4478 Movies

ファイティング×ガール Against the Ropes (2004)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

ボクシングの女性マネージャーとして最も成功したジャッキー・カレンの奮闘を描く、監督、出演チャールズ・S・ダットン、主演メグ・ライアンオマー・エップストニー・シャルーブティモシー・デイリーケリー・ワシントン他共演のスポーツ・ドラマ。


ドラマ(スポーツ)


スタッフ キャスト
監督:チャールズ・S・ダットン

製作
ロバート・W・コート
デヴィッド・マッデン
製作総指揮
スティーヴン・ロファー
ジョナサン・ピロット
スカーレット・レイシー
脚本:シェリル・エドワーズ
撮影:ジャック・N・グリーン
音楽:マイケル・ケイメン

出演
ジャッキー・カレン:メグ・ライアン
ルーサー・ショー:オマー・エップス
サム・ラロッカ:トニー・シャルーブ
ギャヴィン・リース:ティモシー・デイリー
レネイ:ケリー・ワシントン
フィリックス・レイノルズ:チャールズ・S・ダットン
アービング・エイベル:ジョセフ・コーテス
ペドロ・エルナンデス:フアン・エルナンデス
ドーセット:ホルト・マッキャラニー
デヴォン・グリーン:トリー・キトルズ
ダグ・ドハティ:ホルト・マッキャラニー
レイ・カレン:ショーン・ベル
ピート・カレン:ディーン・マクダーモット
ジャッキー・カレン(少女期):スカイ・マッコール・バートシアク
リング・アナウンサー:マイケル・バッファー
マーシャ・ゲイリー:ジャッキー・カレン

アメリカ 映画
配給 パラマウント・ピクチャーズ
2004年製作 111分
公開
北米:2004年2月20日
未公開
製作費 $39,000,000
北米興行収入 $5,884,200
世界 $6,614,280


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
1972年。
ボクシングに興味を持つ少女ジャッキー・カレン(スカイ・マッコール・バートシアク)は、ジムのトレーナーである父ピート(ディーン・マクダーモット)や叔父のレイ(ショーン・ベル)には励まされる。

現在、クリーブランド
ボクシング・プロモーターのアービング・エイベル(ジョセフ・コーテス)のアシスタントであるジャッキー(メグ・ライアン)は、大物スポーツ・マネージャーのサム・ラロッカ(トニー・シャルーブ)とミドル級のタイトルマッチの打ち合わせをする。

仕上がった対戦者のパネルをラロッカに没にされたジャッキーは、同僚のレネイ(ケリー・ワシントン)に愚痴をこぼす。

負ければ全てを失うとラロッカに言われたチャンピオンのデヴォン・グリーン(トリー・キトルズ)は、ペドロ・エルナンデス(フアン・エルナンデス)に惨敗してしまう。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
クリーブランド
父と叔父の影響を受け、子供時代からボクシング一筋の人生を歩むジャッキー・カレンは、プロモーターのアシスタントをしていた。
大物スポーツ・マネージャーのラロッカに意見したジャッキーは、自分もボクサーがいれば成功できると豪語してしまう。
破れたチャンピオンのデヴォンをラロッカから引き渡されたジャッキーは、彼がヤク中だったために驚く。
そこに現れたチンピラのルーサーが、デヴォンらを叩きのめすのを見たジャッキーは、彼に目を付けてボクサーになることを説得する。
引退していたトレーナーのフィリックスの協力を得て、ルーサーを鍛え始めたキャシーは、資金集めなどに奔走する。
しかし、それを知ったラロッカに地元で試合を組むことを妨害され、ジャッキーは窮地に立たされる・・・。
__________

ボクシングの女性マネージャーとして最も成功したジャッキー・カレンの、そのキャリアのスタートから最初のタイトルマッチの勝利までを描いた作品。
物語はフィクションで、ジャッキー・カレンの歩んだ人生を基に製作された作品。

俳優として活躍するチャールズ・S・ダットンの初監督作で、人気スター、メグ・ライアン主演も注目の作品。

女性でありながらボクシング一筋だったジャッキー・カレンが、その才能を発揮して、一気にビジネスチャンスと栄光を掴んでいく過程がテンポよく描かれてはいる。

巨額なマネーが動くビッグ・ビジネスの世界であるボクシング業界で、奮闘する主人公が自分を見失いかけるものの、人間性を取り戻すという感動物語に仕上がっている。

実話を基にした内容なのだが、苦難の道を歩むと言うより、厳しい世界で都合良過ぎるほど順調に成功してしまところなどは、やや現実味に欠ける。

批評家、観客共に評価は最悪に近く、興行的にも失敗に終わった。

それはともかく、主人公のジャッキー・カレンを演ずるメグ・ライアンは、40歳を過ぎているにも拘らず、あまりにも魅力的で、相変わらずキュートな彼女が画面に登場しているだけで、ファンは満足できるのではないだろうか。

主人公に認められ、衝突しながらも街のチンピラから世界チャンピオンになるオマー・エップス、主人公を手玉に取る大物スポーツ・マネージャーのトニー・シャルーブ、主人公に協力するテレビ・リポーターのティモシー・デイリー、主人公の友人ケリー・ワシントン、本作の監督を兼ねるトレーナー役のチャールズ・S・ダットン、主人公の上司ジョセフ・コーテス、チャンピオンのフアン・エルナンデス、彼に敗れるボクサーのトリー・キトルズHBOのリポーター、ホルト・マッキャラニー、主人公の叔父ショーン・ベル、父親ディーン・マクダーモット、主人公の少女期スカイ・マッコール・バートシアク、リング・アナウンサーのマイケル・バッファー、そして、ジャッキー・カレンが、記者会見で主人公らに質問するリポーター役で出演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021