4216 Movies

軍用列車 Breakheart Pass (1975)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

スリラー、そして冒険小説で知られるアリステア・マクリーンが1974年に発表した、”BreakheartPass”を基に製作された作品。
砦に向かう軍用列車で起きる不可解な殺人事件を描く、主演チャールズ・ブロンソンベン・ジョンソンジル・アイアランドリチャード・クレンナチャールズ・ダーニング他共演、監督トム・グライスによるウエスタン・タッチのサスペンス・アクション。


ドラマ(サスペンス/犯罪)


スタッフ キャスト ■
監督:トム・グライス
製作:ジェリー・ガーシュウィン
製作総指揮:エリオット・カストナー
原作:アリステア・マクリーン
脚本:アリステア・マクリーン
撮影:ルシアン・バラード
編集:バイロン”バズ”ブランド
音楽:ジェリー・ゴールドスミス

出演
ジョン・ディーキン:チャールズ・ブロンソン

ネイサン・ピアース:ベン・ジョンソン
マリカ:ジル・アイアランド
リチャード・フェアチャイルド知事:リチャード・クレンナ
クレアモント少佐:エド・ローター
オブライエン:チャールズ・ダーニング
モリヌー医師:デヴィッド・ハドルストン
ピーボディ:ビル・マッキニー
カルロス:アーチー・ムーア
ヘンリー:ジョー・カップ
クリス・バニオン:ロイ・ジェンソン
ホワイトハンド:エディ・リトル・スカイ
レヴィ・カルフーン:ロバート・テシア
ラファティ:スコット・ニューマン
ジェボ:ダグ・アトキンス
ジェーン=マリー:サリー・カークランド
赤ひげ:ジョン・ミッチャム

アメリカ 映画
配給 ユナイテッド・アーティスツ

1975年製作 95分
公開
北米:1976年5月5日
日本:1976年2月14日


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
1870年代、ネバダ州、マートル。
軍用列車が到着し、騎兵隊指揮官クレアモント少佐(エド・ローター)は、フンボルト砦からの電報を受け取り、部下に暗号文を解読させる。

知事のリチャード・フェアチャイルド(リチャード・クレンナ)とその恋人で、砦の司令官の娘マリカ(ジル・アイアランド)らが列車に同乗してた。

捕えられたお尋ね者レヴィ・カルフーン(ロバート・テシア)を引き取りに向かう保安官ネイサン・ピアース(ベン・ジョンソン)が同行することを、クレアモントは仕方なく認め、軍が護送することを約束する。

ピアースは、その場でイカサマをしたジョン・ディーキン(チャールズ・ブロンソン)が指名手配犯だと知る。
・・・全てを見る


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
1870年代、ネバダ州、マートル。
フンボルト砦に向かう軍用列車には、騎兵隊の他フェアチャイルド知事と砦の指揮官の娘マリカなどが同乗していた。
保安官ピアースは、砦で捕えられたお尋ね者のカルフーンを引き取りに行くため、部隊の指揮官クレアモントに乗車を許可される。
その場でイカサマをした犯罪者ジョン・ディーキンを逮捕したピアースは、彼も砦に同行させる。
将校二人が姿を消したまま列車は出発するが、知事は、砦で感染症が発生したため医師が同行していることをクレアモントらに知らせる。
先住民の襲撃が気がかりなクレアモントだったが、その後、医師が殺害され、機関士助手も列車から落下して死亡する。
そして、拘束されていたディーキンは、砦の者達に探りを入れ、不可解な行動を始める・・・。
__________

原作者アリステア・マクリーンによる脚色、1970年代の代表的なアクション・スター、チャールズ・ブロンソン他、当時活躍していた個性派が顔を揃えた豪華キャスティングも注目の作品。

西部劇に分類されることが多いが、内容からして間違いなくサスペンスであり、物語の展開を探りつつアクションも楽しめるという娯楽作に仕上がっている。

軍用列車が走る場所は山岳地帯で、不可解な事件には効果的なセッティングであり、ジェリー・ゴールドスミスの軽快なテーマ曲などもドラマを盛り上げる。

主演のチャールズ・ブロンソンは、知的で行動に無駄のない謎の人物を好演し、50歳を過ぎたとは言え、列車上でのスタントなしのアクションもこなし見応十分の演技を見せてくれる。

保安官ベン・ジョンソンチャールズ・ブロンソン夫人で砦の司令官の娘役のジル・アイアランド、事件の黒幕である知事のリチャード・クレンナ、主人公に協力する騎兵隊指揮官エド・ローター、車掌チャールズ・ダーニング、医師のデヴィッド・ハドルストン、諜報員であったビル・マッキニー、料理長アーチー・ムーア、ウエイター役のジョー・カップ、機関士ロイ・ジェンソン、先住民の部族長エディ・リトル・スカイ、砦を制圧するお尋ね者役ロバート・テシア、その仲間のダグ・アトキンス、兵士役のスコット・ニューマン、娼婦役のサリーカークランド、イカサマで主人公ともめる男役でロバート・ミッチャムの弟のジョン・ミッチャムなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020