4239 Movies

バトルシップ Battleship (2012)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

ボードゲームの”Battleship”をヒントにした、エイリアンの侵略に立ち向かう、人類の戦いを描く、製作、監督ピーター・バーグ、主演テイラー・キッチュブルックリン・デッカーアレクサンダー・スカルスガルドリアーナリーアム・ニーソン浅野忠信他共演のミリタリーSFアクション超大作。


アクション/アドベンチャー


スタッフ キャスト ■
監督:ピーター・バーグ
製作
サラ・オーブリー

ピーター・バーグ
ブライアン・ゴールドナー
ダンカン・ヘンダーソン
ベネット・シュナイアー
スコット・ステューバー
原案:ハズブロBattleship”(ゲーム)
脚本
ジョン・ホーバー

エリック・ホーバー
撮影:トビアス・A・シュリッスラー
編集
コルビー・パーカーJr.

ビリー・リッチ
ポール・ルベル
音楽:スティーブ・ジャブロンスキー

出演
アレックス・ホッパー:テイラー・キッチュ

サマンサ”サム”シェーン:ブルックリン・デッカー
コーラ・レイクス:リアーナ
ストーン・ホッパー:アレクサンダー・スカルスガルド
テランス・シェーン提督:リーアム・ニーソン
ウォルター”ビースト”リンチ:ジョン・ツイ
ジミー”オーディ”オード:ジェシー・プレモンス

ミック・キャナルズ:グレゴリー・D・ガトソン
ノグレディ博士:アダム・ゴドリー
キャル・ザパタ:ハミッシュ・リンクレイター
ユウジ・ナガタ:浅野忠信
国防長官ピーター・マクニコル

アメリカ 映画
配給 ユニバーサル・ピクチャーズ

2012年製作 131分
公開
北米:2012年5月18日
日本:2012年4月13日
製作費 $209,000,000
北米興行収入 $65,422,630
世界 $303,025,490


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
NASAは、地球に酷似した惑星を発見して、2006年に、それに向けて発信する信号の通信装置を開発し、その計画は”ビーコン・プロジェクト”と名付けられた。

ヒマラヤ、ビーコン国際プロジェクト基地。
責任者である科学者ノグレディ博士(アダム・ゴドリー)は、惑星”プラネットG”への信号が、ハワイオアフ島の基地から発信されたことを伝える。

アメリカ海軍中佐で、駆逐艦サンプソン艦長の兄ストーン・ホッパー(アレクサンダー・スカルスガルド)とバーで飲んでいたアレックス(テイラー・キッチュ)は、現れたサマンサ”サム”シェーン(ブルックリン・デッカー)に声をかける。

アレックスは、サマンサがチキン・ブリトーを欲しがったために、付近の閉店後のコンビニに侵入する。

そしてアレックスは、警察に捕えられながらも、サマンサに盗んだブリトーを渡す。

翌朝、サマンサが、太平洋艦隊司令長官のテランス・シェーン提督(リーアム・ニーソン)の娘だったことが分かる。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
2006年、NASAは、地球に酷似した惑星を発見し、信号を発信するプロジェクトを開始する。
2012年。
アメリカ海軍他、各国が参加する環太平洋合同演習(リムパック)が始るが、そこに、宇宙から飛来した飛行物体が現れ、ハワイ沖に着水する。
太平洋艦隊司令長官シェーン提督は、演習中の駆逐艦サンプソン、ミサイル駆逐艦ジョン・ポール・ジョーンズ、日本の海上自衛隊、護衛艦みょうこうを偵察に向かわせる。
ジョン・ポール・ジョーンズの大尉アレックスは、ある物体を調べるよう、兄のサンプソン艦長ストーンに命じられる。
しかし、物体は攻撃を開始してサンプソンは沈没し、アレックスらは、海域に張られたシールド内に閉じ込められてしまう。
物体から飛び立った飛行体は、ハワイの基地や市街を攻撃し、電波発信基地にはエイリアンの部隊が到着する・・・。
__________

その昔は侵略者、後に友好的に描かれ、最近は再び、人類を脅かす存在として描かれることの多いエイリアンとの戦いも、いささか飽きてきた感じもする。

ストーリーも派手なアクションも新鮮味がなく、荒唐無稽な内容に、目の肥えたアメリカ人は納得せず、ラジー賞を総なめにする可能性もあった、酷評された作品でもある。

ユニバーサル・ピクチャーズの100周年記念作品として、2億ドル以上をかけた超大作だが、北米では約6500万ドルと不調で、日本他各国の健闘で、全世界では3億ドルを超すヒットとなった。

太平洋艦隊司令長官として存在感を見せている、リーアム・ニーソンの出演で興味を持った者にとってはもの足りない作品。
彼以外では、実際に両足を失った、勇敢な退役兵を演ずるグレゴリー・D・ガトソンが印象深い。

主演のテイラー・キッチュも、優秀なのかやんちゃなだけか、今一インパクトに欠ける。

彼の恋人で理学療法士のブルックリン・デッカーラジー賞を受賞した、兵士とは思えない、子供が軍服を着ているような主人公の部下役リアーナ、主人公の兄役で、ステラン・スカルスガルドの息子アレクサンダー・スカルスガルド、機関士ジョン・ツイ、同僚ジェシー・プレモンス、電波発信計画の責任者アダム・ゴドリーハワイ支局の科学者ハミッシュ・リンクレイター海上自衛隊護衛艦の”みょうこう”艦長として、序盤で命を落とすかと思いきや、一応、全編に登場している浅野忠信、彼に国防長官を演じさせる必要があるのか疑問が残るミスキャスト気味のピーター・マクニコルなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020