4504 Movies

オースティン・パワーズ Austin Powers: International Man of Mystery (1997)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

マイク・マイヤーズ製作、脚本、主演、”007シリーズ”のパロディである大爆笑コメディ。
製作デミ・ムーア他、監督ジェイ・ローチ、共演エリザベス・ハーレイロバート・ワグナーマイケル・ヨークミミ・ロジャースセス・グリーンファビアナ・ウーデニオ他。


コメディ


スタッフ キャスト ■
監督:ジェイ・ローチ
製作
デミ・ムーア
マイク・マイヤーズ
ジェニファー・トッド
スザンヌ・トッド
製作総指揮
エリック・マクレオド
クレア・ラドニック・ポルスタイン
脚本:マイク・マイヤーズ
撮影:ピーター・デミング
編集:デボラ・ニール=フィッシー
音楽:ジョージ・S・クリントン

出演
マイク・マイヤーズ:オースティン・パワーズ/Dr.イーヴル
エリザベス・ハーレイ:ヴァネッサ・ケンジントン
ロバート・ワグナー:ナンバー・ツー
マイケル・ヨーク:バジル・エクスポジション
ミミ・ロジャース:ミセス・ケンジントン
セス・グリーン:スコット・イーヴル
ファビアナ・ウーデニオ:アロッタ・ファギナ
ミンディ・スターリング:フラウ・ファービッシナ
ポール・ディロン:パティ・オブライエン
チャールズ・ネイピア:ギルモア中将
ウィル・フェレル:ムスタファ
ジョアン・リクター:1960年代のモデル
アナスタシア・サケラリス:1960年代のモデル
クリント・ハワード:ジョンソン・リッター
マーク・ブリングルソン:アンディウォーホル
ロビン・ガンメル:イギリス国連大使
ジム・マクマラン:アメリカ国連大使
キャリー・フィッシャー:セラピスト
バート・バカラック:本人
ロブ・ロウ:首を喰われた男の友達
クリスチャン・スレーター:警備員
ロイス・チャイルズ:警備員の妻
トム・アーノルド:カウボーイ
エリヤ・バスキン:ボルシェヴィスキー将軍
プリシラ・プレスリー:エラ・ミスマ

アメリカ 映画
配給 ニュー・ライン・シネマ
1997年製作 94分
公開
北米:1997年5月2日
日本:1998年7月11日
製作費 $17,000,000
北米興行収入 $53,868,000
世界 $67,683,990


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
1967年、ラスベガス郊外。
世界制覇を企むDr.イーヴル(マイク・マイヤーズ)は、イギリス諜報部員オースティン・パワーズ(マイク・マイヤーズ二役)の抹殺を、部下ムスタファ(ウィル・フェレル)とフラウ・ファービッシナ(ミンディ・スターリング)に命ずる。

ロンドン
パワーズは、情報部のバジル・エクスポジション(マイケル・ヨーク)から、Dr.イーヴルが自分を罠にかけようとしていることを知らされる。

パートナーのミセス・ケンジントン(ミミ・ロジャース)と、現場のクラブに向ったパワーズだったが、Dr.イーヴルは自ら冷凍睡眠装置に入り、”ビッグボーイ”のマスコット型ロケットで脱出してしまう。
...全てを見る(結末あり)

 


解説 評価 感想 ■

参考:
・「オースティン・パワーズ」(1997)
・「オースティン・パワーズ:デラックス」(1999)
・「オースティン・パワーズ ゴールドメンバー」(2002)

*(簡略ストー リー)
世界制覇を企むDr.イーヴルは、イギリス諜報部員オースティン・パワーズの抹殺を計画する。
それに失敗したDr.イーヴルは、冷凍睡眠装置に入り宇宙に脱出し、30年後に地球に戻る。
イギリス情報部は、その日のために冷凍保存していたパワーズを蘇生する。
パワーズは30年前のパートナー、ミセス・ケンジントンの娘ヴァネッサと共にラスベガスに向かい、仕事そっちのけで彼女に迫る。
その頃、Dr.イーヴルは、部下のファービッシナとの間に人工授精で息子スコットが誕生していたことを知る。
そしてDr.イーヴルはナンバー・ツーらと共に、奪った核弾頭で地球の火山を噴火させる”バルカン計画”で国連に脅しをかけ1000億ドルを要求する。
それを阻止するために、パワーズとヴァネッサはDr.イーヴルの拠点基地に侵入するのだが・・・。
__________

登場人物からセットそして音楽までも”007シリーズ”の雰囲気をよく出しているドタバタ・コメディで、3作まで続編が作られた。

1960年代に冷凍保存された、ライバル2人の時代の流れについていけないナンセンスなギャグが大受けした作品で、本作は興行的に振るわなかったものの、続編の「オースティン・パワーズ:デラックス」(1997)は、なんと1作目の約4.5倍(約312億ドル:世界)の興行収入を上げる大ヒットとなった。

任務そっちのけで、パートナーを口説くことばかり考えているパワーズとDr.イーヴル二役を演ずるマイク・マイヤーズの怪演は5年前のデビュー作「ウェインズ・ワールド」(1992)をヒットさせた実力をさらにパワーアップして見せてくれる。
よくもここまでハチャメチャなストーリーを考えたというほど、徹底した下品なギャグの連続ではあるが、どこか懐かしい作風がたまらなく可笑しい。

キュートな魅力の主人公のパートナー、エリザベス・ハーレイ、Dr.イーヴルを裏切る部下のロバート・ワグナー、パワーズに指令を出す、情報部の上司マイケル・ヨーク、元パートナーのミミ・ロジャース、Dr.イーヴルの息子セス・グリーンと母親ミンディ・スターリング、ナンバー・ツー(R・ワグナー)の秘書ファビアナ・ウーデニオ、Dr.イーヴルの部下だが殺されかけるウィル・フェレル、セラピスト役キャリー・フィッシャー、本人役で出演するバート・バカラック、首を喰われた男の友達役のロブ・ロウ、警備員役のクリスチャン・スレーター、元ボンドガールで夫がローラーで轢き殺されるロイス・チャイルズ、トイレのカウボーイ、トム・アーノルドなどなど・・・ 数え切れないほどのスターが出演しているのも注目だ。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021