4158 Movies

アメリカン・アサシン American Assassin (2017)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

2010年に発表された、ヴィンス・フリンの小説”American Assassin”(ミッチ・ラップ・シリーズ)を基に製作された作品。
テロリストに恋人を殺されCIA工作員となった青年の命懸けの戦いを描く、監督マイケル・クエスタ、主演ディラン・オブライエンマイケル・キートンサナ・レイサンシーヴァ・ネガーテイラー・キッチュデヴィッド・スーシェ他共演のサスペンス・アクション。


ドラマ(サスペンス/犯罪)


スタッフ キャスト
監督:マイケル・クエスタ
製作
ロレンツォ・ディ・ボナヴェンチュラ
ニック・ウェクスラー
製作総指揮:ダニエル・M・スティルマン
原作:ヴィンス・フリン”American Assassin”
脚本
スティーヴン・シフ
マイケル・フィンチ
エドワード・ズウィック
マーシャル・ハースコヴィッツ
撮影:エンリケ・シャディアック
編集:コンラッド・バフ4世
音楽:スティーヴン・プライス

出演
ミッチ・ラップ:ディラン・オブライエン
スタン・ハーリー:マイケル・キートン
アイリーン・ケネディ:サナ・レイサン
アニカ・オグデン:シーヴァ・ネガー
ゴースト:テイラー・キッチュ
スタンスフィールド長官:デヴィッド・スーシェ
ベフルーズ大臣:ナヴィド・ネガーバン
ヴィクター:スコット・アドキンス
ジャヴィード:アラー・サフィ
ハムディー・シャリーフ:カリド・リース
アシャーニ:モハメド・バクリ
カトリーナ・ハーパー:シャーロット・ヴェガ

アメリカ 映画
配給 Lionsgate Films
2017年製作 111分
公開
北米:2017年9月15日
日本:2018年6月29日
製作費 $33,000,000
北米興行収入 $36,249,674
世界 $67,234,188


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
スペインイビサ島
アメリカ人青年ミッチ・ラップ(ディラン・オブライエン)と恋人のカトリーナ・ハーパー(シャーロット・ヴェガ)は、ビーチでバカンスを楽しんでいた。

”ハネムーン”だと言うラップは、指輪を手にしながらカトリーナにプロポーズする。

”イエス”と答えたカトリーナの首に母親の指輪をかけたラップは、彼女にキスして抱き合う。

ドリンクを取りに行ったラップは、ビーチにいた人々に祝福され、ホテルのプールサイドのバーに向かう。

ラップが酒を注文した直後に、武装したテロリストが銃を乱射し始める。

多くの人々が射殺され、カトリーナの元に戻ろうとしたラップも脚に銃弾を受ける。
・・・全てを見る


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
恋人をテロリストに殺された青年ミッチ・ラップは復讐を誓う。
戦闘能力を身につけたラップを監視していたCIA対テロ担当のケネディは、彼をスカウトして、秘密部隊”オライオン”の工作員にしようとする。
オライオンの指揮官ハーリーの厳しい訓練を受けたラップは、ロシアから盗まれたプルトニウム239を利用し核爆弾を造ろうとする計画を阻止する任務に就く。
プルトニウムを奪う事件が発生し、その犯人がかつての部下ゴーストであることを確認したハーリーは、ラップらと共にイスタンブールに向かうのだが・・・。
__________

ヴィンス・フリンの小説”ミッチ・ラップ・シリーズ”の”American Assassin”を基に製作された作品で、エンドクレジットの後で、2013年に亡くなった彼に本作が捧げられたことが明記されている。

当初監督予定だったエドワード・ズウィックが脚本を担当し、テレビ界で活躍していたマイケル・クエスタが監督した作品。

テロリストに恋人を殺されれ、復讐のために戦闘能力を身につけた青年がCIA工作員となり、核爆破を阻止するために命を懸けて戦う姿を描くサスペンス・アクション。

ヴィンス・フリンの”ミッチ・ラップ・シリーズ”は以前から映画化される企画があり、主人公”ミッチ・ラップ”が工作員になるまでの物語”American Assassin”が発表されたたことで映画化が決まった。

当初は肉体派のスターが主人公に起用される噂があった。
平凡でどちらかと言えばひ弱、あまりにも経験不足に見えるディラン・オブライエンは、世界の運命を決める任務に立ち向かえるようには思えないため、適役だったかは疑問だ。

そのため、純粋なスパイ劇としてもハードアクションとしても物足りない感じは否めない。

主演のディラン・オブライエンは、復讐心から感情だけで行動する男から、厳しい訓練と命懸けの任務により成長する工作員を熱演はしている。

マイケル・キートンは、主人公を”殺人マシーン”に育てるCIA秘密部隊の教官であり、作戦を遂行するリーダーを好演している。

核爆発を阻止しようとする秘密作戦を指揮するCIA対テロ担当のサナ・レイサン、主人公らと共に作戦に参加する工作員シーヴァ・ネガー、核爆発を起こそうとする元CIA工作員テイラー・キッチュCIA長官デヴィッド・スーシェ、核戦争を企むイラン国防大臣のナヴィド・ネガーバン、主人公と共に作戦に参加する工作員スコット・アドキンスイランの武器商人カリド・リース、テロリストのアラー・サフィイランの工作員モハメド・バクリ、主人公の恋人シャーロット・ヴェガなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020