4240 Movies

バック・トゥ・ザ・フューチャー Back to the Future (1985)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

平凡な高校生とタイムマシンを開発した科学者が繰り広げる騒動を描く、SFコメディの傑作。
製作スティーヴン・スピルバーグ、監督、脚本ロバート・ゼメキス、主演マイケル・J・フォックスクリストファー・ロイドリー・トンプソンクリスピン・グローヴァートーマス・F・ウィルソン他共演。


SF

スティーヴン・スピルバーグ / Steven Spielberg 作品一覧


スタッフ キャスト
監督:ロバート・ゼメキス
製作総指揮
スティーヴン・スピルバーグ
キャスリーン・ケネディ
フランク・マーシャル
製作
ボブ・ゲイル
ニール・カントン
脚本
ロバート・ゼメキス
ボブ・ゲイル

撮影:ディーン・カンディ
編集
ハリー・ケラミダス

アーサー・シュミット
音楽:アラン・シルヴェストリ
主題歌:ヒューイ・ルイス&ザ・ニュース
The Power of Love“、 “Back in Time

出演
マーティ・マクフライ:マイケル・J・フォックス
エメット”ドク”ブラウン博士:クリストファー・ロイド
ロレイン・ベインズ・マクフライ:リー・トンプソン
ビフ・タネン:トーマス・F・ウィルソン
ジョージ・マクフライ:クリスピン・グローヴァー
ジェニファー・パーカー:クラウディア・ウェルズ

デヴィッド・マクフライ:マーク・マクルーア
リンダ・マクフライ:ウェンディー・ジョー・スパーバー
サム・ベインズ:ジョージ・ディセンゾ
セテラ・ベインズ:フランシス・リー・マッケイン
ストリックランド:ジェームズ・トールカン
ゴールディー・ウィルソン:ドナルド・フリラヴ
審査員の教師:ヒューイ・ルイス
マッチ:ビリー・ゼイン

アメリカ 映画
配給 ユニバーサル・ピクチャーズ
1985年製作 116分
公開
北米:1985年7月3日
日本:1985年12月7日
製作費 $19,000,000
北米興行収入 $197,902,294
世界 $350,600,000


アカデミー賞
第58回アカデミー賞
・受賞
音響編集賞
・ノミネート
脚本・歌曲・録音賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
カリフォルニア州、ヒル・ヴァレー、1985年10月25日。
高校生のマーティ・マクフライ(マイケル・J・フォックス)は、登校前に、風変わりな科学者エメット”ドク”ブラウン博士(クリストファー・ロイド)の家に寄る。

その場に”プルトニウム”があることに気づかないマーティは、巨大なスピーカーとアンプを使い、それを壊してしまう。

1週間も留守にしているブラウンからの電話を受けたマーティは、夜中1時15分にショッピング・モールの駐車場に来るようにと言われる。

8時になり、無数の時計が一斉に鳴り出すのだが、ブラウンから、計算通り25分遅れだと言われたマーティは遅刻してしまう。

学校の入り口でガールフレンドのジェニファー・パーカー(クラウディア・ウェルズ)に出くわしたマーティは、教師のストリックランド(ジェームズ・トールカン)に見つかってしまう。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

参考:
・「バック・トゥ・ザ・フューチャー」(1985)
・「バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2」(1989)
・「バック・トゥ・ザ・フューチャー PART3」(1990)

*(簡略ストー リー)
1985年10月25日。
高校生マーティ・マクフライは、風変わりな科学者エメット・ブラウン博士からの連絡で夜中に呼び出される。
現れたドクは、愛犬のアインシュタインを車に乗せ、タイムマシンに改造したデロリアンのタイムスリップ実験を成功させる。
そして、未来に向かおうとするドクだったが、デロリアンの動力のプルトニウムを奪ったテロリストに襲われる。
ドクは銃撃されてしまい、慌てたマーティはデロリアンで逃走しようとしてタイムスリップ速度で走行してしまい、ある納屋に突っ込んでしまう。
町に向かったマーティは、30年前の1955年にタイムスリップしてしまったことに気づく。
カフェに向かったマーティは、 同級生のビフにいびられている高校生の父ジョージに出くわす。
ジョージを追う途中、マーティは母ロレインの父親に車で撥ねられ、介抱してくれた彼女に行為を抱かれたために焦ってしまう。
ドクの元に向かったマーティは、自分が30年後から来たということを信じてもらい、土曜の夜に落ちる予定の時計台の落雷を利用し、デロリアンを動かし未来に戻ることを考える。
そんなマーティは、自分に惹かれてしまったロレインを何とかしなければ、歴史が変わってしまうことに気づき、ジョージと彼女の恋を芽生えさせる方法を考えるのだが・・・。
__________

1作完結の予定でいた本作は、ビデオ販売の際にラストで”続く・・・”と入れてしまったため、ファンからの続編希望の問い合せが殺到し、4年後にPart2が作られ、その半年後にPart3が連続して公開される珍しい手法がとられた。

スティーヴン・スピルバーグが製作に参加することで話題を呼び、公開後は社会現象に近い大ブームとなり、興行成績は北米だけで2億ドルに迫り、全世界では約3億5000万ドルという大ヒットを記録、とりわけ日本での人気が高い作品。

辻褄合わせと言われても全く気にならない、斬新なアイデアと綿密に練られた見事な脚本や、気の利いたジョーク、切れのいいロバート・ゼメキスの演出は冴え渡る。

そのスピード感あるドラマ展開をアラン・シルヴェストリの軽快な音楽が盛り上げる。

当時、嫌になるほど耳にしたヒューイ・ルイス&ザ・ニュースの主題歌”The Power of Love“も、世界中で大ヒットした。

2007年、アメリカ議会図書館が、国立フィルム登録簿に登録した作品でもある。

第58回アカデミー賞では、音響編集賞を受賞した。
・ノミネート
脚本・歌曲・録音賞

マーティが30年後の未来から来たことをドクに信じてもらおうとした際、大統領が”ロナルド・レーガン”だと知らせ、ファーストレディが”ジェーン・ワイマン”なのかと訊かれる場面があるのだが、二人は1955年には既に離婚していた。

当初の主演エリック・ストルツから交代したマイケル・J・フォックスの、小柄だが快活で人のいい高校生役は、明るく愉快なムードの作品イメージに合い、正に適役と言える。

参考:
テロリストに襲われ、デロリアンにマーティが乗り込むシーンは、既に6週間の撮影を済ませて降板していたエリック・ストルツの出演映像が使われている。

風変わりだが人間のがある愛すべきキャラクター科学者ブラウン博士を演じた、クリストファー・ロイドの怪演もこの作品の魅力であり、物語が進む(続編)につれて、彼の役柄の重要度が増していく。

老け役と少女時代の二役を好演した主人公の母リー・トンプソン、マクフライ家の天敵ビフ・タネン役のトーマス・F・ウィルソン、主人公のダメパパとSF好きの冴えない青年、さらに有名作家の三役をこなすクリスピン・グローヴァー、母親の病気で女優を引退し、本作で降板してしまったのが残念なジェニファー役のクラウディア・ウェルズ、主人公をに厳しい教師ジェームズ・トールカン、市長になる黒人青年ドナルド・フリラヴ、主人公の兄マーク・マクルーア、姉ウェンディー・ジョー・スパーバー、ロレイン(リー・トンプソン)の両親ジョージ・ディセンゾウェンディー・ジョー・スパーバー、バンドの審査員の教師ヒューイ・ルイスなどが共演し、ビフのワル仲間でビリー・ゼインも端役で登場する。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020