4512 Movies

ボヘミアン・ラプソディ Bohemian Rhapsody (2018)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

ロック・バンド”クイーン”の活動開始から”ライブエイド”出演までをフレディ・マーキュリーの人生を中心に描く、監督ブライアン・シンガー、主演ラミ・マレックルーシー・ボイントングウィリム・リーベン・ハーディジョゼフ・マゼロアレン・リーチトム・ホランダーマイク・マイヤーズ他共演の伝記ドラマ。 


ドラマ


スタッフ キャスト
監督:ブライアン・シンガー

製作
グレアム・キング
ジム・ビーチ
製作総指揮
デクスター・フレッチャー
アーノン・ミルチャン
デニス・オサリヴァン
ジェーン・ローゼンタール
原案
アンソニー・マクカーテン
ピーター・モーガン
脚本:アンソニー・マクカーテン
撮影:ニュートン・トーマス・サイジェル
編集:ジョン・オットマン

出演
フレディ・マーキュリーラミ・マレック
メアリー・オースティン:ルーシー・ボイントン
ブライアン・メイグウィリム・リー
ロジャー・テイラーベン・ハーディ
ジョン・ディーコンジョゼフ・マゼロ
ジョン・リードエイダン・ギレン
ポール・プレンター:アレン・リーチ
ジム”マイアミ”ビーチトム・ホランダー
レイ・フォスター:マイク・マイヤーズ
ジム・ハットン:アーロン・マカスカー
ロイ・トーマス・ベイカーティム・プレスター
ジャー・バルサラ:メネカ・ダス
ボミ・バルサラ:エース・バティ
ボブ・ゲルドフダーモット・マーフィ
ケニー・エヴェレット:ディッキー・ボウ
ティム・スタッフェル:ジャック・ロス
デヴィッド:マックス・ベネット
オースティン:ニール・フォックス=ロバーツ
シェリー・スターン:ミシェル・ダンカン
トラック・ドライバー:アダム・ランバート
ライブの観客:ルーク・ディーコン

イギリス/アメリカ 映画
配給 20世紀FOX
2018年製作 134分
公開
イギリス:2018年10月24日
北米:2018年11月2日
日本:2018年11月9日
製作費 $52,000,000
北米興行収入 $216,668,040
世界 $903,975,350


アカデミー賞
第91回アカデミー賞

・受賞
主演男優(ラミ・マレック
編集・音響編集・録音賞
・ノミネート
作品賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
1985年7月13日。
ロックバンド”クイーン”のフレディ・マーキュリーラミ・マレック)は、目覚める。

ウェンブリー・スタジアム
アフリカ難民救済を目的としたチャリティーコンサート”ライブエイド”が開催される。

主催者のボブ・ゲルドフが、チャールズ皇太子ダイアナ妃を来賓席に案内する。

屋敷を出たフレディウェンブリーに向かい、準備を整えてステージに上がる。

1970年、ロンドン
ヒースロー空港で手荷物係をするファルーク・バルサラフレディ)は、両親ボミ(エース・バティ)とジャー(メネカ・ダス)そして妹のカシミラと共に暮らしていた。

ジャーに愛されフレディは、ゾロアスター教の教え”善き思い、善き言葉、善き行い”を心がけるよう常に口にするボミと意見が合わない。

そんなフレディは、夜な夜なクラブに通っていた。

フレディは、演奏していたバンド”スマイル”の演奏を聴き気に入る。

スマイルのメンバー、ティム・スタッフェルは、バンドの先が見えていることをギタリストのブライアン・メイグウィリム・リー)とドラマーのロジャー・テイラーベン・ハーディ)に伝えて去って行く。

フレディは、その場にいたメアリー・オースティン(ルーシー・ボイントン)に話しかけてスマイルのことを尋ね、彼女の着ているコートが気になる。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
1970年、ロンドン
空港の手荷物係だったファルーク・バルサラフレディ・マーキュリー)は、バンド”スマイル”に加わることになり、ブライアン・メイジョン・ディーコンジョン・ディーコンと共に活動を始める。
レコーディングをしたファルークは、バンド名を”クイーン”に変え、フレディ・マーキュリーと改名する。
その後、”EMI”と契約した”クイーン”はヒット曲と共にスターとなる。
フレディは、付き合っていたメアリーと離れ全米ツアーなども行うのだが、自分の性的指向に疑問を抱き始める。
その後フレディは、EMIやバンドのメンバーと衝突しながら、世界的なアーティストになるのだが・・・。
__________

ロック・バンド”クイーン”のボーカル、フレディ・マーキュリーの人生を中心に、バンド活動の開始から”ライブエイド”出演までを描く伝記ドラマ。

死後も絶大な人気を誇るフレディ・マーキュリーおよびクイーンの実録ドラマということで、公開前から話題になった作品。

撮影中に出演者やスタッフとのトラブルがあったと噂されるブライアン・シンガーが解雇されるという問題も生じ、当初監督予定だった製作総指揮にも名を連ねるデクスター・フレッチャーが後を引き継ぐものの、ブライアン・シンガーが監督としてクレジットされた。

一般からは絶賛された本作なのだが、物語や脚本は平凡であり、批評家の評価は低かった作品でもある。

興行的には、北米で約2億1700万ドル、全世界では9億ドルを超える大ヒットとなった。

第91回アカデミー賞では、フレディ・マーキュリーを見事に演じたラミ・マレックが主演男優賞を受賞した。
他、編集、音響編集、録音賞を受賞し、作品賞にもノミネートされた。

特殊メイクなどで本人に成り切る作品が最近は多い中で、ラミ・マレックフレディ・マーキュリーにそれほど似ているわけでもなく、その雰囲気を出している程度の演技が成功した理由だとも言える。
伝説の男はファンの心の中で生きているのであり、クイーンについてそれほど詳しくなかったと言われるラミ・マレックは、それを理解しフレディを演じたのだと思う。
それにしても、クライマックスのウェンブリーでのステージの忠実な再現は圧巻であり、そのパフォーマンスだけでも観る価値のある作品で、リアルタイムでそれを体験した者として当時を懐かしく思い出す。

フレディと交際して彼の心の支えとなるメアリー・オースティンのルーシー・ボイントンクイーンのメンバーであるギタリスト、ブライアン・メイグウィリム・リー、ドラマー、ロジャー・テイラーベン・ハーディ、ベース、ジョン・ディーコンジョゼフ・マゼロ(メンバーの中で最も雰囲気が似ている)、マネージャー、ジョン・リードエイダン・ギレンフレディと関係する個人マネージャーのアレン・リーチ、弁護士からマネージャーとなるジム”マイアミ”ビーチトム・ホランダー、メンバーと意見が合わない”EMI”の重役マイク・マイヤーズフレディの恋人となるジム・ハットンのアーロン・マカスカークイーンの才能を認める音楽プロデューサー、ロイ・トーマス・ベイカーティム・プレスターフレディの両親メネカ・ダスとエース・バティライブエイドの主催者ボブ・ゲルドフダーモット・マーフィ、DJ、ケニー・エヴェレットのディッキー・ボウ、クイーンの前進”スマイル”を去るティム・スタッフェルのジャック・ロス、メアリーの恋人マックス・ベネット、記者のミシェル・ダンカンフレディがアメリカ・ツアーで気にするトラック・ドライバーのアダム・ランバートなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021