4234 Movies

イーオン・フラックス Aeon Flux (2005)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

アニマトリックス”の監督でもあるピーター・チョンが、1995年に製作した、テレビ用短編アニメシリーズ”AEON FLUX”の実写版の映画化。
主演シャーリーズ・セロンマートン・チョーカシュジョニー・リー・ミラーソフィー・オコネドーフランシス・マクドーマンドピート・ポスルスウェイト他共演、監督カリン・クサマによるSFアクション。


アクション/アドベンチャー

シャーリーズ・セロン / Charlize Theron 作品一覧
フランシス・マクドーマンド / Frances McDormand / Pinterest


スタッフ キャスト ■
監督:カリン・クサマ
製作
デビッド・ゲイル

グレゴリー・グッドマン
ゲイル・アン・ハード
ゲイリー・ルケッシ
製作総指揮
トム・ローゼンバーグ

ヴァン・トフラー
原作:ピーター・チョン
脚本
フィル・ハイ

マット・マンフレディ
撮影:スチュアート・ドライバーグ
編集:ピーター・ーネス
音楽:グレーム・レヴェル

出演
シャーリーズ・セロン:イーオン・フラックス
マートン・チョーカシュ:トレヴァー・グッドチャイルド
ジョニー・リー・ミラー:オーレン・グッドチャイルド
ソフィー・オコネドー:シサンドラ
フランシス・マクドーマンド:ハンドラー
アメリア・ワーナー:ウーナ・フラックス
ピート・ポスルスウェイト:キーパー
キャロライン・チケジー:フレイヤ
ニコライ・キンスキー:クラウディウス

アメリカ 映画
配給 パラマウント・ピクチャーズ
2005年製作 95分
公開
北米:2005年12月2日
日本:2006年3月11日
製作費 $62,000,000
北米興行収入 $25,857,990
世界 $52,304,000


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
2011年。
品種改良によりウィルスが発生、人類の99%が死滅した。
科学者トレヴァー・グッドチャイルド(マートン・チョーカシュ)が開発したワクチンで、500万人の人類が生き残った。

そして、汚染された外界とを壁で隔てられた最後の都市ブレーニャに移住した人々を、グッドチャイルド家が400年統治した。

しかし、グッドチャイルド家を脅かす、反政府組織が誕生する。

2415年。
ブレーニャ内で、姿を消す人々が絶えない中、口を閉ざしていれば生活は保障されていた。

しかし、それを強要する政府に対し、反体制側は人々のために戦いを続けた。

反政府組織”モニカン”の戦士であるイーオン・フラックス(シャーリーズ・セロン)は、司令塔ハンドラー(フランシス・マクドーマンド)から任務を受ける。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
品種改良により発生したウィルスで、人類の99%が死滅し、科学者のトレヴァー・グッドチャイルドが開発された新ワクチンで、500万人の人類が生き残る。
汚染された外界と壁で隔てられた都市ブレーニャに移住した人々を、グッドチャイルド家が400年統治した。
2415年、グッドチャイルド家を脅かす反政府組織”モニカン”の戦士であるイーオン・フラックスには、自分と違う世界で生きる妹ウーナがいた。
しかし、モニカンの分子と疑われたウーナは、殺されてしまう。
モニカンの司令塔ハンドラーは、ブレーニャを支配する、救世主の子孫トレヴァーの暗殺をイーオンに命ずる。
そしてイーオンは、支配者への復讐を誓い、人造人間シサンドラの援護で、政府中枢部に侵入するのだが・・・。
__________

未来都市のセットや衣装デザインなどは、かなり洗練された雰囲気に仕上がってはいる。
しかし、映像やアクションに斬新さがなく、批評家、一般共に全くの不評で、興行的にも全世界合わせても製作費を回収できない結果に終わった。

製作費 $62,000,000
北米興行収入 $25,857,990
世界 $52,304,000

主演のシャーリーズ・セロンは、未来の女戦士らしいキャラクターを熱演してはいるが、容姿だけはイメージに合っていても、彼女のキャリアの中では失敗作と言える作品かもしれない。 彼女のキャラクター作りに全神経を注ぎ過ぎたような感じを受けるものの、スーパーモデル級のスタイル、優れた身体能力などの描写は見ものだ。

正に適役に思えるが、不幸な身の上や、その日暮らしの貧しい生活も経験した彼女は、やはり、アカデミー主演賞を受賞した「モンスター」(2003)や「告発のとき」(2007)のような、シリアスなドラマで実力が発揮される。

同じく、実力派のフランシス・マクドーマンドも、さすがに存在感はあるものの、彼女の出演する作品として相応しかったかは疑問が残る。

とにかく、原作アニメのマニアでないと、雰囲気や面白味を感じ取ることができない作品であることは確かだ。

汚染された外界とを壁で隔てられた都市を支配するマートン・チョーカシュ、その弟ジョニー・リー・ミラー、反政府組織の改造人間ソフィー・オコネドー、主人公の妹役アメリア・ワーナー、その夫ニコライ・キンスキーDNAを管理するピート・ポスルスウェイト、議長(M・チョーカシュ)の部下キャロライン・チケジーが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020