4452 Movies

ブラックハット Blackhat (2015)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

破壊工作により先物相場を動かし巨額の利益を得ようとするサイバー・テロ組織に対抗する、事件解決のため協力することになったハッカーの戦いを描く、製作、監督マイケル・マン、主演クリス・ヘムズワースワン・リーホンタン・ウェイヴィオラ・デイヴィス他共演のサスペンス。


ドラマ(サスペンス/犯罪)


スタッフ キャスト
監督:マイケル・マン

製作
マイケル・マン
トーマス・タル
ジョン・ジャシュニ
製作総指揮
アレックス・ガルシア
エリック・マクレオド
脚本:モーガン・デイビス・フォール
撮影:スチュアート・ドライバーグ
編集
ジョー・ウォーカー
ステファン・E・リヴキン
音楽
ハリー・グレッグソン=ウィリアムズ
アッティカス・ロス

出演
ニコラス・ハサウェイ:クリス・ヘムズワース
チェン・ダーワイ大尉:ワン・リーホン
チェン・リエン:タン・ウェイ
キャロル・バレットFBI捜査官:ヴィオラ・デイヴィス
マーク・ジェサップ連邦保安官補:ホルト・マッキャラニー
アレックス・トラン刑事:アンディ・オン
エリアス・カサール:リッチー・コスター
サダック”ブラックハット”:ヨリック・ヴァン・ヴァーヘニンゲン
リッチ・ドナヒューNSA局員:ウィリアム・メイポーザー
ヘンリー・ポラックFBI捜査官:ジョン・オーティス
アロンゾ・レイエス/ロザーノ:マニー・モンタナ

アメリカ 映画
配給 ユニバーサル・ピクチャーズ
2015年製作 133分
公開
北米:2015年1月16日
日本:2015年5月8日
製作費 $70,000,000
北米興行収入 $8,006,000
世界 $19,652,060


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
香港チャイワン
原子力発電所のシステムに何者かがハッキングし、冷却ポンプが破壊されて爆発事故が起きる。

作業員8名が死亡し27名が入院する事態となり、半径10キロ以内の住民は避難する。

ペンシルベニア州。
収監中のハッカー、ニコラス・ハサウェイ(クリス・ヘムズワース)は、携帯電話を使い不正アクセスし、囚人達の購買用口座の残高を増やしたことで取り調べを受ける。

中国政府は事件の調査を軍に命じ、サイバー防衛担当のチェン・ダーワイ大尉(ワン・リーホン)は、RAT(遠隔操作ツール)が使われたことを上官に伝える。

同様に攻撃を受けたアメリカの原発は、ソウトウェアが異なっていたために侵入を免れたこともチェンは説明する。

RATのコードは不明で、原発の汚染された制御室にも入れず、犯人から何も要求がないため、チェンは、FBIと連携してコードを知るしかなかった。
...全てを見る(結末あり)

 


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
香港チャイワンの原発のシステムにハッカーが侵入し、爆発事故が起きる。
中国政府は軍に対処を命じ、サイバー防衛担当のチェンが、FBIと連携して犯人を突き止めようとする。
ネットワーク技術者の妹リエンと共にアメリカに向かったチェンは、FBI捜査官バレットに迎えられる。
今回の事件にRAT(遠隔操作ツール)が使われていたことを知ったチェンは、それを共同で作った服役中のハッカーである、大学のルームメイトだったニコラス・ハサウェイの協力が不可欠だとバレットに伝える。
出所したハサウェイはチェンらに協力し、監視されながら犯人追跡の手掛かりを得ようとするのだが・・・。
__________

製作、監督のマイケル・マンと、期待の若手スター、クリス・ヘムズワースが組んだ作品ということで注目された作品。

マイケル・マンの、リアリズムを追求する映像とシャープな演出が随所で生かされている作品ではあるが、彼自身が参加しなかったせいか、脚本の弱さが気になる。

単なるとハッカーと言っては語弊があるが、その主人公が、FBI連邦保安官以上の行動力と、工作員か殺し屋のような能力があることが不自然でならない。

また、犯人が事件を起こした理由である、大規模な破壊工作による相場操作など、成功したとしても捜査を逃れられるはずがないような、荒唐無稽な内容も気になる。

主演を演じられるスタートして、容姿、雰囲気共に問題ないクリス・ヘムズワースは、ハッカーという役柄であるため仕方がないが、マイケル・マン作品の主人公としては、やや貫録が足りない感じもする。

熱演はするものの、中国人エリート兄妹役のワン・リーホンタン・ウェイアジア人的美形コンビも、世界規模の大事件に対処する人物としては適役だったか疑問で、物語に深みが欠ける要因ではなかろうか。

マイケル・マン作品としては、批評家、観客共に珍しく評価は低く、興行的にも、7000万ドルの製作費を回収するどころではない、大失敗作に終わってしまった。

北米興行収入 $8,006,000
世界 $19,652,060

事件捜査に協力するFBI捜査官ヴィオラ・デイヴィス、同じく連邦保安官ホルト・マッキャラニー香港の刑事アンディ・オン、犯人一味のリッチー・コスター、そのボス、ヨリック・ヴァン・ヴァーヘニンゲンNSA局員ウィリアム・メイポーザーFBI捜査官ジョン・オーティス、犯人一味のマニー・モンタナなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021