4215 Movies

パーフェクト・ワールド A Perfect World (1993)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

脱獄犯と人質になった少年の交流と、犯人を知るテキサス・レンジャーの追跡劇を描く、監督、出演クリント・イーストウッドケヴィン・コスナーローラ・ダーン他共演のドラマ。


ドラマ

クリント・イーストウッド / Clint Eastwood 作品一覧
クリント・イーストウッド / Clint Eastwood / Pinterest


スタッフ キャスト ■
監督:クリント・イーストウッド
製作
マーク・ジョンソン

デビット・ヴァルデス
脚本:ジョン・リー・ハンコック
撮影:ジャック・N・グリーン
編集
ジョエル・コックス

ロン・スパング
音楽:レニー・ニーハウス

出演
ロバート”ブッチ”ヘインズ:ケヴィン・コスナー

レッド・ガーネット:クリント・イーストウッド
フィリップ・ペリー:T・J・ローサー
サリー・ガーバー:ローラ・ダーン
ポール・サウンダース:ブルース・マッギル
テリー・ピュー:キース・サセバージャ
トム・アドラー:レオ・バーメスター
ボビー・リー:ブラッドリー・ウィットフォード
グラディス・ペリー:ジェニファー・グリフィン
ボブ・フィドラー:ジョン・M・ジャクソン

アメリカ 映画
配給 ワーナー・ブラザーズ

1993年製作 138分
公開
北米:1993年11月24日
日本:1993年12月
北米興行収入 $31,160,780
世界 $135,200,000


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
1963年、テキサス、”ハンツヴィル州立刑務所”。
脱獄に成功したロバート”ブッチ”ヘインズ(ケヴィン・コスナー)とテリー・ピュー(キース・サセバージャ)は、奪った車を代えようと民家に立ち寄る。

テリーは、母親グラディス・ペリー(ジェニファー・グリフィン)に襲い掛かり、そこに現れた8歳の息子フィリップ(T・J・ローサー)を殴り倒す。

それを見たブッチはテリーを叩きのめし、フィリップに銃を拾わせて受け取るが、隣人が気づきジョットガンを持って家に押し入ってくる。

そしてブッチらは、仕方なくフィリップを人質に取り逃亡する。

テキサス・レンジャーのレッド・ガーネット(クリント・イーストウッド)は、犯罪心理学者サリー・ガーバー(ローラ・ダーン)の助言もそこそこに、州警察のトム・アドラー(レオ・バーメスター)と共に事件を捜査を始めようとする。

知事のエアストリーム・トレイラーを借りたガーバーは、アドラー、FBI捜査官で、射撃の名手ボビー・リー(ブラッドリー・ウィットフォード)、そしてガーバーを乗せて犯人追跡に出発する。

逃亡を続けるブッチは、ある店で車にフィリップとテリーを残し買い物をする。

その間に、テリーにレイプされそうになったフィリップは、トウモロコシ畑に逃げる。

それに気づいたブッチはフィリップを捜して、彼が持っていた銃を受け取りテリーを射殺する。
・・・全てを見る


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
脱獄犯のブッチ・ヘインズとテリーは、ある民家で8歳の少年フィリップを人質に取り逃走する。
連絡を受けたテキサス・レンジャーのベテラン、レッド・ガーネットは、知事のトレイラーを借りて、犯罪心理学者ガーバーらと共に捜査を開始する。
その後ブッチは、テリーがフィリップに手を出そうとしたため彼を殺害し、かつてアラスカから送られてきた父の絵葉書を頼りにその地に向かおうとする。
やがて、父親のいないフィリップは次第にブッチに懐き、二人は親交を深めていく。
しかし、ブッチの犯行の痕跡を頼りに、ガーネットは彼を追い詰めていく・・・。
___________

共に父親の愛を知らない脱獄犯と少年の友情を、クリント・イーストウッドが脇役に徹して監督したヒューマン・ドラマ。

当時、飛ぶ鳥を落とす勢いのケヴィン・コスナーと、前年の「許されざる者」(1992)で、遂にアカデミー賞を受賞したクリント・イーストウッドの共演ということで、大いに話題になった作品。

また、イーストウッドが主宰するマルパソ・プロの作品ということもあり、彼の意欲が窺える作品で
もある。

各方面の評価は悪く、北米興行収入は約3100万ドルに終わるものの全世界では約1億3500万ドルのヒットとなった。

公開当時は、ビッグスターの競演ということで、期待がかかり過ぎて拍子抜けして、フラストレーションが溜まるだけの作品という印象でしかなかった。
しかし、現在でも、想像もしなかった人気低迷が続くケヴィン・コスナーの、絶頂期の魅力は生かされて、イーストウッドも彼らしい演技を見せてくれる。

殺人犯に自分の父親を投影する、彼を慕う少年T・J・ローサー、的確な分析で次第に信頼を得る犯罪心理学者ローラ・ダーン、脱獄犯キース・サセバージャ、州警察のレオ・バーメスター、射撃の名手であるFBI捜査官のブラッドリー・ウィットフォード、知事の側近のブルース・マッギル、少年の母ジェニファー・グリフィンなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020