4260 Movies

Be Cool/ビー・クール Be Cool (2005)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

1995年に公開された「ゲット・ショーティ」の続編で、1990年に発表された、エルモア・レナードの”Get Shorty”が原作。
製作総指揮、監督F・ゲーリー・グレイ、主演ジョン・トラボルタユマ・サーマンヴィンス・ヴォーンザ・ロックハーヴェイ・カイテル他共演のコメディ・ドラマ。


ドラマ(コメディ)


スタッフ キャスト ■
監督:F・ゲーリー・グレイ
製作総指揮
エルモア・レナード

F・ゲーリー・グレイ
製作
ダニー・デヴィート

マイケル・シャンバーグ
原作:エルモア・レナード

脚本:ピーター・スタインフェルド
撮影:ジェフリー・L・キンボール
編集:シェルドン・カーン
音楽:ジョン・パウエル

出演
チリ・パーマー:ジョン・トラボルタ

イーディ・アテネ:ユマ・サーマン
ロジャー”ラジ”ローウェンタール:ヴィンス・ヴォーン
シン・ラサール:セドリック・ジ・エンターテイナー
ダブ:アンドレ・3000
エリオット・ウィルヘルム:ザ・ロック
ニック・カー:ハーヴェイ・カイテル
リンダ・ムーン:クリスティーナ・ミリアン
ジョセフ”ジョー・ループ”ルピーノ:ロバート・パストレリ
ロマン・バルキン:アレックス・キュービック
ハイマン・ゴードン:ポール・アデルスタイン
マーラ:デビ・メイザー
ダリル:グレゴリー・アラン・ウィリアムズ
マーティン・ウィア:ダニー・デヴィート
プロデューサー:セス・グリーン
トミー・アテネ:ジェームズ・ウッズ
アイヴァン・アルジアニエフ:ジョージ・フィッシャー

・カメオ出演
エアロスミス

(スティーヴン・タイラージョー・ペリートム・ハミルトンブラッド・ウィットフォードジョーイ・クレイマー)
ワイクリフ・ジョン

ブラック・アイド・ピーズ
ジーン・シモンズ
フレッド・ダースト
アンナ・ニコル・スミス
デラ・リーズ

アメリカ 映画
配給 MGM

2005年製作 119分
公開
北米:2005年3月4日
日本:2005年9月3日
製作費 $53,000,000
北米興行収入 $55,808,740
世界 $95,226,120


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
映画プロデューサーとして成功したチリ・パーマー(ジョン・トラボルタ)だったが、それにも飽きてきた彼は、元の取立て屋に戻ろうとも思っていた。

そんな時、旧友で、インディーズ・レーベルのオーナーであるトミー・アテネ(ジェームズ・ウッズ)が、新人シンガーのリンダ・ムーン(クリスティーナ・ミリアン)を育てる話をパーマーに持ちかける。

その話にも、今一気乗りしないパーマーだったが、トミーがロシアン・マフィアのローマン・バルキン(アレックス・キュービック)に射殺されてしまう。

その後、クラブで働くリンダと会ったパーマーは、マネージャーのロジャー”ラジ”ローウェンタール(ヴィンス・ヴォーン)に、彼女が店を辞めることを告げる。

リンダの才能を見極めたパーマーは、彼女のマネージャーになることをラジに伝え店を去ろうとする。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
映画プロデューサーとして成功していたチリ・パーマーは、旧友トミーから新人歌手リンダのプロデュースに誘われる。
しかし、トミーはロシアン・マフィアに殺されてしまい、パーマーはラジのクラブで働くリンダの才能を見極め、強引に彼女を連れ出してしまう。
リンダと契約を結んでいたマネジメント会社のニックは、パーマーを抹殺しようとするが、それに失敗してしまう。パーマーは、トミーの妻イーディと共にリンダを売り込む準備を始める。
そしてパーマーは、ロシアン・マフィアや借金の返済を迫るプロデューサーのラサール、更にニックとラジの陰謀をかわしながら、リンダの成功を目指した計画を実行し始める・・・。
__________

前作「ゲット・ショーティ」(1995)の主人公、チリ・パーマーの魅力に魅了された者にとっては待望の作品。

映画マニアを強調するセリフなどは前作より減ってはいるが、相変わらず、策略家として抜群の行動力を見せる、腕っ節も強いクールな主人公を、ジョン・トラボルタは痛快に演じている。

主演のジョン・トラボルタユマ・サーマンが、共演作「パルプ・フィクション」(1994)を髣髴される、ダンスを披露するシーン等も嬉しい。

前作を凌ぐ豪華キャストは見もので、ドジなクラブ・マネージャー役のヴィンス・ヴォーン、後半活躍する彼のボディーガード、ドウェイン・ジョンソン/ザ・ロック、子煩悩なところなどが実に愉快な極悪プロデューサー、セドリック・ジ・エンターテイナーアンドレ・3000、あくどいマネジメント会社のオーナーで、前作ではクライマックスに本人役で登場するのみだったハーヴェイ・カイテルなど、絶妙なバランスで絡み合う、スターの競演が見所でもある。

主人公に才能を開花させられる、歌手役のクリスティーナ・ミリアン、殺し屋のロバート・パストレリ、ロシアン・マフィアのアレックス・キュービック、ジョージ・フィッシャー、主人公のパートナー役のポール・アデルスタイン、刑事役のデビ・メイザーグレゴリー・アラン・ウィリアムズ、ビデオ・プロデューサー役のセス・グリーン、そして、今回は出番は少ないダニー・デヴィートと、冒頭で殺されてしまうジェームズ・ウッズなどが共演している。

・カメオ出演
エアロスミス

(スティーヴン・タイラージョー・ペリートム・ハミルトンブラッド・ウィットフォードジョーイ・クレイマー)
ワイクリフ・ジョン

ブラック・アイド・ピーズ
ジーン・シモンズ
フレッド・ダースト
アンナ・ニコル・スミス
デラ・リーズ


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020