4216 Movies

25年目の弦楽四重奏 A Late Quartet (2012)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

存続の危機に直面した結成25年目の世界的弦楽四重奏団メンバーの葛藤を描く、出演フィリップ・シーモア・ホフマンキャサリン・キーナークリストファー・ウォーケンマーク・イヴァニールイモジェン・プーツ他共演のドラマ。


ドラマ


スタッフ キャスト ■
監督:ヤーロン・ジルバーマン
製作
ヤーロン・ジルバーマン

タマール・セラ
ヴァネッサ・コイフマン他
脚本
ヤーロン・ジルバーマン

セス・グロスマン
撮影:フレデリック・エルムス
編集:ユヴァル・シャー
音楽:アンジェロ・バダラメンティ

出演
ロバート・ゲルバート:フィリップ・シーモア・ホフマン

ジュリエット・ゲルバート:キャサリン・キーナー
ピーター・ミッチェル:クリストファー・ウォーケン
ダニエル・ラーナー:マーク・イヴァニール
アレクサンドラ・ゲルバート:イモジェン・プーツ
ミリアム・ミッチェル:アンネ=ゾフィー・フォン・オッター
ピラー:リラズ・シャルヒ
ギデオン・ローゼン:ウォーレス・ショーン
ナディール医師:マドハール・ジャフリー

アメリカ 映画
配給 Entertainment One

2012年製作 105分
公開
北米:2012年11月2日
日本:2013年7月6日
北米興行収入 $1,562,550


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
ニューヨーク
結成25周年となる世界的に有名なフーガ弦楽四重奏団のチェリストのピーター・ミッチェル(クリストファー・ウォーケン)、第二ヴァイオリニストのロバート・ゲルバート(フィリップ・シーモア・ホフマン)と妻であるヴィオラ奏者のジュリエット(キャサリン・キーナー)、第一ヴァイオリニストのダニエル・ラーナー(マーク・イヴァニール)は、“ベートーヴェン/弦楽四重奏曲第14番”のリハーサルを始める。

ピーターは体調の異変を感じ、主治医ナディール(マドハール・ジャフリー)の診察を受け、初期のパーキンソン病だと言われ、精密検査を受けることになる。

三人に病気の話をしたピーターは、今季限りの引退を決意する。

ロバートは、新しい四重奏を組む場合は、自分も第一を弾きたい意向をジュリエットとダニエルに語るが、二人はそれを切り出すタイミングでないことを伝えてその場を去る。
・・・全てを見る


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
結成25周年の世界的なフーガ弦楽四重奏団のチェリスト、ピーターは、パーキンソン病の初期段階と告げられて引退を決意する。
それを聞いた、第二バイオリニストのロバート、妻のヴィオラ奏者ジュリエットと第一ヴァイオリニストのダニエルは、代役を入れるピーターの考えにショックを受ける。
ロバートは、これを機に自分も第一を弾きたいことを二人に伝えたため、四重奏団の調和は乱れ始める。
それを理解してもらえないロバートはダンサーと浮気し、彼とジュリエットの娘アレクサンドラとダニエルは親密になる。
そしてピーターは、薬による治療とリハビリを続けながら、代役を探そうとするのだが・・・。
__________

完璧な調和の下で成り立っていた四重奏団の危機を描きながら、メンバーや家族が、新たな人生に向かい歩み始めるまでを描く。

ベートーヴェン”最後の傑作、”弦楽四重奏曲第14番”と重ね合わせて描かれるヒューマン・ドラマとして実に見応えある作品。

オスカー賞受賞者フィリップ・シーモア・ホフマンクリストファー・ウォーケン、ノミネート経験者のキャサリン・キーナーウクライナ出身のマーク・イヴァニールが演ずる、音楽家としての見事な演技を堪能できる。

リーダーの引退を機に第一ヴァイオリニストを希望することからメンバーの妻との間に亀裂が生ずるフィリップ・シーモア・ホフマン、ヴィオラ奏者妻である彼の妻で、娘との関係でも苦しむキャサリン・キーナー、難病を抱え引退を決意するチェリスト役のクリストファー・ウォーケン、主人公の娘イモジェン・プーツと関係を持つ、第一バイオリニストのマーク・イヴァニール、ピーター(C・ウォーケン)の亡くなった妻アンネ=ゾフィー・フォン・オッター、主人公が浮気をするダンサーのリラズ・シャルヒ、三重奏団のウォーレス・ショーン、ピーターの主治医役のマドハール・ジャフリーなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020