4373 Movies

ゲティ家の身代金 All the Money in the World (2017)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

世界一の富豪である石油王J・ポール・ゲティの孫の誘拐事件を描く、製作、監督リドリー・スコット、主演ミシェル・ウィリアムズクリストファー・プラマーマーク・ウォールバーグティモシー・ハットン他共演の犯罪ドラマ。


ドラマ(サスペンス/犯罪)


スタッフ キャスト
監督:リドリー・スコット
製作
クリス・クラーク
クエンティン・カーティス
ダン・フリードキン
マーク・ハッファム
リドリー・スコット
ブラッドリー・トーマス
ケヴィン・J・ウォルシュ
原作
ジョン・ピアソン
”Painfully Rich: The Outrageous Fortunes and Misfortunes of the Heirs of J. Paul Getty”
脚本:デヴィッド・スカルパ
撮影:ダリウス・ウォルスキー
編集:クレア・シンプソン
音楽:ダニエル・ペンバートン

出演
アビゲイル”ゲイル”ハリス:ミシェル・ウィリアムズ
J・ポール・ゲティクリストファー・プラマー
フレッチャー・チェイス:マーク・ウォールバーグ
ダンテ・アニャーナ”チンクアンタ”:ロマン・デュリス
オズワルド・ヒンジ:ティモシー・ハットン
ジョン・ポール・ゲティ3世チャーリー・プラマー
ジョン・ポール・ゲティ3世(7歳):チャーリー・ショットウェル
ジョン・ポール・ゲティJr.アンドリュー・バカン
サヴェーリオ・マンモリーティマルコ・レオナルディ
ジオヴァンニ・ラコヴォーニ:ジュゼッペ・ボニファティ
エットレ・パッツァーノ:ニコラス・ヴァポリディス
マーク・ゲティ:キット・クランストン
アイリーン・ゲティ:マヤ・ケリー

アメリカ/イギリス 映画
配給
Sony Pictures Releasing(北米/イギリス)
STX Entertainment(世界)
2017年製作 133分
公開
イギリス:2018年1月5日
北米:2017年12月25日
日本:2018年5月25日
製作費 $50,000,000
北米興行収入 $25,113,710
世界 $56,996,300


アカデミー賞
第90回アカデミー賞

・ノミネート
助演男優賞(クリストファー・プラマー


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
1973年7月10日、午前3時、ローマ
石油王である世界一の富豪J・ポール・ゲティクリストファー・プラマー)の孫で、16歳のジョン・ポール・ゲティ3世チャーリー・プラマー)が犯罪組織に誘拐される。

株価を気にするゲティは、ポールの誘拐と警察が動き始めたことを知らされるものの、それを無視する。
__________

1948年、サウジアラビア
ベドウィンと交渉して権利を手に入れたゲティは、石油開発を始める。

1958年。
輸送手段がなかったゲティは、フランスの”トゥーロン造船所”でタンカーを造る。
__________

ラブリア州
犯人のアジトに連れて行かれたポールは、監禁される。

犯人の一人ダンテ・アニャーナ”チンクアンタ”(ロマン・デュリス)は、ポールの母親アビゲイル”ゲイル”ハリス(ミシェル・ウィリアムズ)に電話をする。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
1973年、ローマ
世界一の富豪である石油王J・ポール・ゲティの孫ポールが犯罪組織に誘拐され、身代金1700万ドルを要求される。
ポールの母親ゲイルは、ゲティの息子ジョンとは、彼が麻薬に溺れたために離婚していたため、義父に協力を求める。
ゲイルの連絡を無視して会おうともしないゲティは、身代金を払おうとせず、元CIAの工作員チェイスを派遣し、ポールを取り戻すよう指示するのだが・・・。
__________

1995年に発表された、ジョン・ピアソンの著書”Painfully Rich: The Outrageous Fortunes and Misfortunes of the Heirs of J. Paul Getty”を基に製作された作品。

世界一の富豪である石油王J・ポール・ゲティの孫ポールの誘拐事件を、事実にフィクションを加えて描いたドラマ。

世界中を驚かせた有名な誘拐事件であり、孫の身代金を払おうとしなかった大富豪J・ポール・ゲティの行動が当時、話題になった。

上記のようにフィクションであるシーンも多い中で、世界の富を独占したとまで言われたJ・ポール・ゲティが、”守銭奴”と言われた数々のエピソードなどが随所に描かれているのが興味深い。

80歳を迎えようとする、製作を兼ねるリドリー・スコットの骨太の演出に加え、ミシェル・ウィリアムズクリストファー・プラマーマーク・ウォールバーグら実力派人気スターの演技が注目の、見応えある作品に仕上がっている。

その中で、第90回アカデミー賞で助演賞にノミネートされた、J・ポール・ゲティを演ずるクリストファー・プラマーの演技は絶賛された。
当初キャスティングされたケヴィン・スペイシーが、セクハラ問題により降板することになった。
公開を目前にして、代役として起用されたクリストファー・プラマーの再撮影が行われた。
尚、リドリー・スコットは当初からクリストファー・プラマーの起用を希望した。

息子を誘拐され、身代金を払えずに奔走する母親アビゲイル”ゲイル”ハリスを熱演するミシェル・ウィリアムズ、彼女に協力し、ゲティから事件への対処に派遣される元CIA工作員マーク・ウォールバーグ、誘拐されるジョン・ポール・ゲティ3世チャーリー・プラマー、その幼少期(7歳)のチャーリー・ショットウェル、誘拐したポールに同情する犯人のロマン・デュリスゲティの代理人である顧問弁護士ティモシー・ハットンゲティの息子ジョン・ポール・ゲティJr.アンドリュー・バカン、誘拐したポールを買い身代金を手に入れる犯罪組織のボス、サヴェーリオ・マンモリーティマルコ・レオナルディ、ゲイルの弁護士ジュゼッペ・ボニファティ、誘拐犯のニコラス・ヴァポリディス、ゲイルの息子マーク・ゲティのキット・クランストン、娘アイリーン・ゲティのマヤ・ケリーなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021