4513 Movies

アダプテーション Adaptation (2002)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

1998年に発表された、スーザン・オーリアンの著書”The Orchid Thief”の脚色を担当することになった、「マルコヴィッチの穴」で成功した脚本家チャーリー・カウフマンの苦悩を描く、製作ジョナサン・デミ他、監督スパイク・ジョーンズ、製作総指揮、脚本チャーリー・カウフマン、主演ニコラス・ケイジメリル・ストリープティルダ・スウィントンクリス・クーパー他共演のコメディ・ドラマ。


ドラマ(コメディ)

ニコラス・ケイジ / Nicolas Cage 作品一覧
ニコラス・ケイジ / Nicolas Cage / Pinterest


スタッフ キャスト ■
監督:スパイク・ジョーンズ
製作
ジョナサン・デミ

ヴィンセント・ランディ
エドワード・サクソン
製作総指揮
チャーリー・カウフマン

ピーター・サラフ
原作:スーザン・オーリアンThe Orchid Thief
脚本
チャーリー・カウフマン

ドナルド・カウフマン
撮影:ランス・アコード

編集:エリック・ザンブランネン
音楽:カーター・バーウェル

出演
チャーリー・カウフマン/ドナルド・カウフマンニコラス・ケイジ

スーザン・オーリアンメリル・ストリープ
ヴァレリー・トーマス:ティルダ・スウィントン
ジョン・ラロシュクリス・クーパー
ロバート・マッキーブライアン・コックス
キャロライン・カニンガム:マギー・ジレンホール
アメリア・カヴァン:カーラ・シーモア
マーティ・ボーウェン:ロン・リヴィングストン
監視員トニー:ジム・ビーヴァー
アリス:ジュディ・グリア
オーガスタス・マーガリーダグ・ジョーンズ
チャールズ・ダーウィンボブ・ヤーキズ
スーザンの夫:カーティス・ハンソン
オーリアンの夕食の客:デヴィッド・O・ラッセル
本人:スパイク・ジョーンズ
本人:ジョン・キューザック
本人:キャサリン・キーナー
本人:ジョン・マルコヴィッチ

アメリカ 映画
配給 コロンビア・ピクチャーズ

2002年製作 114分
公開
北米:2002年12月6日
日本:2003年8月23日
製作費 $19,000,000
北米興行収入 $22,245,860
世界 $32,801,170


アカデミー賞 ■
第75回アカデミー賞
・受賞
助演男優賞(クリス・クーパー)
・ノミネート
主演男優(ニコラス・ケイジ)
助演女優(メリル・ストリープ)
脚色賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
1998年、ハリウッド
映画「マルコヴィッチの穴」の脚本を絶賛された脚本家チャーリー・カウフマン(ニコラス・ケイジ)は、中年で肥満体、更には頭髪が薄いことを異常に気にする。

そんなチャーリーは、映画プロデューサーのヴァレリー・トーマス(ティルダ・スウィントン)とランチを共にする。

次回作を聞かれたチャーリーは、作家である雑誌”ザ・ニューヨーカー”のスーザン・オーリアン(メリル・ストリープ)の著書”The Orchid Thief”の脚色を考えていることを話す。

それに興味を示したヴァレリーは、蘭を不法採集した物語の主人公のジョン・ラロシュ(クリス・クーパー)とオーリアンが愛し合うストーリーを提案する。

3年前、”ザ・ニューヨーカー”。
オーリアンは、ラロシュを取材したことを思い起こしながら執筆に励む。

...全てを見る(結末あり)

 


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
1998年、ハリウッド
映画「マルコヴィッチの穴」の脚本で成功した脚本家チャーリー・カウフマンは、雑誌”ザ・ニューヨーカー”のスーザン・オーリアンの著書で、蘭を不法採集したジョン・ラロシュを主人公した物語の脚色を依頼される。
しかし、全く構想が浮かばないチャーリーは苦悩し、居候する双子の弟ドナルドがカリスマ的シナリオ講師ロバート・マッキーに感化されて脚本家になると言い出したため呆れてしまう。
その後もアイデアが浮かばないチャーリーは悶々とした日々を送るのだが、一方、ドナルドの脚本は各方面で評価され始める・・・。
__________

脚本家のチャーリー・カウフマン、”ザ・ニューヨーカー”の記者で作家のスーザン・オーリアンとその著書”The Orchid Thief”の主人公であるジョン・ラロシュやカリスマ的シナリオ講師ロバート・マッキーなど、実在の人物を事実に絡めて登場させる物語なのだが、虚構と現実が入り混じる”メタフィクション”として描かれているところに注目したい。

話題作であり絶賛された「マルコヴィッチの穴」(1999)の大成功で次回作の期待高まるチャーリー・カウフマンが主人公という興味深い内容などは、真実か否かで混乱してしまうという巧みな設定で進行する。

チャーリー・カウフマンと同居する架空の双子の弟が、兄の苦悩を余所に評価されていく様や、スーザン・オーリアンジョン・ラロシュの馬鹿げたような関係が主人公と絡む内容など実にユニークな脚本だ。

第75回アカデミー賞では、助演男優賞(クリス・クーパー)を受賞した。
・ノミネート
主演男優(ニコラス・ケイジ)
助演女優(メリル・ストリープ)
脚色賞

スパイク・ジョーンズをはじめ「マルコヴィッチの穴」(1999)のスタッフが再集結した作品で、その撮影が進行していくシーンも登場し、もちろん出演者のジョン・キューザックキャサリン・キーナージョン・マルコヴィッチなども出演している。

精神異常者のような主人公チャーリー・カウフマンと架空の双子の弟を演ずるニコラス・ケイジは、全く性格の違う二人を表情豊かに演じ分ける素晴らしい演技でオスカーにノミネートされた。

恵まれた環境を捨てて、ジャーナリストであるにも拘らずドラッグにもはまるスーザン・オーリアンを演ずるメリル・ストリープ、彼女と愛し合うようになる、堅物的役柄が似合う個性を封印しての怪演を見せる、アカデミー助演賞を受賞したジョン・ラロシュ役のクリス・クーパー、映画プロデューサーのティルダ・スウィントン、有名なシナリオ講師ロバート・マッキーブライアン・コックス、メイクアップ・アーティストのマギー・ジレンホール、主人公と惹かれ合うものの愛に進展しないカーラ・シーモア、主人公のエージェントのロン・リヴィングストン、湿地帯の監視員ジム・ビーヴァー、ウエイトレスのジュディ・グリア、探検家オーガスタス・マーガリーダグ・ジョーンズチャールズ・ダーウィンボブ・ヤーキズスーザン・オーリアンの夫役カーティス・ハンソン、彼ら夫婦の家で夕食に招かれる客デヴィッド・O・ラッセルなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021