4478 Movies

ブラック・シー Black Sea (2014)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

黒海に沈むUボートに積まれたナチスの金塊を引き上げようとするイギリスロシアの男達の運命を描く、製作、監督ケヴィン・マクドナルド、主演ジュード・ロウスクート・マクネイリーベン・メンデルソーン他共演のスリラー。


スリラー/ホラー


スタッフ キャスト
監督:ケヴィン・マクドナルド

製作
チャールズ・スティール
ケヴィン・マクドナルド
製作総指揮
テッサ・ロス
マーヴ・ハルザディン
ジム・コックレーン
脚本:デニス・ケリー
撮影:クリストファー・ロス
編集:ジャスティン・ライト
音楽:イラン・エシュケリ

出演
ロビンソン:ジュード・ロウ
ダニエルズ:スクート・マクネイリー
フレイザー:ベン・メンデルソーン
ピータース:デヴィッド・スレルフォール
トビン:ボビー・スコフィールド
ブラッキー:コンスタンチン・ハベンスキー
ザイツェフ:セルゲイ・プスケパリス
レイノルズ:マイケル・スマイリー
モロゾフ:グリゴリー・ドブリギン
ババ:セルゲイ・ヴェクセル
レフチェンコ:セルゲイ・コレスニコフ
ギッテンス:ブランウェル・ドナヒー
クリシー:ジョディ・ウィッテカー
ルイス:トビアス・メンジーズ
リアム:カール・デイヴィス
カーストン:ダニエル・ライアン

イギリス/アメリカ 映画
配給 フォーカス・フィーチャーズ
2014年製作 115分
公開
イギリス:2014年12月5日
北米:2015年1月23日
日本:2015年8月15日
北米興行収入 $1,171,560


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
海洋サルベージ会社”アゴラ”で11年間働いたロビンソン(ジュード・ロウ)は解雇され、担当のリアム(カール・デイヴィス)から慰労金の8640ポンドを受け取る。

家庭も犠牲にして働き、15年の海軍時代を含めて30年近く潜水艦に乗っているロビンソンは不満を訴えるが、今日中に私物を整理するようにと言われる。

職安に通うロビンソンは、別れた妻クリシー(ジョディ・ウィッテカー)と息子マーティンの姿を見ても、声をかける気にはなれなかった。

同じようにアゴラを解雇された友人のカーストン(ダニエル・ライアン)とロシア人のブラッキー(コンスタンチン・ハベンスキー)とパブで会ったロビンソンは、12歳になる息子のマーティンが、顔も知らない金持ちに育てられていると思うと、自分が情けないと話す。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
家庭を犠牲にしてまで働き続け、妻クリシーと息子と別れて暮らしていたロビンソンは、11年間勤務した海洋サルベージ会社”アゴラ”を解雇されてしまう。
同じく解雇された友人のカーストンから、ある話をされたロビンソンは、後援者のルイスの元に向かう。
ダニエルズからルイスを紹介されたロビンソンは、第二次大戦下に、ナチスロシアから融資を受けた際の金塊が、ジョージア(旧グルジア)沿岸の海嶺に沈んでいることを伝えて援助を求める。
援助を受けたロビンソンとロシア人のブラッキーは、イギリスロシア人の乗員を集める。
カーストンが自殺したことを知らせに来た若者トビンも仲間に入れたロビンソンは、クリミア半島セヴァストポリに向かい、老朽潜水艦を手に入れて整備し、目的地に向けて出航するのだが・・・。
__________

ラストキング・オブ・スコットランド」(2006)、「消されたヘッドライン」(2009)、「第九軍団のワシ」(2011)などの話題作を手掛けたケヴィン・マクドナルドが、製作も兼ねる監督作品。

黒海に沈んでいるナチスUボートに積まれた金塊を引き上げようとする男達の運命を描く内容が興味深いことに加え、ドキュメンタリー映画作家でもあるケヴィン・マクドナルドの、緊迫感溢れるリアルな演出が見どころの作品。

イギリスロシア人が一触即発状態で協力し合う艦内の緊張感と、冒険家のような夢を追う乗員の姿などを映し出す描写を含め、様々な個性の登場人物の役柄の配分なども見事で、まとまりのある作品に仕上がっている。

商業的には成功した作品ではないが、批評家からは高く評価された。

スマートで清潔感がある役が似合うジュード・ロウだが、イメージを一変するタフな役柄を演じているのが注目だ。
全てを失いかけながら、人生を賭けて大仕事に挑む海の男を熱演している。

海洋サルベージ会社”アゴラ”に派遣されていた陰謀を知るスクート・マクネイリー、潜水員のベン・メンデルソーンイギリス人の乗員マイケル・スマイリーデヴィッド・スレルフォール、ブランウェル・ドナヒー、ロシア人のセルゲイ・コレスニコフ、エンジン員のセルゲイ・プスケパリス、ソナー員のセルゲイ・ヴェクセル、海図担当のグリゴリー・ドブリギン、主人公に可愛がられる若者ボビー・スコフィールド、主人公の妻ジョディ・ウィッテカー、アゴラに雇われ後援者を演じた俳優のトビアス・メンジーズ、主人公に解雇を伝えるアゴラの社員カール・デイヴィス、主人公に金塊の話をする友人のダニエル・ライアンなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021