4451 Movies

アラモベイ Alamo Bay (1985)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

テキサスの港町を舞台に、町民とベトナム難民の対立を描く、製作、監督ルイ・マル、主演エイミー・マディガンエド・ハリスドナルド・モファット他共演のドラマ。


ドラマ


スタッフ キャスト
監督:ルイ・マル

製作
ルイ・マル
ヴァンサン・マル
脚本:アリス・アーレン
撮影:カーティス・クラーク
編集:ジェームズ・ブルース
音楽:ライ・クーダー

出演
グローリー:エイミー・マディガン
シャン・ピアース:エド・ハリス
ディン:ホー・ニュアン
ウォリー:ドナルド・モファット
スキナー:ルディ・ヤング
ハニー・ピアース:シンシア・カーリ
保安官:ビル・サーマン
ダイアン:キャロライン・ウィリアムズ
リオン:ゲイリー・バサラバ
マック:ウィリアム・フランクファザー

アメリカ 映画
配給 トライスター・ピクチャーズ
1985年製作 98分
公開
北米:1985年4月3日
日本:1987年8月29日
北米興行収入 $380,970


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
1979年、テキサス州。
ヒッチハイクをするベトナム人青年ディン(ホー・ニュエン)は、エビの搬送をするリオン(ゲイリー・バサラバ)のトラックに乗せてもらう。

アラモ・ベイ。
同胞達が暮らし働く港町に着いたディンは、ウォリー(ドナルド・モファット)の店からエビを運んでいるリオンから、彼に紹介すると言われる。

ウォリーの娘グローリー(エイミー・マディガン)は、父の体調を気にして実家に戻り仕事を手伝っていた。

リオンは、安い労働力で雇えるベトナム人を使うウォリーにディンを紹介しようとするが、彼は姿を消していた。

ベトナム帰還兵でもある漁師のシャン・ピアース(エド・ハリス)は、関係のあったグローリーと会っていたことを妻ハニー(シンシア・カーリ)から追及される。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
1979年、テキサス州、アラモ・ベイ。
ベトナム難民が多く住む港町では、彼らに仕事を奪われると考える町民の不満が高まっていた。
漁師のエビを買い取り販売するウォリーは、娘のグローリーと共に、安い賃金で雇えるベトナム人を使っていた。
ベトナム人に漁場を荒らされていたベトナム帰還兵の漁師シャンは、家族を抱えて生活は苦しく、船が差し押さえられる寸前だった。
全てをベトナム人のせいにするシャンは、かつて付き合っていたグローリーと寄りを戻す。
同胞達を頼り町を訪れた青年ディンは、真面目に働き船を手に入れる夢を抱く。
やがて、町民達と船を差し押さえられてしまったシャンの怒りはピークに達し、彼らを扇動するKKKは、ベトナム人の掃討を考える・・・。
__________

フランスの映画監督ルイ・マルが、製作を兼ねて演出した作品で、ベトナム戦争後、多くのベトナム難民がアメリカ国内に移り住んだことで生じた問題を描く社会派ドラマでもある。

仕事を奪われる危機に直面した町民は、悪党とでも対決するように銃を手にし、それを扇動するKKKと共に容赦なく弱者に襲いかかるという、アメリカの一つの社会問題を描く作品。

寂れた港町の雰囲気や生活感などもうまく描写され、”苦しい中でも逞しく生きる”などという、きれいごとでは済まされない厳しい現実をリアルに描いた、ルイ・マルの演出手腕が見所の作品。

ハリウッドのおしどり夫婦として知られるエド・ハリスエイミー・マディガン(1983年結婚)が主人公を演ずる作品で、二人は、前年の「プレイス・イン・ザ・ハート」(1984)でも共演し、不倫関係の男女を演じていた。

ファーストクレジットはエイミー・マディガンで、父の店を手伝いながら、ベトナム人達を使い友好的に付き合う女性を好演し、エド・ハリスは、妻子を持つ身で彼女と愛し合いながら、生活苦をベトナム人のせいにして怒りをぶつける漁師を熱演している。

勤勉であり事態に対し冷静に対処するベトナム人青年ホー・ニュアン、ヒロインの父親ドナルド・モファットベトナム人に嫌がらせをする町民ルディ・ヤング、シャン(エド・ハリス)の妻シンシア・カーリ、保安官ビル・サーマン、バーの店員キャロライン・ウィリアムズ、エビの配達人ゲイリー・バサラバKKKウィリアム・フランクファザーなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021