4218 Movies

ベッドタイム・ストーリー Bedtime Stories (2008)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

子供達を寝かしつける話が現実になることに気づいた青年に巻き起こる騒動を描く、製作総指揮、監督アダム・シャンクマン、製作、主演アダム・サンドラーケリー・ラッセルガイ・ピアースジョナサン・プライスコートニー・コックスロブ・シュナイダー他共演のコメディ。


コメディ


スタッフ キャスト ■
監督:アダム・シャンクマン
製作総指揮
アダム・シャンクマン

ジェニファー・ギブゴット
アン・マリー・サンダーリン
ギャレット・グラント
製作
アダム・サンドラー

アンドリュー・ガン
ジャック・ジャラプト
脚本
マット・ロペス

ティム・ハーリヒー
撮影:マイケル・バレット
編集
トム・コスティン

マイケル・トロニック
音楽:ルパート・グレグソン=ウィリアムズ

出演
スキーター・ブロンソン:アダム・サンドラー

ジル:ケリー・ラッセル
ケンドル・ダンカン:ガイ・ピアース
ミッキー:ラッセル・ブランド
バリー・ノッティンガム:リチャード・グリフィス
マーティ・ブロンソン/ナレーター:ジョナサン・プライス
ウェンディ・ブロンソン:コートニー・コックス
アスペン:ルーシー・ローレス
ヴァイオレット・ノッティンガム:テレサ・パーマー
ボビー:ローラ・アン・ケスリング
パトリック:ジョナサン・モーガン・ヘイト
ドナ・ハインド市長:アイシャ・タイラー
エンジニア:ニック・スウォードソン
ディクソン夫人:キャスリン・ジューステン
フェラーリの男:アレン・コヴァート
先住民の酋長/強盗:ロブ・シュナイダー

アメリカ 映画
配給 ウォルト・ディズニー・ピクチャーズ

2008年製作 99分
公開
北米:2008年12月25日
日本:2009年3月20日
製作費 $80,000,000
北米興行収入 $109,993,850
世界 $212,874,440


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
1974年。
マーティ・ブロンソン(ジョナサン・プライス)はモーテル経営を始め、子供達もそれをよく手伝っていた。

しかし、ブロンソンは経営者としては失格で、息子に才覚があれば将来を任せるという条件で、モーテルをバリー・ノッティンガム(リチャード・グリフィス)に売却してしまう。

その後、小さなモーテルは世界的なホテルに変貌するのだが、ブロンソンの息子スキーター(アダム・サンドラー)は、25年もの間、その設備係の下働きだった。

ある日、ノッティンガムが壮大な新ホテル計画を発表し、地道に働くスキーターは、いよいよその支配人を自分が任されるのではと期待する。

しかし、支配人はノッティンガムのお気に入りのケンドル・ダンカン(ガイ・ピアース)に決定し、スキーターは落胆する。

そんなスキーターは、教師の職を失った姉ウェンディ(コートニー・コックス)がアリゾナに面接に行くため、彼女の子供達パトリック(ジョナサン・モーガン・ヘイト)とボビー(ローラ・アン・ケスリング)を1週間預かることになってしまう。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

アダム・サンドラー自身のプロダクション”Happy Madison”とアンドリュー・ガンの”Gunn Films”の共同製作作品。

*(簡略ストー リー)

ディズニー映画らしい、奇想天外なファンタジー・コメディで、CGや特撮を駆使した大掛かりな映像は、子供だけでなく大人も十分に楽しめる。

興行収入は、北米で約1億1000万ドル、全世界では約2億1300万ドルのヒットとなった。

主演のアダム・サンドラーを中心に、無名の子役達も含め、キャラクターそれぞれの個性を生かしたアダム・シャンクマンの演出手腕も見ものだ。

主人公をサポートする美人女優人や、実力ある演技派などが、楽しく愉快に演じてくれる豪華競演も注目だ。

主演のアダム・サンドラーは、それほど大はしゃぎをするわけではないが、どこにでもいる青年役を、お馴染みのとぼけた雰囲気で演じ切り、大いに笑わせてくれる。

主人公と恋仲になる学校教師のケリー・ラッセル、新ホテルの支配人候補で、彼にしてはかなり”外れた”役を演ずるガイ・ピアース、ホテルのウエイター、経営者の娘と結婚し大富豪になるラッセル・ブランド、大ホテル・チェーンのオーナー、リチャード・グリフィス、その娘役のテレサ・パーマー、ノッティンガム(R・グリフィス)にモーテルを売り渡す主人公の父ジョナサン・プライス、主人公の姉コートニー・コックス、その子供達ローラ・アン・ケスリングジョナサン・モーガン・ヘイト、嫌味なホテルのフロント係ルーシー・ローレス、市長役のアイシャ・タイラー、モーテル時代からの馴染み客キャスリン・ジューステン、そして、アダム・サンドラー作品といえばこの人、ロブ・シュナイダーが、先住民の酋長と強盗役で登場するのも実に嬉しい。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020