に使ったこの追跡シーンは、劇場で観た方なら体験しただろうが、画面に見入っていると気分が悪くなってしまうほどだ。

聞き惚れてしまう、ラロ・シフリンの粋なテーマ曲も素晴らしい。

どちらかといえば田舎臭いマックィーンなのだが、嫌味のないクールな魅力が男の目から見てもたまらない。
トレードマークとなった、タートルネックのセーターとジャケットが当時流行った。

マックィーンのアップが非常に多い作品で、苦労人を感じさせる表情と大きなブルーの目の鋭い眼差しは、世界の数億人を魅了できる。
それがスターの証なのだろう。

上院議員としての人気の維持と権力欲に固執するロバート・ヴォーンも好演している。

殺人や暴力と向かい合う恋人ブリットの生き方に次第に疑問を抱くものの、結局は彼から離れられない建築家のジャクリーン・ビセットの、洗練された美しさも際立つ。

パピヨン」(1973)や「タワーリング・インフェルノ」(1974)など、マックィーン作品には度々登場する同僚刑事のドン・ゴードン、部下ブリットを信頼する警部サイモン・オークランドと、上院議員寄りの上司ノーマン・フェル、タクシー・ドライバー役で、まだ脇役のロバート・デュヴァル、ブリットに協力する医師ジョーグ・スタンフォード・ブラウン、証人ロスの替玉フェリチェ・オーランディシカゴの組織員で逃亡を図るパット・レネラ、襲撃されるブリットの同僚カール・リンデル、殺し屋の二人ポール・ジェンジビル・ヒックマン、情報屋のジャスティン・タールなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020