5193 Movies

凱旋門 Arch of Triumph (1948)

1945年に発表された、エーリヒ・マリア・レマルクの小説”凱旋門”を基に製作された作品。
第二次大戦前夜のパリを舞台に、亡命医師と彼に救われた女性との恋を描く、監督、脚本ルイス・マイルストン、主演イングリッド・バーグマンシャルル・ボワイエチャールズ・ロートンルイス・カルハーン他共演の恋愛ドラマ。

アカデミー賞 ■ ストーリー ■ 解説


ドラマ(ロマンス)

イングリッド・バーグマン / Ingrid Bergman / Pinterest


スタッフ キャスト
監督:ルイス・マイルストン
製作:デヴィッド・ルイス
原作:エーリヒ・マリア・レマルク凱旋門
脚本
ルイス・マイルストン
ハリー・ブラウン
撮影:ラッセル・メティ
編集:ダンカン・マンスフィールド
音楽:ルイス・グルーエンバーグ

出演
ジョアン・マドゥ:イングリッド・バーグマン
ラヴィック医師:シャルル・ボワイエ
フォン・ハーケ:チャールズ・ロートン
ボリス・モロゾフ:ルイス・カルハーン
ケイト・バーグストローム:ルース・ウォリック
ヴェヴェール医師:ローマン・ボーネン
ホテル支配人:J・エドワード・ブロンバーグ
マダム・フェシエ:ルース・ネルソン
アレックス:スティーヴン・ベカシー
ウェイター:クルト・ボウワ
警視:アート・スミス
アリゼ警部:マイケル・ロマノフ

アメリカ 映画
配給
MGM(北米)
ユナイテッド・アーティスツ(世界)

1948年製作 120分/133分(復刻版)
公開
北米:1948年3月6日
日本:1952年5月12日
製作費 $5,000,000


ストーリー

第二次世界大戦前夜、パリ
街には、国外追放を逃れようとする亡命者や不法難民が溢れていた。
その中の1人で、偽名で違法に医療行為を行い、他の難民を助けているオーストリア人医師ラヴィック(シャルル・ボワイエ)は、かつて拷問を受けて恋人を殺された、ナチの将校フォン・ハーケ(チャールズ・ロートン)を目撃して動揺する。
ラヴィックは、そのことを、クラブのドアマンをする友人のボリス・モロゾフ(ルイス・カルハーン)に話し、ハーケに復讐することを考える。
その後ラヴィックは、雨の中で橋に向かい身投げしようとする女性ジョアン・マドゥ(イングリッド・バーグマン)に声をかけ、彼女のことが心配になり、自分が住む難民用のホテルに連れて行く。
ラヴィックは、ジョアンのことを気遣いながら、頼まれた手術のために外出する。
翌朝、ホテルに戻ったラヴィックは、ジョアンから、恋人が昨日、死んだ話を聞き驚き、警察沙汰になる前に処置しようと考え、彼女のホテルに向かう。
ホテルに着いたラヴィックは、遺体を確認して、ジョアンのために清算などを済ませ、警察を待つ彼女を残し、向かいのビストロで待機する。
警察は遺体を運び出してその場を去り、ジョアンの元に戻ったラヴィックは、問題ないことを確認して、彼女を連れて別のホテルに向かう。
ジョアンと別れたラヴィックだったが、その後も彼女が気になり会いに行く。
ジョアンとカフェで話をしたラヴィックは、イタリアルーマニアのハーフであり、女優で歌える彼女をボリスに紹介する。
数日後、クラブに向かったラヴィックは、元気になったジョアンの歌を聴く。
クラブを出たラヴィックとジョアンは、初めて会った日のカフェで話し、やがてに惹かれ合うようになるのだが・・・。


解説 評価 感想

エーリヒ・マリア・レマルクの小説”凱旋門”(1945)を基に製作された作品。

ルイス・マイルストンが脚本を兼ねて監督し、主演はイングリッド・バーグマンシャルル・ボワイエチャールズ・ロートンルイス・カルハーンなどが共演した作品。

第二次大戦前夜のパリを舞台に、亡命医師と彼に救われた女性との恋を描く恋愛ドラマ。

エーリヒ・マリア・レマルクの原作を、一流のスタッフとキャストで製作した作品ではあるが、大戦前夜の激動の時代を描くドラマにしては深味もない内容は残念だ。
一時は死を覚悟し救われたヒロインが、一途な愛を貫けず、その結果に不幸な結末を迎えるという彼女の行動も物語に合わない。

ルイス・グルーエンバーグのドラマチックで美しい音楽が印象に残る。

主演のイングリッド・バーグマンは、様々な表情を見せる不幸な女性を魅力的に演じ、彼女を救い、やがて恋が芽生える亡命医師を演ずるシャルル・ボワイエの控えめな演技は見ものだ。

かつて拷問したラヴィック(シャルル・ボワイエ)の復讐に遭う非情なナチの将校チャールズ・ロートン、ラヴィックの友人を好演するルイス・カルハーン、ラヴィックの女友達ルース・ウォリック、ラヴィックの友人である医師ローマン・ボーネン、主人公のホテル支配人J・エドワード・ブロンバーグ、貴婦人のルース・ネルソン、主人公の恋人となる富豪スティーヴン・ベカシー、カフェのウェイター、クルト・ボウワ、他アート・スミスマイケル・ロマノフなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2022