4501 Movies

バッフィ/ザ・バンパイア・キラー Buffy the Vampire Slayer (1992)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★☆☆☆

ヴァンパイア・キラーに選ばれた女子高生の闘いを描く、主演クリスティ・スワンソンルーク・ペリードナルド・サザーランドルトガー・ハウアーポール・ルーベンスヒラリー・スワンク他共演、監督フラン・ルーベル・クズイによるコメディ・ホラー。


コメディ


スタッフ キャスト
監督:フラン・ルーベル・クズイ

製作
葛井克亮
ハワード・ローゼンマン
脚本:ジョス・ウィードン
撮影:ジェームズ・ヘイマン
編集:ジル・サヴィット
音楽:カーター・バーウェル

出演
バッフィ・サマーズ:クリスティ・スワンソン
オリヴァー・パイク:ルーク・ペリー
メリック・ジェイミソン=スマイス:ドナルド・サザーランド
ロトス:ルトガー・ハウアー
エイミリン/レフティー:ポール・ルーベンス
キンバリー・ハンナ:ヒラリー・スワンク
ベニー・ジャックス:デヴィッド・アークエット
ゲイリー・マレー:スティーヴン・ルート
ゼフ:トーマス・ジェーン
サマーズ:ジェームズ・パラディ
サマーズ夫人:キャンディ・クラーク
ジェフリー・クレイマー:ランドール・バティンコフ
バスケットボールの選手:ベン・アフレック
ヴァンパイア:セス・グリーン
シャーロット:リッキー・レイク
ニコール”ニッキー”:パリス・ヴォーハン

アメリカ 映画
配給 20世紀FOX
1992年製作 86分
公開
北米:1992年7月31日
日本:1993年2月8日
製作費 $7,000,000
北米興行収入 $16,624,500


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
ロサンゼルス
ヘムリー・ハイスクールのチア・リーダー、バッフィ・サマーズ(クリスティ・スワンソン)は、親友のキンバリー・ハンナ(ヒラリー・スワンク)らとダンス・パーティーの準備をしていた。

バッフィらは、オリヴァー・パイク(ルーク・ペリー)とベニー・ジャックス(デヴィッド・アークエット)をからかう。

酔ったベニーは暗黒時代のヴァンパイア、ロトス(ルトガー・ハウアー)の従者エイミリン(ポール・ルーベンス)に首筋を噛まれ、パイクは謎の男メリック・ジェイミソン=スマイス(ドナルド・サザーランド)に連れ去られる。

翌日、体育館にいたバッフィの前に現れたメリックは、ヴァンパイアの攻撃を止めるために彼女が選ばれたことを伝える。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
ロサンゼルス
ヘムリー・ハイスクールのチア・リーダー、バッフィ・サマーズは、現れた謎の男メリックから、ヴァンパイア・キラーに選ばれたと言われる。
ヴァンパイアの存在を知らされたバッフィは、暗黒時代のヴァンパイア、ロトスと闘うためにメリックと準備を始める。
自動車修理工の青年パイクは、友人のベニーがヴァンパイアと化したため、バッフィの行動を知り協力しようとするのだが・・・。
__________

ハイスクール・コメディにホラーを合体させた楽しい内容の作品なのだが、B級映画の域を脱していない、安っぽい仕上がりが気になる。

キュートな女子高生が恐ろしいヴァンパイアと闘うという設定自体は悪くないのだが、如何せん内容が陳腐であり、盛り上がりにも欠ける平凡な作品。

ドナルド・サザーランドルトガー・ハウアーの出演に期待したのだが、彼らの魅力もや個性を生かし切っていないのも残念。

1997~2003年、続編となるテレビ・シリーズ「バフィー 〜恋する十字架〜」が放映された。

後に活躍する若手スターの出演は注目だ。

ヴァンパイア・キラーに選ばれて奮闘する女子高生クリスティ・スワンソン、彼女に協力して惹かれ合う仲になる青年ルーク・ペリー、ヴァンパイア・キラーを選び訓練をする謎の男ドナルド・サザーランド、暗黒時代のヴァンパイア、ルトガー・ハウアー、その従者ポール・ルーベンス、主人公の友人ヒラリー・スワンク、ヴァンパイアと化す青年デヴィッド・アークエット、教師のスティーヴン・ルート、男子生徒トーマス・ジェーン、主人公の両親ジェームズ・パラディとキャンディ・クラーク、主人公のボーイフレンド、ランドール・バティンコフ、バスケットボールの選手ベン・アフレック、ヴァンパイアのセス・グリーン、女子生徒リッキー・レイク、パリス・ヴォーハンなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021