4513 Movies

ヤング・ゼネレーション Breaking Away (1979)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
5star

今でこそ日本でも盛んになった、ヨーロッパを中心とした超人気スポーツ、サイクル・ロードレースに憧れる青年と仲間達の友情そして家族愛を描く、製作、監督ピーター・イエーツ、主演デニス・クリストファーデニス・クエイドダニエル・スターンジャッキー・アール・ヘイリー他共演による青春映画の傑作にして感動のストーリー。


ドラマ(青春)


スタッフ キャスト ■
監督:ピーター・イエーツ
製作:ピーター・イエーツ
脚本:スティーヴ・テシッチ
撮影:マシュー・F・レオネッティ
編集:シンシア・スキーダー
音楽:パトリック・ウィリアムズ

出演
デニス・クリストファー:デイヴ・ストラー
デニス・クエイド:マイク
ダニエル・スターン:シリル
ジャッキー・アール・ヘイリー:ムーチャー
ポール・ドゥーリー:レイモンド・ストラー
バーバラ・バリー:エヴリン・ストラー
ロビン・ダグラス:キャサリン・ベネット
ジョン・アシュトン:ロイ
エイミー・ライト:ナンシー
ハート・ボックナー:ロッド
P.J.ソールス:スージー

アメリカ 映画
配給 20世紀FOX
1979年製作 100分
公開
北米:1979年7月13日
日本:1980年4月12日
北米興行収入 $16,424,918


アカデミー賞 ■
第52回アカデミー賞
・受賞
脚本賞
・ノミネート
作品・監督
助演女優(バーバラ・バリー)
音楽賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

インディアナ州ブルーミントン
高校を卒業したばかりのデイヴ・ストラー(デニス・クリストファー)は、いつも行動を共にする親友マイク(デニス・クエイド)、シリル(ダニエル・スターン)、ムーチャー(ジャッキー・アール・ヘイリー)らと、溜まり場のかつての石切り場で、定まらない将来についていつも語り合っていた。

デイヴは、高校を卒業したものの、自転車ロードレースでイタリアチームに入るのが夢で、進学するつもりがあまりなかった。

イタリア気触れのデイヴは、イタリア語を口ずさみ、イタリアの音楽ばかり聴いている。

以前はストーン・カッター(石切工)で、今は中古車ディーラーを営んでいる父レイモンド(ポール・ドゥーリー)は、そんなデイヴの将来を案じていた。

しかし、母エヴリン(バーバラ・バリー)は、一人息子のデイヴを温かく見守る。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
高校を卒業して進学や就職も考えず、気ままに毎日を送るデイヴ・ストラー、マイク、シリル、ムーチャーの仲間は、地元にある大学の学生から”カッター”(石切工)と言われ、疎外され軽蔑されていた。
デイヴは、自転車のロードレースで、イタリア・チームに入るのが夢だった。
そんなデイヴは、女学生キャサリンに一目惚れしてしまい、イタリア人留学生に扮して彼女に接近する。
それがきっかけで、仲間と学生達はトラブルを起こし、大学側の提案で、自転車レースで決着をつけることになるのだが・・・。
__________

まず、 「ヤング・ゼネレーション」とは??
この作品を甘く見た、貧弱な邦題には絶句してしまう。

原題の「Breaking Away」とは、自転車に限らず、様々なレースなどで、集団や少数の相手に対してペースを上げてアタックをかけ、距離を空けて置き去りにする、一種の戦法を意味する。
それを、行き場のない、悶々とする生活から逃れようとする、若者達のエネルギッシュな生き様や言動にダブらせた、素晴らしいタイトルだ。

世界制覇をするわけでもない、小さな学生の町の物語だが、若者達の友情や、溢れんばかりのエネルギーが画面に広がり、 家族愛も描かれた感動の物語でもある。

ブリット」(1968)のピーター・イエーツの軽快且つ力強い演出は冴え渡り、オスカーを獲得したスティーヴ・テシッチの見事な脚本により、大人になりつつ苦悩する微妙な時期の若者達の人間描写なども繊細に描かれている。

オペラやクラシックを効果的に使ったアカデミー賞にノミネートされた、パトリック・ウィリアムズの音楽も素晴らしい。

第52回アカデミー賞では、ダークホース的作品として注目され、作品賞や監督賞以下5部門にノミネートされ、脚本賞を受賞した。
・ノミネート
作品・監督
助演女優(バーバラ・バリー)
音楽賞

楽天家でやんちゃな主人公デニス・クリストファーが、一度、自転車を操ると、水を得た魚のように豹変してしまう、短い鍛錬では身につかないだろう、仕草やその身のこなしなどがたまらなくいい。

将来の目標も定まらず、教養もない主人公の友人役で、若かりしデニス・クエイドダニエル・スターンジャッキー・アール・ヘイリーらの、若者らしい生きの良さも実に爽やかだ。

息子のイタリア気触れに呆れるが、父親らしさを見せるポール・ドゥーリーと、アカデミー助演賞にノミネートされた、優しさの中に茶目っ気も感じさせる、母親役のバーバラ・バリーの出色の名演も印象に残る。

主人公が憧れる女学生ロビン・ダグラス、マイク(D・クエイド)の兄で警官のジョン・アシュトン、敵対する大学生ハート・ボックナーなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021