4452 Movies

東京スパイ大作戦 Blood on the Sun (1945)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

田中上奏文”の流布に関する日本政府の対応とその陰謀に巻き込まれるアメリカ人記者の活躍を描く、監督フランク・ロイド、主演ジェームズ・キャグニーシルヴィア・シドニーポーター・ホールジョン・エメリーロバート・アームストロング他共演のサスペンス。


ドラマ(サスペンス/犯罪)


スタッフ キャスト
監督:フランク・ロイド

製作:ウィリアム・キャグニー
原案:ギャレット・フォート
脚本:レスター・コール
撮影:セオドア・スパークル
編集:ウォルター・ハネマン
美術・装置
ウィラード・イーネン
A.ローランドフィールズ
音楽:ミクロス・ローザ

出演
ニック・コンドン:ジェームズ・キャグニー
アイリス・ヒリアード:シルヴィア・シドニー
アーサー・ビケット:ポーター・ホール
田中義一首相:ジョン・エメリー
東條英機陸軍大佐:ロバート・アームストロング
オリヴァー”オリー”ミラー:ウォレス・フォード
イーディス・ミラー:ローズマリー・デキャンプ
オオシマ警部:ジョン・ハローラン
ヒジカタ:レオナルド・ストロング
チャーリー・スプレイグ:ジェームズ・ベル
ヤマダ警部長:マーヴィン・ミラー
ジョセフ・カッセル:リス・ウィリアムズ
タツギ殿下:フランク・プーリア
ジョニー・クラーク:ヒュー・ボーモント
ジョンソン:エメット・ヴォーガン

アメリカ 映画
配給 ユナイテッド・アーティスツ
1945年製作 94分
公開
北米:1945年4月26日
日本:未公開
製作費 $750,000
北米興行収入 $3,400,000


アカデミー賞
第18回アカデミー賞

・受賞
美術賞(白黒)


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
世界でドイツの”我が闘争”が注目されていたころ、東洋のヒトラー田中義一”の存在を知るものは少なかった。

東京。
田中義一首相(ジョン・エメリー)がアメリカ侵攻を計画しているという文章が見つかり、それが報道される。

東京クロニクル。
その記事について日本側からの抗議を受けた編集長のアーサー・ビケット(ポーター・ホール)は、25年間、日本政府を支持してきたことを伝える。

オオシマ警部(ジョン・ハローラン)から、日本の名誉を傷つけた検閲無視だと言われたビケットは、編集局長のニック・コンドン(ジェームズ・キャグニー)に確認しようとする。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
東京。
田中義一首相アメリカ侵攻を計画”なる文章が見つかったという記事を掲載した”東京クロニクル”の記者ニック・コンドンは、日本側か非難され監視されることになる。
帰国する同僚オリーと妻が殺され、それが文章と関係していると考えるニックに、謎の女アイリスが近づく。
上海から来たアイリスを牽制しながら親交を深めたニックは、田中首相、東條英機陸軍大佐が首謀する陰謀に巻き込まれていく・・・。
__________

2回のアカデミー監督賞を受賞しているフランク・ロイドの監督作品であり、製作は、主演のジェームズ・キャグニーの弟ウィリアム・キャグニーが担当した。

撮影が太平洋戦争末期の1944年10月に行われたため、軍拡に進んだ日本を、”悪者”として極端に描いている内容が気になる。

偽造文書である、日本が世界征服をするための計画書と言える”田中上奏文”を題材にした作品で、事実と大きく違う点が多々ある。
ドラマチックな演出として田中義一首相が切腹する場面が登場したり(死因:急性の狭心症)、東條英機太平洋戦争の最大の責任者と決めつるアメリカが悪魔のような人物に描いているのも、いかにもその時代を感じさせる。

戦争の当事国であるために現地で撮影できるはずもないが、描写される人物のメイクなどを含めた日本文化は、”コメディ”と言えるほど日本人にとっては違和感がある。
それでもセットなどは評価され、第18回アカデミー賞では美術賞(白黒)を受賞したというのだから、いかにアメリカが日本文化に興味がなかったかということが分かる。

主演のジェームズ・キャグニーは、柔道など格闘技なども披露する敏腕記者を存在感ある演技で熱演し、ヒロインのスパイを演ずるシルヴィア・シドニーは、中国人との混血の雰囲気を出し魅力的に演じている。
無駄のない軽快なジェームズ・キャグニーの身のこなしは観ていて痛快でもあり、クライマックスでの、日本人の設定にしては大柄な警部(ジョン・ハローラン)とアメリカ人としては小柄な彼との凄まじい迫力の格闘は見ものだ。

主人公の上司である編集長ポーター・ホール田中義一首相のジョン・エメリー東條英機陸軍大佐のロバート・アームストロング、主人公の同僚で陰謀に巻き込まれて殺されるウォレス・フォード、その妻ローズマリー・デキャンプ、主人公を監視する警部のジョン・ハローラン、同じく秘密警察のレオナルド・ストロング、主人公の同僚ジェームズ・ベル、警部長のマーヴィン・ミラー、日本側に協力する記者リス・ウィリアムズ、計画に批判的な皇族のフランク・プーリア、アメリカ大使館員ヒュー・ボーモント、記者のエメット・ヴォーガンなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021