4216 Movies

ベッドかざりとほうき Bedknobs and Broomsticks (1971)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

1943年に発表された、メアリー・ノートンの同名児童文学の映画化。
魔女見習いの女性と疎開してきた子供達が繰り広げる騒動を描く、監督ロバート・スティーヴンソン、主演アンジェラ・ランズベリーデヴィッド・トムリンソンロディ・マクドウォールサム・ジャッフェ他共演のファンタジー・ミュージカル・コメディ。


ミュージカル


スタッフ キャスト ■
監督:ロバート・スティーヴンソン
製作:ビル・ウォルシュ
原作:メアリー・ノートン
脚本
ビル・ウォルシュ

ドン・ダグラディ
撮影:フランク・V・フィリップス
編集:コットン・ウォーバートン
美術・装置
ジョン・B・マンスブリッジ

ピーター・エレンショー
エミール・クリ
ハル・ガウスマン
衣装デザイン:ビル・トーマス
音楽
アーウィン・コスタル

リチャード・M・シャーマン
ロバート・B・シャーマン
主題曲
The Age of Not Believing

出演
エグランタイン・プライス:アンジェラ・ランズベリー
エミリアス・ブラウン:デヴィッド・トムリンソン
チャーリー・ローリンズ:イアン・ウェイヒル
キャリー・ローリンズ:シンディ・オカラハン

ポール・ローリンズ:ロイ・スナート
ジェルク氏:ロディ・マクドウォール

ブックマン:サム・ジャッフェ
ヘラー大佐:ジョン・エリクソン
スウィンバーン:ブルース・フォーサイス
国土防衛軍の老兵:ハンク・ウォーデン

アメリカ 映画
配給 ウォルト・ディズニー・ピクチャーズ

1971年製作 117分(DC:139分)
公開
北米:1971年12月13日
日本:1973年3月10日
製作費 $20,000,000


アカデミー賞 ■
第44回アカデミー賞
・受賞
視覚効果賞
・ノミネート
美術・衣装デザイン・歌曲・音楽賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
1940年8月、第二次大戦下、イングランド
ロンドン大空襲を逃れ、チャーリー・ローリンズ(イアン・ウェイヒル)、キャリー(シンディ・オカラハン)、ポール(ロイ・スナート)の三兄妹は、海岸沿いの小さな町ペパリンジ・アイに疎開して来る。

兄妹は、風変わりな婦人エグランタイン・プライス(アンジェラ・ランズベリー)に預けられることになり、彼女の怪しい家に向かう。

子供達に食事を与え眠らせたプライスは、通信魔法大学の検定で初級合格を果たし、見習い魔女になったとの連絡と、その証となるほうきを受け取る。

早速、プライスは呪文を唱え、ほうき乗りに挑戦するのだが、ロンドンに向かおうと家を逃げ出そうとした子供達が、空を飛ぶ彼女を目撃してしまう。
・・・全てを見る


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
ロンドン大空襲を逃れて、海岸沿いの小さな町疎開してきたチャーリー、キャリー、ポールの三兄妹は、風変わりな女性であるエグランタイン・プライスの家で暮らすことになる。
プライスは、魔法大学の通信教育で魔女見習いの検定に合格し、空飛ぶほうきを受け取る。
それに乗ったプライスを、子供達は目撃してしまい、その秘密を守る代わりに、彼女から何かをもらおうとする。
プライスは、ベッドの飾りに呪文をかけて、それが移動できるようにしてポールに渡す。
そんな時、魔法大学の最終講座が中止になってしまい、プライスは子供達を連れてロンドンに向かう。
ただの曲芸師だった大学の学長ブラウンに会ったプライスは、伝授された呪文が、古書から抜粋した言葉だったことを知る。
その”代役移動の術”の呪文を見つけたプライスだったが、彼女はそれが途中で終わっているのを知る。
そして、プライスはブラウンと子供達と共に、その最後の呪文の言葉を探すため、ベッドに乗って飛び立つのだが・・・。
__________

メリー・ポピンズ」(1964)を大ヒットさせたロバート・スティーヴンソン監督作品で、アニメと実写を融合させ、特殊効果を駆使したファンタジックな仕上がりは、同作によく似た雰囲気で展開する。

当時としては巨額と言える2000万ドルをかけた大作で、第44回アカデミー賞では、視覚効果賞を受賞した。
・ノミネート
美術・衣装デザイン・歌曲・音楽賞

風変わりな雰囲気で登場する主人公は、実は気のいい婦人で、生意気な子供達や、人間味のある詐欺師まがいの曲芸師など、ディズニー映画ならではのキャラクターが繰り広げる冒険劇は、実に楽しい。

細かい話だが、ロンドン大空襲は1940年の9月7日から始まるので、物語の始まりが8月というのは誤りである。

変人のような登場から、愛すべき人物に思えてくる、笑顔がホッとする魔女見習いの主人公アンジェラ・ランズベリー、彼女を上回る好感度で、作品を盛り上げる魔法大学学長、実はただの曲芸師だった、「メリー・ポピンズ」(1964)では厳格な銀行家を好演したデヴィッド・トムリンソン、子供達イアン・ウェイヒル、シンディ・オカラハン、ロイ・スナート、彼にしては全くの端役がやや寂しい、町の牧師ロディ・マクドウォール、呪文の本の半分を持つ老人サム・ジャッフェ、その助手ブルース・フォーサイスドイツ軍指揮官のジョン・エリクソンなどが共演している。

国土防衛軍の老兵役で、ジョン・フォード一家として活躍した、ハンク・ウォーデンが一瞬登場するが、そのシーンだけで彼だと分かった方はかなりの映画通だ。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020