4237 Movies

アンナと王様 Anna and the King (1999)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

監督アンディ・テナントジョディ・フォスターチョウ・ユンファ共演。
「アンナとシャム王」(1946)、のリメイクで、ミュージカル「王様と私」(1956)とは異なる、純粋なドラマとして仕上げられた作品。


ドラマ


スタッフ キャスト ■
監督:アンディ・テナント

製作総指揮:テレンス・チャン
製作
ローレンス・ベンダー
エド・エルバート
原作:マーガレット・ランドン
脚本
スティーヴ・ミーアソン
ピーター・クリクス
撮影:キャレブ・デシャネル
編集:ロジャー・ボンデリ
美術・装置
ルチアーナ・アリッギ
イアン・ウィテカー
衣装デザイン:ジェニー・ビーヴァン
音楽:ジョージ・フェントン

出演
アンナ・レオノーウェンズジョディ・フォスター
モンクット王チョウ・ユンファ
タプティム:バイ・リン
ルイ・レオノーウェンズトム・フェルトン
アラク将軍:ランダル・ダク・キム
チャオ・ピャ・クララホム:シード・アルウィ
チャファ殿下:リム・ケイ・シュー
ジョン・ブラッドリー卿:ジェフリー・パーマー
マイクロフト・キンケード:ビル・スチュアート
ファー・イン王女:メリッサ・キャンベル
チュラーロンコーン皇太子:キース・チン

アメリカ 映画
配給 20世紀フォックス
1999年製作 148分
公開
北米:1999年12月17日
日本:2000年2月5日
製作費 $75,000,000
北米興行収入 $39,251,130
世界 $113,996,940


アカデミー賞 ■
第72回アカデミー賞

・ノミネート
美術・衣装デザイン


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
1862年、バンコク
2年前に夫を亡くしたイギリス人女性アンナ・レオノーウェンズ(ジョディ・フォスター)は、息子のルイ(トム・フェルトン)と共に、シャム(現タイ)の国王から家庭教師として招かれる。

アンナは、総理大臣チャオ・ピャ・クララホム(シード・アルウィ)に歓迎はされるものの、プライバシーに立ち入られたり、約束したはずの一軒家を与えられず不満を漏らす。

モンクット王(チョウ・ユンファ)への謁見を先延ばしにされ続けたアンナは、大胆にも国王に歩み寄り声をかけてしまう。

アンナが物怖じしないことを認めた国王は、彼女の無礼を許し、皇太子だけでなく、60人近くいる子供達への教育を依頼する。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

1944年に発表された、マーガレット・ランドンによるアンナ・レオノーウェンズの伝記小説” Anna and the King of Siam”を基に製作された作品。

*(簡略ストー リー)
シャム(現タイ)のモンクット王の招きで皇太子ら子供達の家庭教師として雇われたイギリス人未亡人アンナ・レオノーウェンズは、息子のルイと共に現地に到着する。
自分の意志を曲げないアンナは、国王と意見が対立する場面もあるが、次第に信頼を得て子供達にも慕われていく。
しかし、アンナの母国イギリスの後ろ盾で隣国ビルマが不穏な動きを見せる中、軍の実権を握るアラク将軍が、国王の弟であるチャファ殿下を利用して、クーデターを画策していた・・・。
__________

アンナ・レオノーウェンズの実体験を基にした古典的な物語を、かなり史実に忠実に描いた大作。

実力派のジョディ・フォスターと、ハリウッドに進出したばかりのチョウ・ユンファの共演が話題になった作品。

主にマレーシアで撮影された、その自然の美しさ、宮殿や豪華なセットなど、スケール感のある映像は十分に楽しめる。

北米興行収入は低迷し約4000万ドルに終わるが、全世界では約1億1400万ドルのヒットとなった。

第72回アカデミー賞では、美術、衣装デザイン賞にノミネートされた。

チョウ・ユンファの堂々たる演技は見応えある。
しかし、熱演はするものの、さすがのジョディ・フォスターも、イギリス人女性としての役柄に今一無理があるようにも思え、ロマンチックな雰囲気にもそぐわない感じを受ける。

国王への貢物として宮殿に贈られるが、結局は愛を取り処刑されるバイ・リン、後に「ハリー・ポッター」シリーズの”ドラコ・マルフォイ”役で活躍する、ルイトム・フェルトン、クーデターを企む将軍のランダル・ダク・キム、総理大臣シード・アルウィ、国王の弟役チャファ殿下のリム・ケイ・シューイギリス人貴族ジェフリー・パーマー東インド会社ビル・スチュアート、王女メリッサ・キャンベル、チュラーロンコーン皇太子のキース・チンなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020