4238 Movies

ブラックホーク・ダウン Black Hawk Down (2001)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

1999年に発表された、マーク・ボウデンの著書”Black Hawk Down”を基に製作された作品。
1993年にソマリアで起きたアメリカ軍ソマリア民兵間の軍事衝突”モガディシュの戦闘”を描く、製作、監督リドリー・スコット、出演ジョシュ・ハートネットユアン・マクレガートム・サイズモアエリック・バナウィリアム・フィクトナーサム・シェパードジェイソン・アイザックス他共演の戦争ドラマ。


ドラマ(戦争)


スタッフ キャスト ■
監督:リドリー・スコット
製作
リドリー・スコット

ジェリー・ブラッカイマー
製作総指揮
サイモン・ウェスト

マイク・ステンソン
チャド・オーマン
ブランコ・ラスティグ

原作:マーク・ボウデンBlack Hawk Down
脚本:ケン・ノーラン
撮影:スワヴォミール・イジャック

編集:ピエトロ・スカリア
音楽
リサ・ジェラルド

ハンス・ジマー

出演

● 第75レンジャー連隊
マット・エヴァーズマン二等軍曹:ジョシュ・ハートネット
ジョン・グライムズ特技下士官:ユアン・マクレガー
ダニー・マクナイト中佐:トム・サイズモア
マイク・D・スティール大尉:ジェイソン・アイザックス
ショーン・ネルソン特技下士官:ユエン・ブレムナー
ランス・トゥオンブリー特技下士官:トム・ハーディ
カート・シュミット衛生兵:ヒュー・ダンシー
ジョン・ビールズ中尉:ヨアン・グリフィズ
ジェフ・ストルッカー二等軍曹:ブライアン・ヴァン・ホルト
トッド・ブラックバーン上等兵:オーランド・ブルーム
ジョン・ワッデル二等兵:イアン・ヴァーゴ
ドミニク・ピラ三等軍曹:ダニー・ホック
スコット・ギャレンタイン三等軍曹:グレゴリー・スポーレダー
ロレンゾ・ルイス三等軍曹:エンリケ・ムルシアーノ
マイク・カース特技兵:ガブリエル・カソーズ
ジェイミー・スミス伍長:チャーリー・ホフハイマー
エド・ユーレク二等軍曹:トム・グアリー
ケニ・トーマス三等軍曹:タック・フィッツジェラルド

● デルタフォース
ウィリアム・F・ガリソン少将:サム・シェパード
ノーマン”フート”ギブソン一等軍曹:エリック・バナ
ジェフ・サンダーソン一等軍曹:ウィリアム・フィクトナー
クリス・ウェックス曹長:キム・コーツ
ゲイリー・ハレル中佐:ジェリコ・イヴァネク
ランディ・シュガート一等軍曹:ジョニー・ストロング
ゲイリー・ゴードン曹長:ニコライ・コスター=ワルドー
ジョー・クリッブス中佐:スティーブン・フォード
ダニエル・ブッシュ一等軍曹:リチャード・タイソン

● 第160特殊作戦航空連隊
マイク・デュラント准尉:ロン・エルダード
トム・マシューズ中佐:グレン・モーシャワー
クリフ”エルヴィス”ウォルコット准尉:ジェレミー・ピヴェン
マイク・ゴフィーナ准尉:ボイド・ケストナー

● その他
オスマン・アリ・アットジョージ・ハリス

フィリンビ:トレヴァ・エチエンヌ
ホックティモシー・A・ウィルキンソン(United States Air Force Pararescue):タイ・バーレル

アメリカ/イギリス 映画
配給 コロンビア・ピクチャーズ

2001年製作 144分
公開
北米:2001年12月28日
イギリス:2002年3月30日
日本:2002年1月18日
製作費 $92,000,000
北米興行収入 $108,638,750
世界 $172,989,650


アカデミー賞 ■
第74回アカデミー賞
・受賞
音響・編集賞
・ノミネート
監督・撮影賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
1992年、東アフリカソマリア
部族間の長年に渡る抗争により全土に飢餓が生じ、30万人もの民間人が餓死した。

最強部族を率いるモハメッド・ファッラ・アイディードは、首都モガディシュを制圧して国際援助の食料を奪い、敵対する部族に対し飢餓を武器として利用した。

アイディード派への国際的な批判が高まり、アメリカ海兵隊2万人が派遣され食料が配布され、一旦は秩序が回復した。

1993年4月、アイディードは、海兵隊の撤退を待ち国連平和維持軍に宣戦布告した。

6月、アイディードの兵士が国連パキスタン兵24人を虐殺し、アメリカ兵も攻撃対象となった。

8月下旬、アメリカ軍精鋭部隊、デルタフォース第75レンジャー連隊第160特殊作戦航空連隊が、アイディードの拉致と治安回復のために派遣された。

3週間の予定だった作戦は、6週間経っても事態の進展は見られず、アメリカ政府は焦り始めた・・・。
__________
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
1993年、東アフリカソマリア
アメリカは、民間人30万人を餓死させたアイディード派とその民兵による内戦に介入する。
アメリカ軍司令官ガリソン少将は、精鋭部隊、デルタフォース第75レンジャー連隊第160特殊作戦航空連隊の統合部隊で、ある秘密作戦を開始する。
アイディード派の幹部二人を捕らえる計画は容易に成功すると考えられたが、民兵の反撃で”UH-60 ブラックホーク”が撃墜される。
更に強襲部隊は市街に取り残され、民兵は容赦なく襲い掛かる。
死傷者が出たことを知り主導権も奪われたガリソンは、救援部隊に必ず全員を連れ戻すよう命ずるのだが・・・。
_________

実際に起きた軍事衝突、その市街戦の凄まじさと臨場感、映像にこだわるリドリー・スコットのリアルな戦闘描写が息つく間もなく展開する。

プライベートの描写はなく兵士として仲間のために戦いに生きる兵士、戦う目的を見つける者、恐怖と戦う者、そして犠牲者、アメリカにとって完全に失敗であったソマリアへの軍事介入について考えさせる内容というよりも、戦う者それぞれの心を映し出す描写が印象に残る。

精鋭部隊の統合作戦は、専門用語なども多用され一般人には複雑に見えるのだが、個性派スターを揃えたその役柄の分担が見事だ。

第74回アカデミー賞オスカーを受賞しただけあり、その編集の素晴らしさで非常に解り易い内容となっている。
*他アカデミー賞では音響賞も受賞した。
・ノミネート/監督・撮影賞

ロケは主にモロッコで行われ、製作費は9200万ドル、北米興行収入は1億ドルを突破、全世界では約1億7300万ドルのヒットとなった。

アメリカ軍の単独作戦を描く作品ながら、多くの兵士役はイギリス人若手スター他で占めているところも注目だ。

激戦下でも微妙にユーモラスな兵士、違う部隊員同士しのささやかな友情なども押しつけがましくなく描かれているところがいい。

主役が特定できないと言っていい配役の中で印象に残るのは、兵士として単に戦闘を行い任務を遂行する勇敢なデルタフォース隊員エリック・バナ、同じく戦闘能力以上に思慮深さも感じられるウィリアム・フィクトナー、彼と行動を共にする第75レンジャー連隊のデスク担当兵士ユアン・マクレガー、車両部隊を指揮する勇気ある指揮官トム・サイズモア、ユーモラスな演技が印象的なレンジャー隊員ユエン・ブレムナーレンジャーの指揮官マイク・D・スティール大尉を熱演するジェイソン・アイザックス、辛い立場の作戦司令官を好演するサム・シェパード、そして、共に戦った者と部下の戦死で戦う意味を知る分隊長ジョシュ・ハートネットらが共演している。

・他の配役はこちら/スタッフ・キャスト


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020